【いつかやる】マンガ・映画のモデルになった偉人伝【るろうに剣心】

非株式会社いつかやる

非株式会社いつかやるでは
多くの偉人伝を紹介しています。
教科書に載らないような人物もいるのですが
この記事ではマンガや映画の題材になった人物の生涯を
紹介する動画をお伝えします。

「非株式会社いつかやる」がどんなチャンネルか知りたい方はこちらへ

非株式会社いつかやる
いつかやる社長 副社長、ぴろすけによる日本初の歴史系ユニットチャンネル 世界史、日本史、国際情勢、ニュース、軍事などの動画への挑戦をどんちゃん騒ぎしながら真面目に行っております。 ​どんな時もけっしてふざけず、誠実に向き合う事こそ何かを達成する秘訣だと確信しております。 毎週 水、木、金、土、日と19時半頃(遅く...
スポンサーリンク

マンガ・映画のモデルになった偉人伝

るろうに剣心のモデルとなった「河上彦斎」

最強の人斬り!?誰もが震えた暗殺者!【河上彦斎の生涯】が儚く熱い!【るろうに剣心】

この動画でわかること

  • 真面目すぎる、融通が利かない人の不幸
  • 自分の理想を追い求めすぎた人の最期
  • 世間に妥協することの大切さ
  • 自分の志、ポリシーを貫く生き方

「信念を貫いた人斬り 河上彦斎(かわかみげんさい)」の生涯を紹介した動画です。
「るろうに剣心」のモデルになった人物と言われている。

幕末の4大人斬りの一人

  • 田中新兵衛
  • 岡田以蔵
  • 中村半次郎
  • 河上彦斎

資料が少ないので
どこまでが真実かがわからない部分もあるので
それを踏まえて読んでください。

少年期

  • 1834年、熊本藩細川家の下級武士の子として生まれる
  • 時習館という藩学校で勉強に励む
  • 生花・和歌をたしなむ
  • 16歳の時に熊本城下の花畑屋敷の茶坊主になる。
    花畑屋敷…加藤清正が遊興のために作った場所。
    細川家にとってもとても大事な場所に仕えたことから
    そうとうに気配りができる男だったのではないか。
  • 宮部鼎蔵に山鹿流兵学を学ぶ
    山鹿流が仏教・道教に基づいた兵学
    日本人とは、武士とはこうあるべきだ
    という思想が強い特徴を持つ
    この思想に強い影響を受ける
  • 藩主・細川斉護と江戸に同行したり
    熊本家老の付き坊主になる

偉い人にずいぶん
目をかけてもらっていたのね

尊王攘夷

  • 1853年、黒船来航。鎖国が解かれる
  • 河上彦斎は尊王攘夷に傾倒していく。
  • 尊王攘夷とは天皇中心の政治にして
    外国人を追い出そうという思想。
    河上彦斎は特に尊王攘夷思想が強かった。
  • 僧侶の身分を捨てる
  • 藩選抜新兵に昇進
  • 肥後勤王党の幹部になる
  • 尊王攘夷派の三条実美に大きな期待をかけられる

人斬り

  • 彼の欠点は真面目すぎるところだった
  • 尊王攘夷思想が強すぎて、思想が異なる人たちを斬っていった
  • ヒラクチ彦斎と呼ばれるようになる
  • 剣術は我流で身につけたらしい
  • 身長150センチ、肌は色白、細くて、女の子みたいな見た目
    (緋村剣心のモデルとなった。)
  • ある日、仲間と酒を飲んでいた。
    会話の中で「あいつ邪魔だな」という話になった。
    河上彦斎はおもむろに席をたち、どこかへいった。
    戻ってきた時には邪魔だと言っていた人の首を持ってきた
    というエピソードがある
  • 勝海舟は河上彦斎が怖くて仕方がなかったと言われている
  • 勝海舟は河上彦斎に人斬りをやめるように諭したが
    彦斎は取り合わなかった
    彦斎は目標のためなら冷酷になれるという人柄がうかがえる
  • 熊本藩が攘夷として機能しないので脱藩。
    長州に行って力を溜めようとする。
  • 河上彦斎が京都を歩いていた。
    新撰組の近藤勇が河上彦斎を見かけると
    スッと隠れたというエピソードがある
  • 公武合体派の佐久間象山を暗殺した
    このとき、「斬っちゃいけない人を斬ったんじゃないか」
    という感情に襲われる。
  • それ以来、人斬りをやめることになった
  • 禁門の変、功山寺挙兵、第二次長州征伐に参加
  • 彦斎は熊本藩に行って説得しにいく
  • 脱藩の罪で牢屋に入れられてしまう。
    (熊本藩にとっては都合の悪い存在であったと推測される)

明治時代

  • 河上彦斎が牢屋を出た時には明治時代になっていた
  • 明治政府は近代化を推し進めていた。
  • 彦斎は桂小五郎、三条実美と話し合った
    「なぜ西洋化を推し進めているのか?」
  • 下関戦争、薩英戦争で外国の力を知り
    考えを改める出来事が起きていた。
    明治政府は攘夷する気はなかった。
  • 明治政府は河上彦斎が邪魔な存在になった
  • 桂小五郎は視察にいく時に
    河上彦斎の暗殺を命令する
  • 三条実美「河上彦斎が生きているうちは
    枕を高くして寝れない」と言っていた
  • 藩命に従って「有終館」(訓練学校)を作る
  • 尊王攘夷思想を持った太楽源太郎を囲ったのが
    明治政府にバレて彦斎は牢獄に入れられる
  • 彦斎は裁判にかけられた。
    その時の判事が玉乃世履だった。
    玉乃はもともと尊王攘夷思想だったので河上彦斎を
    ここで死なせたくないと最後のチャンスを与える
  • 「尊王攘夷という考えを改めれば
    明治政府も助けてくれるかもしれない」と説得を試みる
  • 河上彦斎「御厚意ありがとう。しかし、
    自分の尊攘の志は神明に誓い
    同志と死生必ず背くまいと誓ったものだ
    同志の多くはその誓約のもとに殉じていったのです。
    今日に及んで、生死を惜しんでその役に背き
    志を改めたら自分はどうなるのであろう…
    徹頭徹尾一身の利害の為に
    素志を改め、節を変える事など
    そんな事は出来申さぬ」
  • 明治4年、38歳で斬首刑に処される

感想

緋村剣心のモデルになっただけあって
とても面白い人物ではありますが
現実の世界で関わっていた人にとっては
迷惑、極まりない存在でしかなかっただろうなと。

源義経のような
ファンタジーの世界では人気だけれども
現実ではただの迷惑者、
憧れるだけで十分という人物がいます。

河上彦斎はその典型的な人物だと認識しました。

現実世界を生き抜いていくなら
多少の融通を利かせるぐらいの人間性をもっていないと
最後は斬首刑で死んだように
ろくな最後を迎えられないように思いました。

ラストサムライのモデルとなった「ジュール・ブリュネ」

サムライと共に戦った軍人【ジュール・ブリュネ】の生き方がまさに武士!【ラストサムライ】

この動画でわかること

  • 虜になってしまうぐらいの日本に魅力があった⁉︎
  • 義を尽くすことで人の心が動く

ラスト・サムライのモデルになった「ジュール・ブリュネ」
武士道に満ち溢れた熱い男
日本のために戦った軍人

日本の状況

黒船来航後、日本は討幕派と佐幕派の2つに分かれる

討幕派にイギリス、佐幕派にフランスが支援した

幕府側には西洋式軍隊の整備が遅れていた

そこでフランス軍事顧問団が日本にやってくる。
そのメンバーの中にジュール・ブリュネがいた。

ジュール・ブリュネの経歴

  • 理工科の学校を卒業
  • サンシール陸軍士官学校を卒業
  • その後、陸軍の砲兵少尉になり
    24歳でレジオンドヌール勲章を手にする
  • 28歳で軍事顧問団副隊長を努める
  • 軍事顧問団が作った軍隊が伝習隊

伝習隊

  • 伝習隊はやんちゃな人を中心に集められた
  • 最強の軍隊に仕上げる
  • 隊員はブリュネを慕い、ブリュネも隊員を愛していた
  • 戊辰戦争に参加する
  • 徳川慶喜が大阪城から逃げてしまう
  • ブリュネは教え子と一緒に戦いたいと思うようになる
  • 徳川慶喜にもう一度戦おうと説得するも慶喜は戦意喪失。
    江戸を無血開城することなった。

軍事顧問団に帰国命令

  • それでも新政府軍はさらに庄内藩と会津藩に戦いを挑む
  • 会津戦争でブリュネは一緒に戦おうと決意するも
    「局外中立」(日本の内戦には手を出さない)という方針から
    軍事顧問団に帰国命令が出される。
  • 横浜の外国人領事館に送られる。
  • ブリュネは教え子と幕臣の仲間たちが忘れられず
    軍事顧問団隊長とナポレオン三世に手紙を出して脱走する。
  • 未来ある軍人を辞めて、一人の人間として日本人の教え子のために
    戦う決意をした

函館戦争

  • 榎本武揚、大鳥圭介、土方歳三、伝習隊と合流し共に戦うことになった
  • しかし旧幕府軍は敗走を繰り返した
  • 津軽海峡の制海権をとるために
    蝦夷地に行って五稜郭を占拠しようする→函館戦争へ
  • 五稜郭を占拠し、函館政権を樹立
  • 榎本は総裁になり、新しい軍隊「列士満」を作る
  • 宮古湾海戦が勃発
  • 新政府軍は攻め込んできた
  • 榎本はブリュネに離脱するように説得
  • ブリュネはフランスに戻されたが
    フランスで裁判にかけられた
  • 伝習隊隊長、ナポレオン三世に書いた手紙が
    新聞に掲載され、世論が味方について
    大きな罰を受けなくて済んだ
  • 普仏戦争で軍人として復帰
  • 明治天皇から勲二等旭日章を受ける
    榎本が明治天皇に推薦した

感想

フランスへの帰国命令が出た後に
ブリュネは日本に止まって教え子たちと
一緒に戦うことを決意して
軍人の地位を捨てて脱走までしました。

いくら日本が居心地が良かったとはいえ
日本の何がそこまで魅力的だったのか?

フランスにはない文化や考え方があったのだと
思うのですが、
そこがもう少し詳細にわかれば
日本人の特性がさらに理解できそうです。

もともと義理人情に熱い性格だったのが
日本に来てそれが強化されたのかもしれません。

ベルセルクのモデルになった「ゲッツ」

ベルセルクのモデル?盗賊騎士【鉄腕のゲッツ】を解説!歴史の偉人伝説

近世ヨーロッパで活躍した鉄腕の騎士「ゲッツ」
ベルセルクのガッツのモデルなった人物と言われている。

ゲッツの生涯

  • 1480年、ドイツ神聖ローマ帝国の下級帝国騎士の家に生まれる。
  • 本名はゴットフリート・フォン・ベルヒンゲン。
    ゴットフリートの愛称が「ゲッツ」となる
  • 14歳の頃、騎士コンラートの見習い騎士として仕える
  • 子供の頃から血の気が多く
    喧嘩ばかりして塔に放り込まれてしまう
  • 20歳の頃、老騎士ハンスと行動を共にする
    フェーデを学ぶ。
    騎士同士のトラブルを当人同士で武力で解決する権利。
  • 金を巻き上げる手段にも使われていた。
  • 24歳の時、右腕を失い、鉄の義手をつける。
  • ケルン市の商人を誘拐してフェーデでお金を稼いでいた
  • ニュルンベルグで元同僚を拉致されたことに
    因縁をつけてフェーデを仕掛けた
  • 法的権利や財産を没収されるアハト刑を宣告されたが
    フェーデをやめなかった
  • 畑を荒らされたことでマインツ大司教にフェーデを仕掛けた
  • ホルンベルク城を入手して大人しくなる
  • 45歳の時にドイツ農民戦争が起きる
  • 農民団から一揆の隊長を依頼される
  • 1ヶ月期間限定で受けることにした
    このとき「略奪や不必要な暴力を禁じる」というルールを作った
  • しかし、農民たちはそのルールを守らず
    ゲッツは嫌気がさしていた。
  • のちに農民側についたことの責任を取らされてしまう
  • 1562年、82歳でこの世を去る
  • 自由に生きて大権力者に喧嘩を売りまくったゲッツは
    ゲーテの戯曲にもモデルにした作品があり、
    人気や知名度が伺いしれる

感想

う〜ん、なんともいえない。
喧嘩が強く、
誘拐&身代金で荒稼ぎ…
とてもインパクトのある人なのはわかりますが

当時の農民たちには
反権力の象徴としてストレスの吐け口
なっていたことで名が残っていったのだろうか。

マンガや作品のキャラクターとして面白い人材だったんでしょうね。

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル「非株式会社いつかやる」に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「非株式会社いつかやる」でご覧いただけます。

非株式会社いつかやる 関連記事

女性偉人伝

第二次世界大戦の異色の軍人

マンガや映画のモデルになった偉人

日本刀解説

公式ページなど

SNSアカウント

 

タイトルとURLをコピーしました