生きる意味は個々に自由に決めていいよね、と感じた本【紀州のドン・ファン】

書評

紀州のドンファンと呼ばれていた野崎幸助氏。
彼が死の直後に、連日マスコミをにぎわせていました。
それで知った方も多いかと思います。

この記事では、彼の自伝本である

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男

という本から学べるところをご紹介いたします。

こんな人におすすめ

  • 何のためにあなたは生きているのか、この答えを持っていない方
  • 個人ビジネスで成功したい方
  • 貸金業の実態を知りたい方
スポンサーリンク

この本の内容

一言でいうと何?

紀州のドン・ファンの生涯から「人生は使命から作られる」ことを学べる本

何のためにあなたは生きているのか

何のために生きているのか?

という問いに何と答えるでしょうか。

世の中のため、
自己実現のため、

いろんな答えがあります。

ただ、壮大な答えよりも
逆にばかばかしい、
人に言えない、
軽蔑される
という内容のほうががいいと思います。

なぜなら、それが人間の正直な欲望に密接につながっているからです。
中途半端な偽善(社会のため)では、
リアリティにかけていて
自分自身が100%本気モードで行動できません。

自分の欲望のためにやっていて、
結果的に周囲や社会も幸せになればいいと思います。
最初から社会のために、
という目標だと息切れしてしまいます。

そういう意味ではこのような生き方もあるのだと
知っているだけでも十分大きいな知識になります。

個人ビジネスで成功したい方

鉄くず拾いから、一転して避妊具の訪問販売業を個人で始めます。
その時のエピソードがふんだんに書かれています。
体験談(一部ですが)が書かれています。
大いに参考になると思います。
例えば、訪問する街、職業、家の選別(マーケティング)や
売り込みや相手を乗せるトーク(セールス)を
したときのことが詳細に書かれています。

貸金業の実態を知りたい方

著者自身が貸金業を営んでいましたので
貸金をやる人の心理や気持ち、実態などが書かれています。
といっても個人の一経験談ですので、
これが総論ではありません。
でも門外漢には十分に参考になります。

スポンサーリンク

著者・野崎幸助氏について

見習うべきところ

営業力

訪問販売業での飛び込み営業でもわかりますが、
とにかく営業です。
この訪問販売業のスタートアップのころの文章を読むと
一番勉強になります。
経験談、体験談に勝るものなしです。

トーク力

訪問販売業で培ったトーク力ですが、
もともとトークが上手かったわけではなく
やはり実践こそが最高の教材です。
基本は褒めること。
何でもいいので褒めることです

天命

女性と数多く性行為をするという天命を
本書の中で何度も掲げていますが、
本当にそのために、それを実践するためだけに
生きていた人です。
この方にとってビジネスは目的ではなく、一手段にすぎません。

簡単な経歴

この本自体が経歴みたいなものなので、
詳細は本書を読んでいただきたいのですが、
簡単に説明します。

和歌山県生まれ。
もともと背も大きくなく
優しい性格の子でした。
就職して、働いたのち
鉄くず拾いの仕事を始めます。
最初の起業です。
その後、避妊具の訪問販売で業績を上げ、
ビジネスとして最初の成功をつかみます。
その後、貸金業を手掛け、
東京にも進出しました。
2016年に交際女性から
6000万円相当の金品を持ち逃げされて、
有名になりました。
2018年に逝去。
死の直後にはテレビで話題にもなりました。

他の著書

紀州のドン・ファン 野望篇 私が「生涯現役」でいられる理由

スポンサーリンク

レビューの評価

メディア報道で良く思われていない著者。 その通りか確認もかねて読書。 著者は、普通本で書きずらい職業を素直に書いている。 私にはできないことに思えた。 著者は、自分の欲望に 素直に行動している。そこにだましや汚さがないので読めるように思った。 著者の欲望の対価以上に相手が著者の財産を知って行動して悲劇が起きると思えた。 個人的には学者が書けない社会の仕組みと経済がわかる本に思いました。 社会の仕組みと経済を知りたい人は、読む価値はあると思いました。 本を読む前よりも著者に対する嫌悪感は、和らいだ。

読書メーターより引用

金を稼ぐ目的はいい女を抱くこと、清々しいまでにそう言い切るこの野崎というジジイ(75歳)の人生を振り返ったもの。付き合ってた50歳下の女に6000万円盗まれた事件報道の時にその存在を知り、後にこの本の存在を知った頃に謎の死を遂げていて今はこの世にいないのだが、コンドームを売り歩いた若い頃の体験談(実演販売も増えたというから驚き🤣)などとてもバイタリティー溢れるエピソードが愉快。ありがちな高級クラブでの失敗談はさておき、その目的のために努力を惜しまないしCA相手にもかなりの打率を残していたのが驚き。

読書メーターより引用

好みの女性とエッチしたい、そのために金持ちになる、という一貫さがブレずに凄い。目的自体は褒められたものではないが、創意工夫する点やバイタリティには、素直に脱帽。コンドームの実演販売は、羨ましい限りのシチュエーションだが、現実は辛い方が多かったんだろうなぁw。ご健在であれば、サクセスストーリー物として楽しめるんだけど、不審死されてるだけに、ちと複雑…。故人の遺志を受け継ぎ、オホーツクのドン・ファンと呼ばれるよう、精進します。

読書メーターより引用

スポンサーリンク

感想

貧乏な家庭に生まれ、
サラリーマンとして苦労し、
退職後に鉄くず拾いから起業して
避妊具の訪問販売、貸金業、不動産業、梅干し販売、酒類販売と
数々のビジネスを成功し、
財を成した資産家。
なのですが、その行動の目的は
女性と数多く性行為をする
というただ一点のみ。
これを堂々と本の中で繰り返し述べています。
この信念に賛同するかしないかは、
個人の自由ですが、

目的に沿って人生は形作られる

と、つくづく感じました。

スポンサーリンク

他書のおすすめ

紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相

他人が必ず、あなたに従う黒すぎる心理術

営業は自分の「特別」を売りなさい

タイトルとURLをコピーしました