スポンサーリンク

【護身術】合気道の始め方【道場選びから初稽古まで】

合気道

 

合気道を習い始めたい。
どうしたらいいの?

と言う方のために手順の一例をご紹介いたします。

スポンサーリンク

道場選びから初稽古までの手順

手順1 道場選び

まずは道場選びです。
インターネットでの検索がメインになります。

こちらのページに一覧表がご覧いただけます。
合気道ねっと 道場の一覧(どうじょうのいちらん)

ホームページがないところもあったりします。
ホームページ制作に詳しい方が少ないのかもしれません。
また、素人の方に誤解のない情報を発信するのが難しい分野です。
オープンな情報を発信しにくいのは確かにあります。

やはり情報公開を多くしているところが安心です。

入門後に知ったのですが、
ホームページを出す側と心境としては
「(集客することよりも、)変なヤツ来るな!」
という意識の方が強いです。

実際に入門に来られた人の中でこんな人たちが…

  • 力自慢や自己顕示欲を示したいだけ
  • 異性との出会い目的
  • 簡単にできると舐めている
  • 「お客様」と勘違いして横柄な態度をとる
  • いつまで経っても技を覚えようとせず、道場のせいにする
  • クレーマー

いろいろと面倒臭い方がこられてトラブルになるようです。

意外と言っては失礼ですが、
合気道は人気があり入門希望者が多いそうです。
道場の広さや、指導者の人数の関係で
会員を一度に指導できる人数も限界があります。
人数が多い時は、入門を断ったりしていた時期もあったそうです。

手順2 道場見学

 

大抵の道場は見学を受け付けていますので必ずいきましょう。
電話かメールが一般的です。

  • 道場の雰囲気
  • 師範代・道場長の人柄
  • 会員の傾向
  • 師範代・道場長と会員の人間関係
  • 会員同士の人間関係
  • 稽古の内容
  • 安全性への配慮
    投げ技、受け身など
  • 女性会員への配慮
    更衣室の場所、女性指導時の気遣いなど
  • 会員数、指導者数、道場の広さは見合っているか?

などを垣間見ることができます。

しかし、あくまで垣間見えるだけで
全てが分かるわけではありません。

不動産の物件探しのように
ある程度のあたりや判断基準をとって、
入会するかどうか検討してください。

またご留意いただきたいのが、
手順1でも記載しましたが、
一部トラブルを起こす入門希望者がいます。
あなたがそういう人かどうかを判断するために
道場側は見ています。

あなたも見られている立場である

ということは忘れないでください。

手順3 入会手続き

申込書のような書類の提出と
受講料や入会金・保険料の支払いをします。

金額についてはここでは紹介しませんが、
一般的はフィットネスジムと比べると結構割高です。

どのような目的でこられて、
それに見合う対価であるかはよく考えましょう。

高いと思うかどうかはあなた次第ですが、
金儲け目的でできるほど道場運営は甘くありません。
会員はそれぞれの目的があって稽古しに来ています。
習い事感覚で続けられないです。

手順4 道着・帯の購入と準備

稽古に参加するための道着と帯が必要になります。

  • 道着(上下)
  • 帯(白帯)

道場からお店を紹介されたり、
道場経由で購入ができるところが一般的です。

道場と帯が届くのに十日間ぐらいかかりました。

初稽古の時に確認してもOKですが、
道着上下・帯の所定の場所に名前を記入。

手順5 初稽古に参加

おめでとうございます。
新しい一歩を踏み出されました。
人それぞれ目的があって
入門されたかと思います。
簡単な道のりではありません。
ですが、しっかりと努力をして稽古を積めば、
必ず成果が表れます。

心の中に留めておいた方が良いこと

ここから先は決まりではないですが、
これは気に留めておいた方が良いことをお伝えします。

私自身、道場に来る前に、学びの場のコミュニティにいたことがありますが
いろんな問題点を見てきた経験があります。
その経験と自戒を込めて
あなたが不快な思いをしないように、備忘録として残します。

時間がかかるから価値がある。(お金もかかりますが)

初心者から初めて、まず最終的な目標としているのは黒帯(初段)取得ではないでしょうか。
練習を積み重ね1級を取得します。
次はいよいよ初段に挑戦です。
早く黒帯になりたいのはわかります。
でもちゃんとした技術が認められてこそ意味があるのです。
初段には相応の価値があります。
でも初段そのものに価値を感じすぎると心を乱します。

人と比べない。比べるなら過去の自分

技の習得の速度は個人差があります。

たまたま同じ時期に入会した会員よりも習得が遅く、
それを本人自身が勝手に劣等感して受け取ってしまう方もいます。
実際はそれほど覚えが遅いわけではありません。
たまたま覚えの早い人と一緒になってしまっただけです。

私も経験がありますので気持ちはよくわかります。
ですが人と競争するために通っているわけではありません。

人より遅かろうが早かろうが関係ありません。
自分のために頑張りましょう。

お客様商売ではない

お金を払って受講しに来ていますが、
決して「お客様」と言うわけではありません。

お客様として丁重にもてなされたいのか?

たしかに師範代や道場長も人間です。
至らない部分はあるでしょう。

ですが、何をしに来られているのか?

ここを忘れないようにしてください。

交流目的ではないはず

友達や仲間ができることは否定はしません。
しかし、友達や仲間などが集まると大抵はグループが派閥化します。
派閥ができることが組織全体に悪影響を及ぼすことは
組織に属したことがある人なら分かるかと思います。

派閥ができてしまうと、
その中で成長することができなくなります。
なぜなら、ひとりだけ成長したり、突出したりするのは
そのグループにとって驚異だからです。
出る杭は打たれます。
なんとなく空気感を読んで、その中でうまくやることに意識が向かいます。
本末転倒ではないでしょうか。

仲間とつるむために通い始めたわけではないですよね?

自主練習の方が大事

私が通っている道場長も週2回は来られることを推奨しています。

体感でも週1回では、その道場で覚えても、なかなか定着しません。
何度も繰り返す必要があります。

お仕事やご家庭の事情でなかなかお時間が取れない方が多いです。
それを理解している上で申し上げるのですが、
道場の限られた稽古時間だけでは物理的に無理です。
もし道場の時間だけで覚えるとしたら、
学校の部活動のように朝練や夜練、週5日の練習まで必要になります。

道場長は1日5分の自主練を推奨していますが、
かなり譲歩した発言と思います。
ただ、1日に1分でも合気道のことを考えるだけで
忘れにくくなります。

できる限り合気道のことに時間を使えるように
生活を工夫していきましょう。

道場に甘えない

学校や会社ではないです。
学校は義務教育は国が義務を課しているから行かされています。
会社は生活費を稼ぐために行っています。

道場は行かなくても困らないです。
だからこそ、道場内の秩序は平和に保つ必要があります。
変な風習や雰囲気に汚れた場に誰も寄り付きません。

周知事項、注意事項はちゃんと読みましょう。
書いてあること、調べたらわかることを質問するのはやめましょう。
技もしっかり覚えていないのに昇級昇段審査を受けたいというのはやめましょう。

師範代・道場長はスーパーマンではありません。
同じ人間です。好き嫌いもあります。
無茶なことばかりお願いしたりして、
甘えないようにしましょう。

みんなが節度を持って気持ちよく過ごしましょう

ちょっと厳しいことを書いてしまいましたが、
結局は個人の修養の場ですので
みんなが節度を持って気持ちよく過ごせればOKということです。
結局はどこも同じです。

コメント

  1. […] 【護身術】合気道の始め方【道場選びから初稽古まで】 […]

タイトルとURLをコピーしました