スポンサーリンク

自己啓発とセットで読む!キャリアポルノは人生の無駄だ【徹底レビュー】谷本真由美

自己啓発

自己啓発書をたくさん読んでしまう方
読んだけど生活が変えられない方
自己啓発にすがってしまう方

このような方は要注意です。
なぜなら自己啓発に依存してしまうからです。

そのような方々に警鐘を鳴らした本が
「キャリアポルノは人生の無駄だ」
です。

この記事では、この本の紹介をいたします。

スポンサーリンク

自己啓発書の対局として読んでおきたい一冊

「自己啓発書ばかり読んでないで行動しよう。」
「自分は自分らしくでいい。」
という自己啓発書ばかりを読んで、
なにも変わらない方に警鐘をならした自己啓発書です。

自己啓発書を読むだけで満足し、
自分の生活をちっとも改善しない様子を、
ポルノの鑑賞にたとえて自己啓発書を「キャリアポルノ」と呼んでいる。
もともとはネット記事の執筆の際にできた造語だったのですが、
想像以上の反響となり、
書籍化となりました。

自己啓発書にハマる人の傾向分析に始まり
自己啓発書ばかりを読み漁っても何も変わらないことを伝えてくれます。

特にアメリカ人と日本人が自己啓発書にハマっているのですが、
その理由をそれぞれの国の歴史とともに説明しています。
それを読んでいると、歴史の勉強にもなりました。
アメリカ人がどうして銃社会なのか、
日本人がどうして村を作るのか、
それによって自己啓発にハマってしまう気質が生まれてしまった
理由が説明されています。

最後には、
自分は自分のままでいい

谷本真由美氏はどんな人?

イギリス在住の女性です。
旦那さま、お子さまいらっしゃいます。
軽快な毒舌とワードのチョイスが大好きで、
80年代の大映テレビのドラマのセリフとかが出てくるのが
心をくすぐってくれます。

Twitter

Twitterでもたくさんつぶやいています。
ネット上で「めいろま」と名乗っています。

イギリス生活の生々しい様子が伝わってきます。

note

noteで「週刊めいろま」という有料コンテンツを配信しています。
といってもつい最近知りました。

ここならもっとすごいことが書いてありそうだ…
読んでみようかな。

他の書籍

日本が世界一「貧しい」国である件について

ノマドと社畜 ~ポスト3.11の働き方を真剣に考える

著者にハマってしまい、ほかの本も読んでしまいました。
あの口調は最高です。

ここが変だよ!

と日本人やサラリーマンに
突っ込みまくっています。

こんな人におすすめ

これに当てはまる方。要注意です。
生活を見直しましょう。

  • 自己啓発書をばかり読んでいる人
  • 自己啓発書が好きな方
  • 自己啓発書を何冊も読んでいる
  • 自己啓発書を読んでいて「また、このパターンか」と思う
  • セミナーにたくさん出ている
  • セミナーや本にすがってしまう
  • ノウハウコレクター
  • セミナージプシー

こんな人には別の本をおすすめ

こういう方には別の本をおすすめいたします。

  • 日本人をディスっている人がちょっと苦手な方
  • 毒舌が苦手な方

エッジが効いているだけに、
無理はされないほうが無難です。

心屋仁之助さんなど癒し系の本はいかがでしょう。

こちらも合うかも

谷本真由美さんの本の著者に合いそうな本をチョイスしてみました。

朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論 橘 玲

この方の本はとても痛快です。
毒舌というよりは、
本当のことを、変にオブラートに包まずに、
そのまま伝えてくれます。

世界の危険思想~悪いやつらの頭の中~ 丸山 ゴンザレス

クレイジージャーニーでも有名な丸山ゴンザレスさん。
ガチですごい人です。
番組が終わってしまったのは残念ですが、
書籍で楽しみましょう。

夢をかなえるゾウ 水野敬也

ここに書いている主人公が、
まさにキャリアポルノにハマった人です。
そこに象の姿の神様が現れて、
彼が変容していく物語です。

レビュー 利用者の声

こちらのレビューサイトの声を見てみました。

評価高い意見

もう本当に、自己啓発本を読むのを、他人の成功を羨み、あらゆるモノと比較して生きる人生から自由になりたい。 禁酒。禁煙。禁自己啓発本。

確かに、自己啓発本っていうのは、参考までに読むくらいがちょうどいいのではないか?著者が言及しているような、「栄養ドリンク」みたいな読み方は、結局は自分を毒しているだけだと思う。

ボク自身、著者が挙げているような本をよく読むので、けっこうキツイ本。ただ、単に批判するだけではなく、根拠も挙げているし、最終章では提案もしているので、好感度が高い本。たしかに著者の言うことや、著者の経験に基づくことには考えさせられる部分はありますね。

 

評価の低い方の意見もありました。
その方々の意見をまとめてみると、

  • 期待していたよりも内容に満足できなかった
  • 根拠が乏しく感じる
  • 煽り口調が苦手

という感じでした。

キャラが合わない方は見ないほうが無難ですね。

Amazonで販売中。

Kindle版もあります。
2012年ですが当時の社会状況や、
今後の働き方について書かれています。
当時はこんなことも書かれていたんだ、
というのも合わせて楽しめます。

自分に起きた変化

最初に読んだのは2013年。サラリーマン時代

当時はおもしろい文面と口調、
そして内容の強烈さに
著者の谷本真由美さんに強い興味を持ちました。
その後、谷本真由美さんの書籍を数冊、読み漁りました。
このころは、ちきりん氏のブログを見て以来、
この先どうなるのか、
このままでいいのか、
不安を持っていたので、
近未来の社会情勢や働き方の情報を強く求めていました。

しかし、一通り、著者の本を読んでいく内に、
嫌悪感も持つようになりました。
日本の様式や日本人のアイデンティティをいじる表現を見て、
もちろん共感したのですが、
ちょっとしたモヤっと感も味わうようにもなりました。
自分のことを言われているわけではないけど、
職場とかでこういうことを言う人がいたら…
と考えるようになってしまいました。

ちょっとリアリティを感じすぎてしまったのだと思います。
しばらく、遠ざけるようになってしまいました。

その後、脱サラしセミナジプシー、ノウハウコレクターに。

その後、ストレスにより、
メンタルの病気なってしまい、仕事も続行不能。
会社員として働くことをやめ、脱サラしました。
個人事業主として新たにスタートを切りました。
病気療養中に自己啓発系のセミナーに何度も通い始めるようになりました。
さらにいろんな本も読むようになり、
いつの間にか、ノウハウコレクターとなっていました。
その後、ブログで本のレビューを始めてから
昔読んでいた本を見返したところ
その中にこの本を見つけました。

今回、改めて読んでみることにしました。

キャリアポルノにハマっていた時期

この本に書かれているとおり
あの頃の自分は
キャリアポルノにハマっていました。
その頃のお金も時間もかけまくっていたのですが、
結局、自分は変われませんでした。

なぜキャリアポルノにハマっていたか
それは自己肯定感が低かったからだと自認しています。
自己肯定感の低さを自己啓発セミナーや自己啓発本で埋め合わせていた

色々と紆余曲折ありましたが、
ブログで少しずつアクセスを集めていた
きちっと行動を起こして
何となくいい方向見向かっている実感がありました。
毎日更新も継続し、100記事更新を達成したころです。
まだ始まったばかりですが、
今後も行動の積み上げをしていけば、
明るい結果が待っている実感もありましたので、
それを信じて行動していました。

キャリアポルノを卒業して、これからどうする。

8年ぶりに読んだ一番の違いは自分の立場の違いです。

最初に読んだときはサラリーマンだったので、
当事者意識が薄かったのでしょう。
脱サラしたことで、自分事になったのは感じます。

本を読むことは悪くないのですが、
栄養ドリンク的に読んでいても
なにも変わらないです。

あるときKindleのライブラリをみて
こんなにたくさん読んだのに、
ただインプットしただけ、
何が書いてあったか覚えていない。

今は、しっかりと行動や挑戦を積み上げているためか、
体が重いときに、気持ちを奮い立たせる
という役割に変わっていきました。

一言でいうと、自己啓発依存を手放したとも言えます。

ちょっと言いすぎかな。

本に依存しないようにしています。

タイトルとURLをコピーしました