スポンサーリンク

【稽古者向け】【昇級審査】合気道 正面打ち三ヶ条抑えを復習【補完教材】【武道】

合気道

合気道で習う基本姿勢・基本動作を復習しましょう。

合気道では書籍・DVDの教材が限られており、
道場で教わった技を復習したくても
なかなか情報がなかったりすることが多いです。
この記事では、道場以外での復習や補完を目的として
技の概要や注意事項などをお伝えします。
こちらは「補完・復習」という目的で
私が情報を集めて発信しています。
(私は現段階で白帯です。
私の勉強や復習も兼ねて、情報発信をしております。)
もし、道場での指導者や道場長とお教えと異なる場合がございましたら
指導者、道場長のお教えを優先してください。
また、参考・活用される場合はご自身の責任でご判断ください。
スポンサーリンク

正面打ち三ヶ条抑えの復習

とにかく手順が多く複雑です。
右足、左足、右手、左手の動きが混乱することがないように、
しっかりと脳で理解し暗記します。
今度は体捌きで動作を再現します。

このような複雑な技の場合、
制御系(脳から指令を送る)と
駆動系(体の動き、体捌きを正確に行う)を
しっかりと意識することが重要です。

右半身で出来ても、左半身で混乱するということが起こりやすいので
どちらもバランスよく練習します。

三ヶ条とは小指の付け根から手首までの部分で
手のひらの端の方の部分を指します。

習得の最中ですが、
「自分で考える」ことの重要性を感じ、
初学者ながら自分で考えたことを
私的解釈として、ここに列挙しております。
拙い文、浅い解釈・理解をご容赦ください。

想定する場面

腕を半回転ひねるため、
肘の動きを完全に止めることができる。
相手がナイフなどの片手で扱う武器を持っていた場合に使用するのが有効か。

正面打ち三ヶ条抑え(一)

正面打ちから、相手を崩し、最後は腕を決めに行く技。

動画教材

正面打ち三カ条抑え一

 

正面打ち三ヶ条抑え(一)の手順

手順は仕手側が右半身の場合で説明

  1. 相半身で構える
  2. 右手で手刀を作り相手の正面に面を打つ
  3. 同時に肘をつかむ
  4. 両手を右回転しながら相手を崩す
  5. 右手をずらして相手の指を持つ
  6. 相手の手のひらを外側にひねるように回転させる
  7. 同時に右足を一歩前へ進み、左足を引き寄せる
  8. 右手で相手の三ヶ条を握る
  9. 左手を離し、相手の肘を持つ準備をする
  10. 左足を前へ出す
    • 同時に右手は相手の肘を持つ
    • 同時に右手は前へ突き出す
  11. 右足を前へ出し、座る
    • 同時に右手を離す
  12. 左手で相手の腕を上へ上げる
  13. 相手の手を右手に持ち変える
  14. 右手を左胸に置く
  15. 左手で相手の肘関節を決める
  16. 体全体を右に回転する
  17. 重心を前へ傾ける

正面打ち三ヶ条抑え(二)

三ヶ条を決めるときに相手の肘を上げます。

動画教材

正面打ち三カ条抑え二

正面打ち三ヶ条抑え(二)の手順

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました