「ちきりん」さんの著書紹介とレビューまとめ

書評

超有名ブロガーのちきりんさん。
ブログだけでも有益な情報が豊富なのですが、
書籍もたくさん書いています。
この記事ではちきりんさんの著書とそのレビューを紹介します。

こんな方におすすめ

  • このままでいいのかなと将来のことについて考え始めた方
  • アイデアや思考法を学びたい方
  • 情弱から抜け出したい方
スポンサーリンク

ちきりんさんは何者?

超有名なブロガーです。

このブログだけでも相当に価値が高いのですが
書籍を多数、執筆しています。

こちらでちきりんさん執筆の著書の紹介もしています。

生い立ち

兵庫県出身の医者の娘として生まれ、
大学卒業後に証券会社に就職。

その後、アメリカへの留学や外資系勤務。

2011年から文筆業に専念します。

文章の説得力や
問題の着眼点は恐ろしいほど高く
「なぜそこに気づけるのか?」
と舌を巻くような内容ばかりです。

発信媒体

公式ブログ

公式Twitter

著書・レビューの紹介

自分のアタマで考えよう

思考法について具体的な方法が書かれています。
とても鋭い考察で、目からウロコです。

こんな方におすすめです。

  • 世間の噂や嘘に振り回されてくない方
  • 他人に依存せず自立した生き方をしたい方
  • 的確な判断基準を持ちたい方

詳しくはこちらで紹介しています。

マーケット感覚を身につけよう

マーケティングの入門書といえる本です。

こんな方におすすめです。

  • マーケティングを勉強したい方
  • 市場原理を感覚的につかみたい方
  • インターネット、特にSNSで新規顧客を増やしたい方

詳しくはこちらで紹介しています。

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

SNSの反応

まとめ 本質と意見を違和感ないバランスで混ぜている

ちきりんさんの著書の要約ノートも作っていたのですが
途中でやめてしまいました。

というのも要約ノートが作りにくかったからです。

ビジネス系の本の場合、
分かりやすく本質や伝えたいことを一文で書いてあることが多く、
読解力が高くない私でも、

ここが一番伝えたいことなんだな

と感じ取ることができます。

中には太字や枠で囲ってくれたりしていることも多く、
初心者が学びやすい配慮がされています。

ちきりんさんの文章はとてもわかりやすいのですが、
装飾は多くはありません。

個人的な好き嫌い、「あたしはこう思う」というのが
随所にちりばめられているので、
凝縮したオレンジジュースのような
濃い要約ノートを作るのが難しく感じました。

例えば次のような文章です。

「消費者庁」 など という「 いかにも」 な 名前 の 省庁 が つくら れ た こと で、 ちきり ん は、 既存 省庁 が いかに 消費者 側 に 立っ て い ない か という こと を 再認識 し まし た。

ちきりん. 自分のアタマで考えよう (Kindle の位置No.1392-1393). ダイヤモンド社. Kindle 版.

そのまま文章を転記しても、
個人の意見をメモしたにすぎません。

消費者庁の創設によって既存省庁が、消費者側には立っていないということが浮き彫りになった。

とノートに書いてもいいのですが、
これも主張の一例をまとめているだけなので、
何となくしっくりきません。

「ちきりんは…再認識した」とあるので、
そう思わない人ももちろんいるよね、ということを配慮した文章なので、
何となく書き留めにくいのです。
もし書き留めるなら、主張とその反論について両論をメモできるところまでやらないと、
結局、個人の考えを鵜呑みにして洗脳されているに過ぎないと感じたからです。
(ちきりんさんの考えや主張を否定しているわけではありません)

その代わりといっては何ですが、おもしろい表現、尖った表現はいっぱいあります。

毎年 発表 さ れる「 大学生 が 就職 を 希望 する 人気 企業 ランキング」、 社会人 の 中 には あれ を 見る と 苦笑 し て しまう 方 も 多い でしょ う。 あの ランキング は「 学生 が いかに 世の中 を わかっ て い ない かを 示す 証拠 資料」 の よう な もの です。

ちきりん. 自分のアタマで考えよう (Kindle の位置No.1398-1400). ダイヤモンド社. Kindle 版.

思わずうなずいてしまう、共感する表現がたくさんあるので、
そういう意味での楽しみは豊富にあります。

もちろんノートに書きにくいのも私の文章力の問題です。
私の要約ノートは、

本に書かれている内容を短くまとめたレベル

であるのですが、このレベルから一段昇華した

著者が言葉では説明していない、根源的な想いを読み解きを
ノートにアウトプットするレベル

に達していないのです。

こういう場合どうすればいいのか?

私は自分の経験に置き換えてノートに記述するのがいい
と感じました。
なぜならちきりんさんの文章の中には自分自身の経験が
根拠や具体例として書かれていることも多いからです。
それを今度は自分の半生で当てはまることはないかと
考えることで自分だけの要約ノートが出来上がっていきます。

ということで上記の2冊については
私自身の体験も具体例として記載いたしました。

もし参考になれば幸いです。

この人もおすすめ

橘玲さん

タイトルとURLをコピーしました