Amazon Audibleのメリット・デメリット

書評

 

 

Amazon Audibleの無料体験
スポンサーリンク

Amazon Audibleのサービス内容

Amazon Audibleとは
本の朗読を聞くことができるサービスです。

Amazonで電子書籍と一緒に売られています。

最初の2か月間は無料で聞くことが出来ます。
(2021年1月現在)

Amazon Audibleの無料体験
スポンサーリンク

Amazon Audibleのメリット・デメリット

メリット

ながら作業で聞くことができる

本や電子書籍の場合、
紙面や画面を見続けないと読むことができません。

ですがAudibleならイヤホンで聞くことができるので
通勤中の電車、運転中、勉強中など
何かの作業をしながら
本の内容を聞くことが出来ます。

デメリット

本の全体像を把握しにくい

紙のように全体を眺める
ということが出来ません。
時系列で朗読されるのを
聞くしかないので、全体像をつかみづらいです。

どんなことが書いてあるのか
を全体像で知ることには向いていないですが
心の琴線に触れる部分、
集中的に聞きたい部分だけを
繰り返して集中して聞いたりするのに適しています。

ながら作業は集中して聞けない

ながら作業は聞くシチュエーションが
一気に広がるのですが、
残念ながら聞くことに100%集中することが出来ません。

ですので、気になった一言、フレーズを
見つけるというスタンスで聞くことをおすすめします。

そのフレーズが気になったら
ながら作業ではなく聞くことだけに専念する、
もしくは本を購入して精読する
というのが効率のいい理解の仕方です。

Amazon Audibleの無料体験
スポンサーリンク

Amazon Audibleの始め方と解約

まずは次のリンクから無料体験を始められます。

Amazon Audibleの無料体験

解約の方法

下記のヘルプページから解約の手続きに進むことが出来ます。

Amazon Audibleの無料体験
スポンサーリンク

Amazon Audibleを使った感想

ながら聞きは確かにいい

ながら聞きは確かにいろんな場面で利用できます。

ですが本の内容の理解に100%集中することが出来ない
ということは理解しておいた方がいいでしょう。

読みたい本がたくさんある中、
さらっと聞き流しながら聞く本と
しっかりと読み込みたい本を
仕分けするために最初にAudibleで聞いて、
その後、しっかりと聞くか読む
というやり方が効率的です。

一度読んだ本を改めてAudibleで聞きたい

本は一度読んだだけでは頭に入っていないことが多く、
必要な個所や重点的な箇所は
何度でも聞いて心に染みこませておくことが大切です。

これはお金に余裕があればですが、
本や電子書籍で何度でも読みたい本を
Audibleで改めて購入して
イヤホンで何度も聞く
というやり方が一番、頭に入りやすいです。

Amazon Audibleの無料体験
スポンサーリンク

Amazon Audibleのおすすめ本

私が読んだ本はこちら

一分で話せ

 

書評
スポンサーリンク
適職の見つけ方
タイトルとURLをコピーしました