【Ko Penguin】Appleの家庭用ゲーム機開発の失敗【ピピンアットマーク】

Ko Penguin

実はAppleも家庭用ゲーム機を販売していた!

この事実をご存知な方は
どのぐらいいらっしゃいますでしょうか?

今は世界的な巨大企業に成長したAppleですが
実は低迷していた時代があり
そのときに開発・販売された
家庭用ゲーム機がありました。

それがピピンアットマークです。

今回はその開発に関する秘話がわかる動画を紹介します。

それがKo Peguinさんの

【ピピンアットマーク】Appleはなぜ、世界で最も売れなかった家庭用ゲーム機、ピピンアットマーク(Pippin atmark)を開発したのか?

という動画です。

このピピンアットマークですが
見事に大コケして
世界で一番売れなかった家庭用ゲーム機
という汚名を背負うことになりました。

コペンさんがどんな方か知りたい方はこちらへ

Ko Penguin
ご閲覧ありがとうございます。 コペンギンです。 レトロゲーム・パソコン情報満載の、コペンギン公式ブログを公開していますので、 ご興味のある方は、是非ご参照下さい。
スポンサーリンク

Appleの家庭用ゲーム機開発の失敗

ピピンアットマーク開発秘話

【ピピンアットマーク】Appleはなぜ、世界で最も売れなかった家庭用ゲーム機、ピピンアットマーク(Pippin atmark)を開発したのか?

 

この動画でわかること

  • アップルにも大失敗の歴史があった
  • ペプシコーラの幹部ジョン・スカリーをヘッドハンティング秘話
  • ジョン・スカリーの苦悩
  • 低迷期のアップルのもがきと迷走
  • 東芝との提携からバンダイとの提携へ
  • 本気モードで家庭用ゲーム機を売り出そうとしていた

この動画の目次

  • ピピンアットマークの説明
  • ピピンアットマークの驚異の出荷台数
  • ペプシコーラ幹部のジョン・スカリーをヘッドハンティング
  • Appleの伝説のCM「1984」
  • スティーブ・ジョブズ追放と復帰
  • ジョン・スカリーがAppleのCEOに就任
  • コンセプトが定まらないAppleの新商品
  • CPU開発競争とAIM連合
  • マルチメディア時代へ
  • タリジェント、カライダプロジェクト
  • 共同開発した東芝の悔しい経験
  • ジョン・スカリーがCEO退任、
    マイケル・スピンドラーがCEO就任
  • ジョブス復帰までのCEO系譜
  • スピンドラー体制のキーパーソン
  • バンダイとの提携
  • Intel,Microsoftとの競争
  • MacOSライセンス販売で復活を狙う
  • ピピンアットマークの開発プロジェクトを開始

ペプシコーラの幹部ジョン・スカリーをヘッドハンティング秘話

これは有名な話ですが、
ペプシコーラで幹部社員でだったジョン・スカリーを
スティーブ・ジョブズが引き抜いたという話です。

スカリーさんを口説き落とすために
献身的にコンタクトをとるジョブズですが、
超有名なあの口説き文句が今も語り継がれています。

このまま一生砂糖水を売り続けたいのか、それとも私と一緒に世界を変えたいのか?
英語: Do you want to sell sugared water for the rest of your life, or do you want to come with me and change the world?

John Scully on Steve Jobsより引用

響いたんですね。
でなければ、
ペプシコーラでの地位を捨てて
当時はまだベンチャー企業の一つであったアップルに
移籍することなんてありえなかったでしょう。

口説き落とすのは

  • 毎日の献身的な姿勢や行動の積み重ね
  • ズバーンと心を撃ち抜く強烈な言葉

これが必要なのがよくわかります。

本当に恋愛と同じね

しかし、その後は二人は不仲になり、
ジョブズの解雇や、CEO就任後のApple低迷など
この移籍はなんとも言えない苦い出来事になってしまいました。

低迷期のアップルのもがきと迷走

低迷時代はもがき苦しんだ挙句、
迷走してしまうようです。

あの任天堂もその時代がありました。

こういう状況に陥っている企業は
コンセプトばバラバラになる
という特徴がありますね。

消費者の方も中途半端にしか刺さらない。

暗黒の歴史で、無かったことにしたい
という羞恥心はあると思いますが、
でもこれを経験したことで
経営者から社員まで、共通した実体験によって
ようやくコンセプトが鮮明に定まっていきます。

でもこの辺りはジョブズは
あれもこれもと手を出さずに
目標を一点に定め、
その一点にのみ突破させられるのが
ジョブズのすごいところです。

低迷期のAppleの内情を記した本

アップルを知る上で興味深い本があります。
それは

僕がアップルで学んだこと 環境を整えれば人が変わる、組織が変わる

という本です。

こちらは松井博さんというAppleの管理職をされていた元社員が
書かれた本です。
あのAppleの内部にいたというだけでもすごいのですが、
当時はスピンドラーCEO時代からジョブズCEO時代という
アップルの低迷期から一気に世界的企業へ急変した内情を
正社員という立場で経験されています。
この方がアップルのという会社の変遷を本にまとめています。

私も読みましたが、とても興味深いです。
これぐらいの改革ができなければ組織は変わらないし、
中途半端な変化しかできないなら
組織の改革など期待しない方がいいということがわかります。

【ピピンアットマーク】Appleはなぜ、世界で最も売れなかった家庭用ゲーム機、ピピンアットマーク(Pippin atmark)を開発したのか?
スポンサーリンク

こちらの動画もおすすめ

ねかご【脳科学と心理学】

<7分で>アップルの歴史〜スティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアックが起こしたコンピューター革命!〜

アップルとスティーブ・ジョブズを
ざっくりと紹介しています。
ジョブズの半生の明暗両方に触れています。

アップル、ジョブズのことを
ざっと知りたい方におすすめです。

なんでもゆっくり解説

【Apple】iPhoneの進化の歴史を解説!前編【ゆっくり解説】

Appleの中でもiPhoneの歴史に焦点を当てた動画です。
初代iPhoneが登場したのはもう10年以上も前なのですね。

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル「Ko Penguin」に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「Ko Penguin」でご覧いただけます。

コペンさん 関連記事

ルパン三世 アニメ化誕生秘話

Appleの家庭用ゲーム機開発

任天堂ヒット商品の歴史

セガの家庭用ゲーム機開発の歴史

SNSアカウントなど

ブログ

YouTube

Twitter

コメント

  1. […] 【Ko Penguin】Appleの家庭用ゲーム機開発の失敗【ピピンアットマーク】実はA… […]

タイトルとURLをコピーしました