スポンサーリンク

【一気見】昔のドラマを見よう! 大映テレビ 80年代制作ドラマのおすすめ5選【ひまつぶし】

未分類

自宅にこもりっきりのあなたへ
おすすめするテレビドラマの紹介です。

その昔、大映テレビという制作会社のドラマが
ゴールデンタイムで放送されていました。
どの作品も「えっ!」というとんでもない展開なのですが、
これがなぜか病みつきになってしまいます。

今回は5つのドラマをご紹介します。

スポンサーリンク

おススメドラマ5選

スクールウォーズ
スチュワーデス物語
ヤヌスの鏡
少女に何が起ったか
花嫁衣裳は誰が着る

スクールウォーズ

ラグビーのドラマといえば、コレ
というポジションを今も譲ってはいない。

山下真司の代表作。

荒廃した高校。イソップの死。花園出場そして優勝と
それぞれで泣き所がたくさんある。

大映テレビ制作ドラマの特徴として回想シーンでも代役を立てない。
滝沢賢治と妻・節子の出会いのシーンがあるが、
大学生の役を本人が演じている。

スチュワーデス物語

CAをスチュワーデスと呼んでいたころの作品。
このころも女性の憧れの職業だった。

ヤヌスの鏡

杉浦幸が小沢裕美/大沼ユミという
二重人格の役を演じたドラマです。

なかなかに無理な設定だらけ。
同一人物が演じているが、メイクをかえるという中々の力業。

一番のインパクトは宮川一朗太が演じる進東哲也が小沢裕美を監禁した後のラストシーン。
とてもないキモイ男っぷりに身が震えます。

初井言榮さんは天空の城ラピュタで海賊ドーラの声優もやっている。

少女に何が起ったか

「やい!この薄汚ねぇシンデレラ!」という石立鉄男のセリフでおなじみ。
石立鉄男と長門裕之、宇津井健などのキャストがこのドラマを盛り上げてくれます。

いろんなイジメに合うのですが、
最後はハッピーエンドで終わります。

花嫁衣裳は誰が着る

アイドル役の松村雄基はなかなかいいです。
おばあちゃんとして、ここでも初井言榮さんが出演。
無茶ないじめをする役を演じています。

大映テレビ制作ドラマの特徴

Wikipediaには大映テレビ制作ドラマの特徴が以下のように書かれています。

  1. 主人公が運命の悪戯に翻弄されながら幸運を手に入れるといういわゆる「シンデレラ・ストーリー」。
  2. 衝撃的で急速な起伏を繰り返したり、荒唐無稽な展開。
  3. 「この物語は…」の台詞でオープニングに挿入され、ストーリーの最中では一見冷静な体裁をとりつつ、時に状況をややこしくするナレーション。
  4. 出生の秘密を持つキャラクターの存在。
  5. 感情表現が強烈で、大げさな台詞

Wikipediaより引用

癖のある味なんだけど、食べ始めるとやめられない。
これが大映テレビ制作ドラマの魅力なんだと思います。

タイトルとURLをコピーしました