スポンサーリンク

【Vlog Japan】やってみてわかった継続できる「Vlogの作り方のコツ」【挫折しない】

動画術

Vlogを投稿してみたい方へ、試しにVlogを作ってみた経験から
どんなVlogを作ればいいのかお伝えします。
Youtubeは継続するのが大変です。手間がかかる動画は続かない方が多いです。
そこでVlogをおすすめしていますが、どんなVlogがいいのでしょう?
「気楽にやって」継続できるVlogコンテンツを解説します

この記事を読んで欲しい人
YouTubeでVlogを投稿したことがない人、してみたい人
この記事でわかること
総再生時間が多くなるVlog傾向とそれを踏まえた作り方のコツ
スポンサーリンク

Youtubeの投稿をゆる~く決意

今年からVlogを始めてみました。

ブログの他にYouTubeもやっています。
今まではポツポツ投稿していたので
数も多くはなかったのです。
ですが、今年は動画投稿を増やそうと思い
まずはVlogを投稿しました。

YouTubeは継続が大変

というのも、Youtubeはとにかく継続が大変です。
ネタを考えて、
台本を作り、
撮影をして、
編集して、
チェックして
修正して、
アップします。

最初から最後まで一気に一日でやるのはかなり大変です。
(よっぽど撮れ高に確信があり、先を越されたくない、
という思いになれば話が別ですが…)
撮影まで、編集まで、アップまでと日にちをまたいでやっています。

ネタが思いついても、
これだけ労力がかかると、
制作するのがおっくうになってきます。

できる限り省力化して投稿

それを言っていても始まりません。
とにかく労力を省力化して、
動画の本数をたくさん上げることだけを考えました。

そこで、思いついたのがVlogです。

正直、街の様子を撮った動画を見てくれる人がいるのかな?
という疑問を持ちながらでしたが、
とにかく行動をして、動き出すためにやってみました。

一度動き出せば、ゆっくりでも初速がついて、
継続できるだろう、という狙いです。

投稿したVlogの結果は…

日本の魅力を伝えるVlog

どんなVlogにしようか思案しました。

その結果、

(日本マニアの)外国人向けに、日本の街の様子を伝えるVlog

にしました。

このテーマなら、日本人にとっては当たり前で見慣れているものでも
外国人なら価値のあるコンテンツになるのではないかと考えました。

例えば、日本にある神社の鳥居は、日本に住んでいれば、
見る機会はいくらでもあります。
また、見たところで特に珍しいものでもありませんが、
外国の方にとっては自国では見られないとても珍しいオブジェになります。

こういう日本独特のものを伝えていこうと考えました。

撮影や編集時の省力化

撮影では長回し一発撮りです。

このためにスタビライザーも買いました。
スタビライザーは手ぶれを防止する機材です。
この機材のおかげで手振れにナーバスにならずに撮影ができるようになりました。
また音声は使わない前提で撮りました。
これでべらべらしゃべっていても、
気を使わないで撮影に集中できます。

編集はできるだけ凝らない

編集の時は
人や物の映り込みの部分をカットするだけで、
あとはそのまま使っています。
できる限りこだわらないようにします。

音声もBGMのみにしています。
テロップも入れないようにしています。

いろいろと凝ったほうが面白いのはわかっていますが、
冒頭でもいったとおり、
それをやると、高確率で続きません。

いかに「気楽にやるか」を心がけました。

PCに残っていた昔の映像素材を再編集

何かで使うかもしれない、という軽い気持ちで
自分で撮影した動画素材がPCにたまっているのを思い出しました。
これを機にコツコツをマイペースで編集し、
数作のVlogが完成しました。

そして、Vlogを投稿

そんな感じで動画を作っていき、
今日の段階で21本の動画をアップすることができました。

内容的にはほとんど工夫は入れていないのですが、
それでもアナリティクスからいろんな情報が得られました。

投稿した中での人気動画Top3

TOP3といっても二桁以内の話なのでスケールは小さいですが
それでも投稿した動画の中で格差がついています。

総再生時間のTop3を紹介します。

第3位 [vlog]Riding on Jinrikisha (rickshaw) in Asakusa[Kimono]浅草寺、浅草

[vlog]Riding on Jinrikisha (rickshaw) in Asakusa[Kimono]浅草寺、浅草

浅草というド定番スポットに着物、人力車という日本固有のものが多い動画です。
この時は、まだ気合を入れて撮影していた時期で、モデルさんに出演をお願いしていました。
コストはかかりましたが、きれいな映像をがとれました。

第2位 [Vlog Japan]Akihabara秋葉原 #4 [BGM]

[Vlog Japan]Akihabara秋葉原 #4 [BGM]

こちらは秋葉原の街をひたすら歩いているだけの動画ですが、
総再生時間が多く、驚いています。

秋葉原、akihabaraはパワーのあるワードですね。

第1位 [Vlog Japan]Awa Dance Festival 阿波踊り #7[Tokushima徳島]

[Vlog Japan]Awa Dance Festival 阿波踊り #7[Tokushima徳島]

ダントツで総再生時間が多かったのが徳島の阿波踊りのVlogです。
そもそも阿波踊りを見に行ったことがある人が限られます。
その時のリアルな様子が収められていました。
これぞVlogの価値かなと思います。

まとめ 検索ワードを意識したお祭り系Vlogがよい

ネームバリューやブランド力がある地名は強い

今回でいうと検索に強い地名は

  • 秋葉原
  • 浅草

の2つでした。

Top3には入りませんでしたが、
実は「草津温泉」というワードが一番検索が多かったのです。
(つまりクリックされていないともいえます)

また、akihabara,asakusaでも検索されていますので
当初狙いとしていた海外向けにもリーチできているようです。

その地域の情報が求められているので、
自然と再生されます。

ただ街中を歩いているだけの動画なのに
最後まで視聴している人がいることに驚きました。
いままで、あ~でもない、こ~でもないと
動画についてうんちくを垂れていた自分が恥ずかしい。

正直、技術やスキルはどうでもいいかも。

ということで、Youtubeでも検索ワードは大事です。

Youtubeの検索ワードを意識しよう

ありきたりな結論で恐縮ですが、
実体験として感じた次第です。
推測ですが、Google検索よりもクリックされやすいのではないかと思います。

イベント系のワードも強かった

阿波踊りのようなイベント系のVlogは15分以上もある動画で、
ただただお祭りの映像を撮影しただけですが、
再生時間がダントツで長かったです。
動きがあるので見ていて飽きがこないです。

さすがにお祭りの名前まで知っている外国人は少ないようで、
日本語での検索ワードがしか見当たりませんでした。
当初の狙いである海外の方へのリーチはできていないようです。

日常よりも非日常のイベントがコンテンツになる

これもありきたりですが非日常の珍しい場面を納めるだけでも
コンテンツになることを知りました。

テレビ番組みたいに
きれいに作らなくてもいいんだね

今後は、お祭り系のVlogを充実

この結果を踏まえて、今後は

検索ワードを意識したお祭り系のVlog

を充実させていこうと思います。
見ていて楽しいですよね。

動画を見ていただいた方は

こんな動画でもいいの?

と思われたかもしれませんが、
意外と再生されたりします。

もちろん人気YouTuberになれるわけではありませんが、
Youtube動画投稿の最初の導入としてVlogはいい題材だと思います。

参考:投稿したVlogの再生リストです

[vlog]Riding on Jinrikisha (rickshaw) in Asakusa[Kimono]浅草寺、浅草
タイトルとURLをコピーしました