【習い事】最速で脱初心者するなら専門用語から攻略しよう【初心者】

未分類

セミナーの講師業の方は
「初心者でもわかる日本語で説明すること」を心がけています。
たしかに安易に専門用語を使われてしまうと非常に戸惑います。

ですが、ここで発想の転換をして、
脱初心者をする一番の方法として
「専門用語を覚えることから攻略しましょう」
という提案をします。

これが最速で効果も高いです。

スポンサーリンク

習い始めは戸惑うことばかり

何かを習い始めたり勉強し始めたりしたばかりの初心者にとって
最初は本当に戸惑うことばかり。

カメラ、ゲーム、ホームページ、プログラミング、サーバーなどの
趣味やビジネスなどの分野で初心者は最初は本当に訳が分からない。

本を読んだり、人に質問したり、セミナーを請けたりして
色んな努力をしていきます。

それでもよくわからなくて、途方に暮れてしまう…

早くレベルアップしたい

専門用語を理解することで簡単に腑に落ちる

ある分野に詳しくなりたいなら
一番近道なのが専門用語を理解し覚えるとよいです。

カメラ講座の講師もしたこともありますが、
講師側としてはいかに専門用語使わずに
分かりやすく説明するかが問われます。
一生懸命、工夫を凝らします。

しかし、裏を返せば初心者側としては専門用語を理解することで
最短でレベルアップできることを意味しています。

野球の記事を例に挙げますね。

日本ハム・大谷翔平投手が(中略)指名打者制を使わずに「6番・投手」で先発。投手では最速161キロ直球を軸に7回4安打1失点で3勝目。打撃では今季2度目の猛打賞と、投打に渡る大活躍を見せた。

Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―
野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア
より引用

この記事の内容を専門用語を使わずに説明してみてください。

この記事の内容が難しければ、
「大谷翔平のすごいところ」を野球のルールがわからない人に説明してみてください。

専門用語を使わずに説明するのは至難の業ではないですか?
というよりも不可能ではないでしょうか。

安打って何?

指名打者って何?

初心者にもわかるように説明してほしい。
分かる人にしか分からないよ。

という声が上がります。
セミナー講師をした時も分野は違えど
類似する質問をいただきます。

もちろん講師側や伝える側は一生懸命わかりやすい言い方を考えるが仕事です。
そこが腕の見せ所でもあります。

でも、それは講師側の努力の話です。

学ぶ側が効率よくレベルアップできる作業として
「自分から専門用語を積極的に勉強しましょう」
というご提案です。

先ほど例に挙げた
野球の話を理解するなら専門用語を理解するのが一番効果があります。
野球のルールをご存知の方ならご理解していただけると思います。

三振とか安打とか指名打者を説明するのって大変ではないでしょうか。

三振というのはね…
まず野球にはカウントというのがあって
ストライクとボールとアウトの3種類あるのね。
ストライクが3つになったら三振というの。
いやもっとちゃんと説明すると、
ストライクが2つあるときに空振りをしたら三振になるの。

カウント?ストライクが3つってどういうこと?

えっーとね…
まずピッチャーがボールを投げて…

専門用語を覚えると、
このやり取りをしなくて済みます。
お互いのメリットは計り知れないです。

専門用語の覚え方のコツ

専門用語の覚え方ですが
用語辞典、用語集というものから
定義を調べ勉強する、
というやり方はおススメしていません。

もちろんそれもいいのですが、
理解するのが大変ではないでしょうか。

おススメしているのは
実際の会話の中で覚える、
実際の使用例に触れて覚える
というのが一番いいです。

小学生の時、野球のルールを覚えたのも
野球中継の実況と解説のトークで理解しました。

脱初心者は高い壁ではない

初心者の段階ではついていくのは大変ですが、
勉強していれば、必ずレベルアップできます。

専門用語を理解することで初心者の壁がそれほど高くないことに気づきます。

一緒に頑張っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました