【書評】臆病者のための株入門【橘玲】

書評

株式投資を始めようとしている方へ
こちらの本は読みましたでしょうか?

臆病者のための株入門

株を始める前に読んでおいた方がいい本です。
難しいことは書いてありません。
株式を売買している金融業界の実態が書かれています。
価値やリスクに見合わない株を買わないためにも
知識を得ることは悪いことではないと思います。

こちらの記事ではこの本の紹介をします。

こんな方におすすめ

  • これから株を始めようと思っている方
  • 株を始めたが損した経験がある方
  • 株式市場のリアルな現実が知りたい方
スポンサーリンク

この本の内容

一言でいうと何?

無料セミナーでは聞けない株式投資の実態を知る本

 

資産運用という言葉を耳にする人は多いし、
また貯めた貯蓄を増やしたいので投資でも始めようか
という人も多いと思います。

しかし、実際はよくわからず金融機関がやっている
無料セミナーや講習会に出て、
その話を鵜呑みにしてしまい、
よくわからず金融商品を買って運用している。

この本はそんな資産運用について
始める前に読んでおいた方がいい本です。

もう一冊、臆病者のための億万長者入門
という本もありますのでそちらとセットで
読まれるといいです。

なぜなら、いかにメディアや広告には
煌びやかな虚像で溢れているからです。

というのも、金融商品も食品や日用品と同じ
相手に売る必要があるわけでです。
しかし金融商品は素人である私たちには
価値判断が分かりません。
その部分を突いて、
いかにもお得そうな商品に見せかけて
売っているのが分かります。

もちろんそうすることがいけないわけではありませんが
価値が分からないまま、始めてしまったり
自分が想定していないリスクを受けてしまったり
結果として損をするようなことがないようにしなくては
いけません。

勉強するのはハードルが高いように感じるかもしれませんが
この本は難しい知識がなくても読むことができます。

著者の経歴

匿名で活動されている作家さんです。
以前は出版業界に努めるサラリーマンでしたが
35歳の時に人生の転機に立ち
脱サラした経験があります。

他の著書

臆病者のための億万長者入門

こちらは株だけでなく不動産や保険についても書かれています。
まずはこちらの本で「金融の常識」と呼ばれる全体像をつかむのもいいと思います。

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

女と男 なぜわかりあえないのか

レビューの評価

マネーリテラシー向上を促す内容。「全世界分散」「インデックス投信」「アセットアロケーション」がキーワード。まともな本にはこのキーワードばかりなので素人が個別株は触るもんじゃないな。かなりはしょっているが入門書としてはわかりやすいのでは。深掘りしたいなら参考図書にも載っている「ウォール街のランダムウォーカー」を推奨する。

読書メーターより引用

株取引の基本に関して、著者の経験を交えて書いてあり、わかりやすい。株や金融商品の取引方法について、問題点が明確に書かれているので参考になる部分が多い。自分の株取引に疑問が少しでもある人や初心者にはぜひ読んでほしい内容。

読書メーターより引用

投資のプロなんていないんだ。なら誰でも勝てるチャンスはあるってことだな。入門って書いてあるけどどちらかというと中級者向けに感じた。でも読みやすく著者のちょっと適当な感じとか良かった。ある程度場数を踏んだらまた読みたくなる1冊

読書メーターより引用

元本保証で儲かる商品があります。これがインチキと見破れなければ一読することをオススメします。「おいしい話」の背後に潜む罠を、常識と合理的な推論によって読み解く技術が金融リテラシーです。カモられずにおカネを増やせる、経済的にもっとも正しい投資法は…。

読書メーターより引用

ホリエモンの話は分かりやすく面白かった。株式、相場について膨大な資料をもとに研究しているけれど、結局はインデックス等の当たり前の投資が良いようだ。 バフェット氏や竹田氏のように自分で分析して銘柄を選べるようになりたいものだ。

読書メーターより引用

自分に起きた変化

この2冊を読めば予備知識は十分

本書の臆病者のための株入門と、
さらにもう一冊、臆病者のための億万長者入門を読めば
金融に関する基礎的な知識はさらに深められます。

本書は株について特化していますが、
保険や不動産、投資信託などの話を合わせれば
十分に渡り歩いていけます。

私もよく調べずに
投資信託を始めてしまった経験もあり
こういう実態を理解した上で
やればよかったと感じました。

株はやるとしてもインデックスファンド一本

臆病者のための億万長者入門にもありましたが
私のような素人で、
深く専門的な知識は必要なく(プロにはならない)
銀行預金よりも収益がプラスになっていればいい
と考えるなら
インデックスファンド一本で
十分かなと思います。

国内と海外の投資比率を15:85にする必要がありますが
(それぞれの市場の時価総額の割合から算出)
それ以外はとくに難しい知識は
必要なさそうです。

とりあえず確定拠出年金は
8割ぐらいをインデックスファンドで
に振り分けておこうかな…と検討中。

難しかったのは第4章だけ

株や債券の本当の価値の測り方も
解説している章もありました。
ただ、今の私には理解が浅く
読むのに手こずってしまいました。

あとの章は楽しく読めます。

 

他書のおすすめ

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

コミックでわかる 20代から1500万円!積み立て投資でお金をふやす

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

タイトルとURLをコピーしました