スポンサーリンク

【初心者】質の高い記事を量産するブログを作るには三段方式をおすすめ【ブロガー】

文章術

ブロガーを始めた人にとって
記事を量産するのは大変な労力です。

記事の執筆が進まなくて困ることは
多くの方が経験しています。

また、記事をとにかく投稿することばかりにとらわれてしまい、
質の低い記事ばかりを投稿してしまった方も多いです。

ここでは「質の高い」記事を「たくさん投稿」できるための方法を紹介します。

1.ネタを思いついたらタイトルだけ記入して下書き保存
2.思いついたネタの中から見出しだけを記入して下書き保存
3.見出しだけを記入した下書き記事の中から本記事を書いて投稿

この3つを並行して進めるやり方です。

このやり方を「三段方式」と名付けました。
まぁ、名前なんてどうでもいいのですが。

スポンサーリンク

いきなり書くのはダメ

どうして、悩んだあげくに質の低い記事を投稿してしまうのでしょうか?

それは記事を書く効率がとても悪いからです。
効率がとても悪くなる書き方というのは

いきなり書いてしまう

ということです。

いきなり書いてしまう

書きながら、言いたいことがコロコロと変わってしまう経験はないでしょうか?

日記やエッセイだったらそれでもいいのですが、
役に立つ記事や面白い記事のような質の高いを書きたいなら
言いたいことをちゃんと決めて、
そこに向かってきれいに話を組み立てる必要があります。

話がコロコロ変わってしまうのは、言いたいことをはっきり決めていなかったり、
1つの記事でいろんなことを言おうとしているからです。

例えば「会社からの独立」のことについて書こうとして
最初は会社から独立したらこんないいことがあるということを書いていたが、
独立したらしたで、結構大変なんだよね、みたいなことも書きだしてしまう。

結局、「独立するほうがいいと思うけど、独立しない生き方もあるから
人それぞれ環境に合わせて生き方を決めていくのがいいね」という
何を主張したいのかわからない記事が出来上がってしまいます。

役に立つ記事を書くことはかなり難しいです。

いきなり書くことで

・言いたいことがぼやける
・言いたいことと関係のない文章が混じってしまう

こういうことが起きてしまいます。

質の高い記事の書き方

そこでどういう書き方をするのがいいのか。

  1. 記事のネタを考える
  2. 記事をデザインする
  3. 記事を執筆する

まずネタを思いつく。
そのネタをいきなり書かずに、言いたいこととそのためのストーリーを考える。
ストーリーを考えたらようやく記事を書く

この流れで書くことで、
言いたいことが訳が分からなくなったり、
話が脱線せずに、わかりやすく言いたいことへ展開できます。

記事を量産するには

ただし、

この書き方だと時間がかかってしょうがないよ

そうです。
このやり方をやろうとすると、とても大変です。
たくさん記事を投稿したくても、ペースが遅くなってしまいます。
時間がかかってしまうとモチベーションも下がってしまいます。

そこで、このやり方で記事をたくさん投稿する方法として下記を提案します。

1.ネタを思いついたらタイトルだけ記入して下書き保存
2.思いついたネタの中から見出しだけを記入して下書き保存
3.見出しだけを記入した下書き記事の中から本記事を書いて投稿

この3つを並行して進めるやり方です。

ネタを思いついたらタイトルだけ記入して下書き保存

ネタを思いつくやり方としては

  • 書こうとひらめいたネタからキーワード選定
  • キーワード選定から記事のネタをひらめく

このどちらかを提案しています。

これはそれほど難しくはないと思います。

これがあれば便利!

こんな情報が欲しい!

こんなのがあれば面白い!

と思ったものをメモすればいいだけです。

思いついたことを忘れないようにすぐにメモしましょう。

ネタが思いついた瞬間が一番楽しいです。

時にはパチンコのフィーバーのように
次から次へと出てくることもあります。

思いついたことは、どんどん下書き保存しましょう。

下書き保存した後は、キーワードの選定です。

もちろん思いついた時点でキーワードを選定しているはずですが、
中には、あまりニーズのないネタを思いついてしまうこともあります。

そういうことを防ぐためにも、キーワードプランナーなどで
ニーズがあるか確認しましょう。

またキーワードを選定することで

  • 終着点
  • ストーリー
  • ペルソナ

を設定することになります。

例えば「会社 独立」というキーワードを選定して

会社の独立を勧める記事を書くのか、
会社を独立する前にチェックするポイントを書くのか、
会社の独立をとどまらせる記事を書くのか
会社から独立するのに向いていない人のことを書くのか

色んな展開が考えられるからです。

キーワードを散りばめて、
誰に向かって言いたいことが一発でわかるタイトル文を作ります。

この段階で、「下書き保存」します。

思いついたネタの中から見出しだけを記入して下書き保存

思いついた下書き記事の中から、
ストーリーを考え、
見出しを書いて並べる段階です。
ここがしっかりできていないパターンが多いです。

おもしろいネタを思いついたけど、
ここでうまく完成できずに
そんなに面白いネタでもなかったことに気づいて萎えることも多々あります。

そこで、次にとる行動は下記の3つ。

「これは需要がない」→消す
「面白くするには、何が必要か?」→言いたいことや、そのための情報収集
「しばらく放置」→下書き保存して、時期を待つ

まず、キーワード選定で検索がされないキーワードならば、
この世に必要とされている記事ではないです。
つまり「これは需要がない」という状況に当てはまります。

日記やエッセイで書くのなら問題ありませんが、
それ以外の目的で書くのは時間と労力がもったいないです。
ということで勇気をもって消してしまいましょう。

次に、「面白くするには、何が必要か?」を考えます。
下記を見直してください。

言いたいことがありきたり
言いたいことを書くための情報(材料)が足りていない

言いたいことがありきたり、なのは
例えば、こういうことです。

「民主主義では一人一人が賢い判断をするため、勉強しなくてはならない」

言いたいことがありきたりだと、あまり読む価値が生まれません。

えっ?そうなの?

ということがないと、わざわざ記事にして発表する意味がなくなります。
言いたいことがありきたりになっていないか見直しましょう。

次に、言いたいことを書くための情報(材料)が足りていない、という場合です。
情報が必要なら、調べたり、実験したりして手に入れていきましょう。
情報が手に入らないならば、その部分をカットできないか考えます。

情報が揃えば、記事の見出しが揃いますので
それを並べて書いていきます。

論理の展開がおかしくなければ、その段階で「下書き保存」します。

今度は「しばらく放置する」場合です。
例えば必要な情報が手に入らない場合があります。
その場合、しばらく放置するのも選択肢の一つです。

例えば、季節関係の記事で、
春になるまで待たないとわからない
という場合です。

すぐに投稿しなくてはいけない状況でなければ
この段階で「下書き保存」して、書けるときまで時期を待ちましょう。

見出しだけを記入した下書き記事の中から本記事を書いて投稿

見出しをしっかり決めた段階で、
書けそうな記事かどうかの判断がつくと思います。

書けそうになかったり、判断がつかないということは
まだ情報が足りていないので、
情報を得るか、得られなければしばらく放置ということになります。

見出しが書けていれば、その見出しに対して書きたいことをどんどんと書いていくだけです。

記事が書き終わったら、最後にプレビューを見て
読者の気持ちになって、チェックしていきましょう。
誤字脱字や論理の展開などおかしなところがないか。
あれば修正して、またチェックしていきます。

最後まで問題なければ、そこでようやく投稿です。
(実際には、カテゴリやタグ、アイキャッチなどの画像、
ディスクリプションなどの設定もあります)

おめでとうございます!

まとめ

今回、提案した記事の書き方ですが、

1.ネタを思いついたらタイトルだけ記入して下書き保存 → 「企画」
2.思いついたネタの中から見出しだけを記入して下書き保存 → 「デザイン」
3.見出しだけを記入した下書き記事の中から本記事を書いて投稿 → 「執筆」

企画やデザインをしてから、執筆しましょう。
ということを伝えています。

企画、デザイン、執筆を段階で分けることで
複数の記事を同時進行することができます。

余談ですが私の場合

日によって異なりますが、
企画がたくさん浮かぶときや
設計に時間をかけるときなど
自分の気持ちの状況によって
効率の良い時間の使い方ができるようになりました。

一つの記事が出来上がらなくて、
いつまでも悩んで時間がかかっている
ということも減りました。

また、状況によっては
企画から執筆まで一気に書き上げられるパターンも見えてきました。

例えば伝えたい思いが強い記事はすぐに執筆までいきます。
また、施設や場所の紹介記事も割と早く執筆までいきます。

いいネタだと思ったけどデザインでつまづき、
しばらく放置になりやすい分野もあります。

執筆までの時間が短い分野は得意な分野で
デザインで詰まっていく分野は、勉強すれば得意な分野になるかもしれない、
ということまで、わかってきました。

ぜひ、この三段方式のやり方で執筆してみてください。

タイトルとURLをコピーしました