スポンサーリンク

今後が予測できる!感染症の歴史を学べる「おすすめ動画」【備え】

歴史学

コロナショックで大変な思いをされている方がたくさんいます。

医療関係者をはじめ
仕事がなくなったり、減ってしまった人々や、
感染の恐怖に戦っている人々など

人・物・金のすべての活動が止まってしまうという事態は
100年前に流行ったスペイン風邪以来ではないでしょうか。

その時、われわれは
どのように恐れ、
どのように備え、
そのように対策していけばいいのでしょうか。

それを知る手掛かりは「歴史」という「事実」です。

この記事では、私が収集できた範囲ですが、
見ておいた方がいい動画を紹介いたします。

スポンサーリンク

感染症の歴史を振り返ると必ず起きるデマと迫害

10分でみる 感染症の歴史 家畜のはじまりからパンデミックまで

人類が過去に受けた感染症の歴史をわかりやすく教えてくれます。
実にさまざまな感染症と戦ってきたことが分かります。

感染症が拡大騒ぎを起こすたびに、デマが拡がったり
人々の不満が集団へのはけ口と繋がったりしています。
また、外部の人々との交流が増えることでウィルスや細菌を媒介してしまう
という副作用を生んでしまいます。
そういうことが起きるという事実は共通認識として持っておくことが大事です。

これらを踏まえたうえで
これからも人類は感染症に備えていかなければならないのですね。

100年前のスペイン風邪から感染症の近未来を考察

【人生が変わる23分】神回!コロナ対策は、スペイン風邪から学べ!感染症の歴史から得た収束予測時期は、京大・山中伸弥教授と同じ時期だった!!

感染症が起きた100年前のスペイン風邪の出来事をもとに
これから起こるかもしれないことを考察しています。
話者である石井貴士さんの個人的な推測ではなく、
スペイン風邪で起きた出来事を時期や状況を当てはめて、
大体こういうことが起こることをあらかじめ予測しています。

経済のことについては、リーマンショックに当てはめて考察しています。
一点、ご留意したほうがいいことがあります。
このあたりから、FX取引の話など、
(私も含めて)素人には分からない話が入ってきますので、
興味がない方はこのあたりから退出しても良いかと思います。
自己責任でご判断ください。
私もちゃんと勉強してから考察していきたいと思います。

ロックダウン(都市封鎖)の先に覚悟しておかなければならないこと

今読むべき小説【ペスト①】〜ロックダウンされた街〜
今読むべき小説【ペスト②】〜ロックダウンは恐怖から疲労へ〜

小説の世界とはいえ、
ロックダウンされた都市に降りかかる
人々の恐怖と疲労を描いた小説「ペスト」を紹介しています。

世界中の都市が直面する今後の展開を
教えてくれるようです。
避けることは出来なさそうなので、

こういうシナリオもありえるかも

とあらかじめ想定の範囲内にしておくことです。
そうしておけば、それぞれの方々が
自分の状況に合わせた備えや行動を起こすきっかけになると思うからです。

カミュのペストはまだ読んではいません。
とりあえずKindle版を購入しました。
読み終えたら、またレポートを発表しようと思います。

まとめ 憶測や個人の思い込みではなく、歴史の事実から考える

私も感染症については全くの素人です。
今回もコロナウィルスについていろんな意見が飛び交っています。
ついつい私たちがやりがちなのが、
自分が信じている思想を優先的に取り入れてしまうことです。
陰謀論だったり、神の啓示だったり、
何を信じるかはそれぞれの人々の自由ですが、
あまり惑わされずに、自分の頭で考えたことを
最優先に行動することが大事だと思います。
もちろん私がとる行動が最善とは限りません。
今回はあくまで資料を紹介したにすぎませんが、
世にあふれる情報の中で、良き判断となる材料が提供できれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました