スポンサーリンク

新版お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方知的人生設計のすすめ【徹底レビュー】

お金

耳障りの悪い話もあります。
こんなこと聞きたくない
という気持ちもわかります。
でも知らないままでいても
事態が好転することはないですよね。

目先の情報に惑わされて
不必要におびえたり、
言いくるめられて
不利益を被るという事態を
避けたいですよね。

そのためには真実に目を向け
その中で自分がどう立ち振る舞えばいいのかを
考えることが重要になってきます。

そこでおすすめしたいのが

「新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
知的人生設計のすすめ」

という本です。

この記事ではこの本のレビューを紹介いたします。

こんな人におすすめ

  • やりたいことがわからない大学生
  • 社会人になる前に読んでおきたい
  • 転職を考えている社会人
  • ご両親が自営業、フリーランスの中高生

余談ですが、こんな人は読まなくてもいいかなと思われます。

  • 定年間際、もしくは定年まで逃げ切れそうな方
  • 余計なことは知りたくない方

不利益を被るわけではない状況であったり、
何かしら対策があるわけではない方については
知らなくてもいいかな、
ということが書いてあります。

知らぬが仏、ともいいますし。

スポンサーリンク

この本の内容

一言でいうと何?

誰も言わない社会の仕組みを知る本

です。

この本は誰も言ってくれなかった本当のことを教えてくれます。
もちろん学校で知ることもないです。
(といっても学生さんの年代では、興味ない人がほとんどですよね。)

本当のことは言わない、言えない

  • 容姿の事
  • 年齢の事
  • コンプレックスの事

このあたりのことはうかつに話題にしないです。

  • 交際相手ができない人に対して、なぜできないのか?
  • 太っている人に対して、なぜやせられないのか?

まわりのみんなは分かっています。
でも面と向かって言えないものです。
本人が想像以上にショックを受けるからです。
下手をすると逆恨みされることもあります。

また、嫌われ者になる覚悟で「がつんと言ってやる」
という(謎の)正義感・使命感を振りかざして、
説教、忠告される方がいます。
飲み会とかで説教モードになるあれですね。

私は上手くいった事例を見たことがないのです。
(けんかになったり、その後の関係が悪化したりというのが
大半のような)

気づかないのは本人だけです。
その本人が気づいてくれれば、というのが、
普段から(我慢して付き合っている)
周囲の人たちの切なる願いです。

結局は自分自身で、これはおかしい
ということに気づくしかありません。
(無頓着な人ほど、行動しないので、
なにかショックな出来事がないと気付くことはありません)

本当のことを言えない社会の仕組み

社会の制度でおかしなことがたくさんあります。
なんでこんなルールがまかり通っているの?
調べればそういうことはたくさんありませす。
でも知っている人も
おかしいとははっきりは言えない事情があります。

そのおかしなところに
黄金の羽根(チャンス)が落ちていると
著者は教えてくれます。

世の中がこんな仕組みだったなんで
ということを教えてくれます。

社会の仕組みの一部ですが、
生命保険、社会保険料、税金…

これを知って
どんな行動をするか、それとも行動しないか
それを判断する材料になります。

著者・橘玲(たちばなあきら)さんについて

本名ではなく、
顔出しもしていないので、
その分、
世間のみなさまが口にはできないことを教えてくれます。
他にも多数の書籍を執筆しているので、
一通りこの方の本を読むことをおすすめします。

他の著書

言ってはいけない―残酷すぎる真実―

本のタイトル通り、
言ってはいけない「本当のこと」を書いています。
誰かに言われるとイラっと来るので、
こういうところから自発的に知るのが
心穏やかに過ごせます。

上級国民/下級国民

治療しない虫歯のようなもので、
痛いけど触れたくない、という方には耳が痛いです。
でも虫歯は自然には直ってくれない。

信じるか信じないかは読者が決めるとして
これからくる社会について
識者の主張を聞いてみましょう。

臆病者のための億万長者入門

宝くじ、生命保険、株、不動産などの
資産運用の基礎知識を知りたい方はこちらをおすすめします。

黄金の羽根の拾い方とかぶる部分がありますが、
こちらは資産運用に特化し深堀しています。

こちらの本もおすすめ

自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

レビューの評価

感想

繰り返しますが、
本当のことはだれも言わないし、言えないです。

あなたは実は損をしているのですよ

と教えてあげても相手は喜ばないでしょう。

むしろ反発されたり、逆恨みされてしまうこともある
だから誰も触れようとはしない。
こうなると、もう自分で気が付くしかない。

自分は何を知らなかったのか
自分で気が付くためには
何をすればいいのか。

それは小さな行動を積み重ねることで、
行動は実験と言い換えてもいいです。

私もフリーになったのはいいけれど
保険とか、法人の事とか税金の事に関する知識は薄かった。
ネットやテレビで調べたぐらい。
薄っぺらい知識でしかなったです。

今回この本でやっと、最低限の知識を知ることができました。
言えないことを、この本は教えてくれました。
基礎の知識ですが、それでも知らずに生きていかずによかったと思います。

タイトルとURLをコピーしました