【借金大国は嘘なのか⁈】日本の財政は大丈夫らしい

動画レビュー

日本の財政について
借金大国とか、
それは嘘だとか
いろいろ言われていますが、
個人的に情報をまとめてみました。

何を信じるか、信じないかは自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

財政が大丈夫らしいと主張する動画と書籍

国債は「日銀当座預金」から貸し出される

日本人全員がお金持ちになるマインドセット!日本には錬金術があった

お金の新常識「国債=貨幣」

認識するポイントを変えると
見える世界が異なります

国債=借金と捉えると
借金は増やしてはいけない

という認識を持ってしまう。

キーワードは「日銀当座預金」です。
日銀当座預金は日銀と政府、民間銀行の中でだけ
やり取りができる口座で
国民が直接アクセスできるものではありません。

国債は国民の預金が使われるわけではないことを
三橋貴明氏が政治家への説明の時に用いた図で説明しています。

この「日銀当座預金」から貸し出しています。
実際には「日銀当座預金」のデータを書き換えている。

政府や日銀はは自国通貨である「円」を自ら発行することができます。
総量を増やすことが自在に可能です。
(現代は新札を印刷しなくても、データ上で増やせばいい)
無尽蔵にというわけはないですが、
こういう方法もあったりします。

民間銀行は国民の預金ではなく
日銀当座預金から貸し出しています。

お金の新常識「政府の負債=国民の資産」

政府が誰から借金をしているのか?
ということがポイントになっています。

政府は国債を持っている相手に
お金を返す必要があります。

民間銀行に貸していれば、民間銀行に返すだけです。
政府が国民の預金で払うわけではありません。

個人向け国債も個人からお金を借りていますが、
自らの意思でお金を貸しています。
個人の預金から勝手に流用されるわけではない。

なので政府はどんどん国債を発行して
国民のためにお金を使うことを説明しています。

これが「政府の負債=国民の資産」になる
ということを言っています。

三橋氏が国債について主張している動画がこちらです。

三橋貴明「“国の借金”というウソ!」 政府の負債・日本国債所有者 [モーニングCROSS]

権威主義による供給能力低下の危険性

日本の財政破綻がありえない理由~池上彰さんの嘘まとめ①~

幸せの新常識「権威主義=思考停止」

権威が用意したレール沿って生きることが正義であるので
自分で考えることをしなくなります。

自分の真の望みが分からなくなり、
自分の能力を発揮することができなくなる。
これが不幸のどん底に陥れる。

お金の新常識「お金の価値の裏付けは財務状況ではなく供給能力にある」

権威主義によって
各個人の能力が発揮できなくなり
供給能力を大きく損なってしまいます。

この動画では
とある権威が発言した内容を紹介して
ミスリードを指摘しています。

財政破綻が起こりえない理由

そもそも自国通貨である円を発行している政府と日銀が
円の返済ができなくなって財政破綻することはあり得ない。

財務省のHPにも

日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。

と記載されています。

外国の格付け会社に対して、
日本の国債の格付けが低すぎる、もしくは低くなる
ということが根拠に欠く主張なので、

そもそも自国通貨を発行できる国が
デフォルト(債務不履行)になるわけないのに
どういう状況をいっているの?

と財務省が質問している文面で表記されています。

円の発行で気を付けるのは「インフレ」

円の総量を増やしすぎると、
インフレ、物価が上がりすぎてしまいます。

第一次世界大戦で敗戦したドイツが
紙幣を増やしまくったおかげでインフレを起こしました。

唯一気を付けるのはここです。

ただし供給能力が高ければインフレにはなりにくいのです。
モノやサービスが衰退しなければインフレを防ぐことができます。
供給能力の削減のデメリットがここでもわかります。

「外貨」と自国通貨の関係

外貨で借金を抱えすぎると財政破綻を起こすリスクがあります。

日本が財政破綻を起こす唯一のシナリオです。

  1. デフレによって供給能力を喪失
  2. 国内で生産できるものが少ない国へ
  3. 国内で生産できないので外貨が必要になる
  4. 供給能力を落とした日本は外貨を稼ぐことも困難になる
  5. 「外貨の借金」がどんどん増えていく
  6. 財政破綻

供給能力が喪失されてしまう危機を訴えています。

幅広く供給できる力が国力となります。

かつて反映していた国が、
没落してしまった例があります。
日本はその道を歩むのか。
そうならないためには
今からでも供給能力の向上を図る必要があります。

ゆえに今こそ国債のどんどん発行すべき
ということがわかります。

日本経済はやばくない

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

図解・最新 難しいことはわかりませんが、
お金の増やし方を教えてください!

という本の中にも著者である山崎元氏は
このように発言されている

日本国債の買い手ってほとんどが日本国民だから、
もし日本が国債の借金を返せなくなったら、
お金をたくさん刷って、国民に返せばいいの。

Chapter 1 02 日本経済ってやばいの?
から引用

自国の通貨は自分たちの思い通り作れるわけだから
刷ってしまえばいいよね
という考えにはなる。
もちろんインフレという副作用は生じるが。

実際は印刷されずにサーバーのデータを書き換えるだけでしょう。

 

そもそも日本の財政は「まったく悪くない」

たった1つの図でわかる! 図解経済学入門

こちらの本の著者は元財務省OBです。

財務省の内部にいた人間が
日本の財政は「まったく悪くない」

といいきってしまっています。

こんなこと言って
大丈夫なの?

図33に掲載されている
国のバランスシートには
日銀の資産や、税収が含まれていないので
数字上に現れてはいませんが、
なかなかすごい話です。

とりあえずここから始めよう

  • 国債は国民の借金ではない
  • 権威主義=思考停止
  • 供給能力を上げることが国を守る

というところから認識を改めていくことから
始めていけばいいかなと思います。

この考えが広がれば
国民の監視の目が厳しくなることかなと思います。

バイトが仕事をサボるのは
監視されていない
と感じているわけで…

そう感じさせなければいいわけですよね。

タイトルとURLをコピーしました