スポンサーリンク

【初心者】YouTuberになりたいならその前にブロガーになることをおすすめ【始め方】

動画術
スポンサーリンク

動画制作経験からいえること

私は2年ほど結婚式でダイジェスト動画を撮影・編集する仕事をしてきました。
他にも1年半ほど、歯科衛生士の求人動画を撮影・編集する仕事もしてきました。

ほかにも自主製作でドキュメンタリーも作りました。

こちらの動画です↓

【悩み】【苦しみ】【気づき】「自分を信じるってすごいな」思わず発してしまった心の叫び【幸せになる生き方#01】【ドキュメンタリー】【勉強会】

これらの経験から言えることは

動画はとにかく大変です!

素人から始めてYouTuberとして活躍するまでに
技術面、機材面、演出面、そしてネタの面白さを兼ね備える必要があります。
超えるハードルの数は計り知れないです。

もしYouTuberになりたいのであれば
その前にブロガーとしての経験を積むことをおすすめいたします。

ブロガーは文章と画像(写真とイラスト)だけのメディアです。
技術面、機材面、演出面のハードルが大きく下がります。
一番重要なネタの面白さに専念できます。

もちろん、ブロガーがYouTuberよりも簡単だと言っているわけではありません。

YouTuberを目指す前段階として、
まずはネタの面白さのスキルを上昇させてから
技術面、機材面、演出面をクリアしていくのが
はるかに効率がよいです。

詳しく説明していきましょう。

YouTuberとして世に出る勇気

YouTuberは年々右肩上がりです。
たくさんのインフルエンサーがチャンスだと教えてくれています。
たしかに一度、YouTuberとして生計が立てられれば
たくさん稼げるようになれそうです。

そうはいってもなかなか勇気がいります。
顔出しするのも勇気がいりますが、
悩んだうえでやってみようと決意します。

私もやってみよう

スマホをおいて撮影しました。

ただただ、恥ずかしい…そして挫折

撮影してみた結果…

出来上がった動画をみて愕然とします。

目線は定まってないわ、
表情は暗いわ、
声は小さくて何言っているかわからない。
えー、とか、あーとか、何回も言ってるし。
天井の照明のせいで影で暗くなってる。

後ろに映り込んだ部屋の様子も気になります。
スマホで撮ると意外と広い範囲で撮影できるので
見られたくない物があれば、
映り込まないように物を移動しないといけません。

そして、話している内容も思いついたときは面白い
と思ったのですが、
後から動画としてみると全然面白くない。

ただただ恥ずかしい。
こんな動画を投稿したら…世界中に恥をさらす…

この動画がみんなに観られていると思うと
もう生きている心地がしません。

職場や近所の人に見られたら…

想像しただけでゾッとします。

編集してみよう

そこで撮った動画を編集することにしました。
だけどこれがなかなか大変。

  • えー、あー、という声をひとつずつカット
  • 聞き取れない部分や大事なところのテロップの作成
  • SEやBGMを挿入

これだけのことをやるのに
ただただ、ちまちました作業をしていきます。
好きでもないし、興味もないと本当に大変です。
出来上がるまで数時間かかってしまいました。

めちゃくちゃ疲れた~

編集したのですが、
それでも納得がいきません。

しゃべっている内容が伝わってこない

何度も撮影を経て

では、今度は、話す内容を事前に台本にまとめ、
部屋の整理もして、
しゃべることもかまないようにして動画を撮りました。

では、自分でも納得の動画がようやく出来上がりました。
いよいよYouTubeに投稿です。

どれだけの人に見られるのかが楽しみです。
毎日のように再生回数を確認します。

再生数が全然増えてない。

TwitterやInstagramで宣伝しても増えません。

再生数が7回とカウントされていますが、自分が再生した分だったりします。

納得する動画を作るのも大変でしたが
その動画がたくさん見られるようになるのもまた大変です。

人気YouTuberへの道は険しく長いことを身をもって知らされます。

やることや評価軸が多すぎる

動画を作るのに

  1. 撮影
  2. 編集
  3. 投稿

をしないといけません。

その際にたくさんのことに気を付けなくてはいけません。

動画は伝えられる情報量が多い分、
たくさんのことに気を使わないといけなくなります。
守備範囲が広いため、初心者がやるにはかなり大変です。

撮影では
顔出しされる場合は化粧や服装にも注意を払う必要があります。
照明や音声にも気を使わないといけません。
カメラに映り込まないように部屋の整理もしないといけません。

編集の段階でも
不要な部分のカットやテロップ入れなど作業量が多いです。
人気YouTuberの編集がいかに手間をかけているかがよくわかります。

一番大事なネタの面白だけに絞ろう

技術面や機材面、演出面に気を使ったうえで
さらにネタの面白さがないと動画のクオリティは上がりません。

初心者の方は、技術面も機材面も演出面もある程度のスキルに持っていくことを考えるよりは
動画制作で一番大事なネタの面白さだけに集中できる環境をおすすめします。

ブログならネタの面白さだけで勝負できる

そこで、おすすめなのがブログの立ち上げです。

ブログであれば、

  1. 企画
  2. 設計
  3. 執筆

をして記事を公開します。

もちろんこの作業も大変ですが、
大まかな流れはYouTubeと大きな差はありません。

違うのは文章と画像(写真とイラスト)だけを使って表現します。

文章と画像だけに集中することによって
こんなメリット(一部)があります。

  • 機材はPCのみでOK。(機材面)
  • 表情や声に気を使わなくてもいい(演出面)
  • 編集ソフトやテロップ入れなどの知識やスキルが不要(技術面)

YouTubeは撮影機材と編集ソフト、編集用PCが最低限必要。
さらに内容や環境によっては外付けマイク、照明機材も必要になります。

表情や声は普段から慣れていないと意外とできません。
つまり練習が必要です。

そして技術的な知識やスキルを覚えないといけないです。

動画と比べると表現力は劣ってしまいますが、
その分、ネタの面白さだけに集中できます。

ネタが面白いのに

  • 手振れでガタガタ揺れる
  • 声が小さくて聞き取りずらい
  • 表情が暗い

という関係ない部分でマイナス点になることはありません。

まずは、どんどんブログの記事を投稿していきましょう。
ブログの記事の書き方も別記事でまとめています↓

ブログで人気のブロガーになったらYouTuberで再チャレンジ!

ブログとして100記事以上の投稿をし、
人気のブロガーとしてアクセスも集めるようになりました。

おもしろいネタの書き方を自分なりに習得できた自負があります。

そこでいよいよYouTubeに再チャレンジしましょう。
ネタの面白さがあれば、あとは技術面、機材面、演出面、のスキルを磨けば
人気の動画を量産することができることでしょう。

ぶっちゃけ、面白いネタであれば多少、技術面、機材面、演出面が劣っていても
十分に人気のある動画になったりします。

ブロガーとして面白いネタを表現する力を養ったうえで
人気のYouTuberにステップアップしていくのが確実なルートです。

タイトルとURLをコピーしました