英語

[Learn 6M Eng]Topics related Japan

英語

英語を学ぶうえで良質な音声教材が必要になります。
音声教材として活用できるのが

Learn from 6 Minute English

です。

こちらはイギリスのBBCが発信している
英語学習コンテンツで多くのトピックを扱っています。

この記事では日本に関連のあるトピックを集めてみました。
比較的、日本人にとって親しみやすい
話題になっているので、
何度も聞いて暗記するには
とてもよい教材です。

スポンサーリンク

Why is Super Mario so popular?

マリオを題材にしたトピックです。
ファミコン世代以降なら
入りやすい話題です。

Transcript

Rob
Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English. I’m Rob.

Georgina
And I’m Georgina.

Rob
Now, Georgina, you recently mentioned in one 6 Minute English programme about NFTs and that you had a collection of Pokemon cards when you were younger.

Georgina
Yes – I did, and I still can’t find them. Why did you bring that up?

Rob
Well, Pokemon started out as a video game series that turned into anime movies and trading cards among other things – and in this programme we’re talking about a video game character that is iconic – a word which means widely known and recognised. That character’s name is Super Mario.

Georgina
Ahhh I spent many hours of my childhood playing with Nintendo’s Super Mario or his rival, Sega’s Sonic the Hedgehog.

Rob
Now, these days, video games are everywhere, and people of all ages enjoy playing them. There’s also competitive e-sports events where gamers compete for what are often considerable amounts of money.

Georgina
Yes, and there are also streamers that appear on platforms like Twitch and YouTube who have become celebrities in their own right.

Rob
Talking about celebrities, I have a question about the famous character we’re talking about in this programme. Many people remember Super Mario Bros. as being the first time we saw Mario, but he first appeared in another game – which was it? Was it:
a) The Legend of Zelda
b) Donkey Kong; or
c) Pokemon

Georgina
I’m not sure about that – I can’t remember him being in Pokemon, so I’ll go for a) The Legend of Zelda.

Rob
OK, Georgina, we’ll find out if you’re right at the end of the programme. So, we established at the start of the programme that these days the video games industry is thriving.

Georgina
True – but it wasn’t always that way. It’s hard to imagine now, but in the 1980s the console market was struggling, particularly in the US.

Rob
Keza MacDonalds, video games editor for the Guardian newspaper, explains what was happening in the early 1980s. Here she is on BBC World Service programme You and Yours, speaking with Peter White.

Keza MacDonald
Well, back then, especially in America, there had been a flood of games that were just not very high quality. One of the games that’s often cited as a factor in the collapse was this game called ET on the Atari, which was so bad they ended up burying thousands of copies of it in the desert, because nobody liked it.

And, so we’d had that, especially in America, this didn’t happen so much in Europe, but in America just been lots and lots of software. None of it was all that great. There hadn’t been anything really revolutionary in some years, so the video game boom was really falling off a cliff and Nintendo is what rescued in the US especially.

Georgina
Keza MacDonald used the term a flood of – meaning a large number in a short period of time – to describe the number of games that were coming out.

Rob
She used cited, which means referenced or noted, when talking about the game ET being a reference for a factor in the collapse of the console market.

Georgina
And she said boom – a sudden period of growth. So as ET was mentioned as a factor in the collapse, many people say that Super Mario Bros. was the reason that video games really took off, especially in the US.

Rob
It’s interesting to consider what might have been if his creator, Shigeru Miyamoto, had never created that character. The question is, why is that game so popular, what made it so fun to play?

Georgina
Here is Keza Macdonald speaking again with Peter White, on BBC World Service programme, You and Yours, explaining why Mario is just so popular and what makes the original game so satisfying to play.

Keza MacDonald
It’s just such a joy to play. It’s running and jumping, and it’s the joy of movement. When, when you play, even the original Super Mario Bros, you just feel this sense of joy in your movement, and it’s one of the greatest games ever made. And a lot of games from 35 years ago are basically unplayable now. They might have been a step to something greater, but Mario was one of those few that really holds up today as it did then.

Rob
Keza Macdonald said that some games from 35 years ago are unplayable – so, not possible to play them.

Georgina
But she said that Mario holds up – a term used to say that something’s standards or quality has not lessened.

Rob
It certainly does hold up – in fact, I played it the other day and I had lots of fun with it – it reminded me of my childhood, and it’s still as good now as it was then.

Georgina
Which reminds me of your quiz question, Rob.

Rob
Yes, in my quiz question I asked Georgina which game had the first appearance of that famous plumber, Mario.

Georgina
I went for a) The Legend of Zelda.

Rob
Which is wrong, I’m afraid! Mario’s first appearance was in Donkey Kong, and his creator, Shigeru Miyamoto, never thought he would be that popular.

Georgina
Well, I guess we’ve all really learnt something today. Let’s recap the vocabulary from today’s programme about Super Mario, starting with iconic – famously associated with something and instantly recognisable.

Rob
Then we had a flood of which means a large amount of something in a short space of time.

Georgina
Cited means reference as or noted.

Rob
Boom relates to explosion and means a short period of sudden growth.

Georgina
Unplayable describes something that can’t be played or a game that is very difficult to enjoy.

Rob
And finally, holds up means that the quality or standards of something hasn’t changed and still looks good or plays well.

Georgina
That’s all for this programme.

Rob
Bye for now!

Georgina
Bye!

日本語訳

あまりお勧めできませんが、
話の流れを大枠でつかみたい方に
記載しています。

ロブ
こんにちは。これはBBCラーニングイングリッシュの6分間の英語です。ロブです。

ジョージナ
そして、私はジョージナです。

ロブ
さて、Georgina、あなたは最近、NFTについての 6 Minute English programmeで、あなたが若い頃にポケモンカードのコレクションを持っていたと述べました。

ジョージナ
はい–しましたが、まだ見つかりません。なぜその話を?

ロブ
ポケモンは、特にゲームソフトに始まり、そこからアニメ映画やトレーディングカード発展しました。このプログラムでは、アイコニックなゲームキャラクターについて話します。(アイコニックとは、広く知られ、認識されていることを意味する言葉です。)そのキャラクターの名前はスーパーマリオです。

ジョージナ
ああ、私は子供の頃、任天堂のスーパーマリオやライバルであるセガのソニックザヘッジホッグで何時間も遊びました。

ロブ
現在、ゲームはいたるところにあり、幅広い年代で楽しまれています。プロのゲーマーが競うeスポーツイベントもあります。

ジョージナ
はい。TwitchやYouTubeなどのプラットフォームに登場するストリーマーもあり、キャラクター自身が有名人になっています。

ロブ
有名な話ですが、このプログラムで話している有名なキャラクターについてのクイズです。多くの人がスーパーマリオブラザーズを私たちがマリオを見たのは初めてだと覚えています。しかしマリオ最初に登場したゲームは別のゲームでした–それはどのゲームでしょうか?
a)ゼルダの伝説
b)ドンキーコング
c)ポケモン

ジョージナ
よくわからないけど、ポケモンに居なかったと思うので、a)ゼルダの伝説にします。

ロブ
OK、Georgina、プログラムの最後に正解を発表します。冒頭で、最近ゲーム業界が繁栄していることを確認しました。

ジョージナ
確かに。でも低迷した時代もありました。今では想像しがたいことですが、1980年代、特に米国では、家庭用テレビゲーム市場が苦戦していました。

ロブ
ガーディアン紙のゲーム編集者であるKezaMacDonaldsは、1980年代初頭に何が起こっていたかを説明しています。ここでBBCワールドサービスプログラムYouand Yoursに参加しており、PeterWhiteとの会話を紹介します。

ケザ・マクドナルド
さて、当時、特にアメリカでは、あまり高品質ではないゲームが殺到していました。崩壊の要因としてよく引用されるゲームの1つは、アタリでETと呼ばれるこのゲームでした。これは非常に悪かったため、誰も気に入らなかったため、何千ものコピーを砂漠に埋めてしまいました。

そして、ヨーロッパではそれほど起こりませんでしたが、特にアメリカではソフトウェアがたくさんありました。どれも面白くなく、何年もの間、ヒットしたゲームがなく、ブームは本当に崖から落ちていました、そして任天堂は特に米国で救われたのです。

ジョージナ
Keza MacDonaldは、a flood ofという用語を使用しました。これは、”短期間の大量数”を意味し、出てくるゲームの数を表すために使用されました。

ロブ
ゲームETが家庭用ゲーム市場の崩壊の要因の引用であると話すときに、citedという用語を使用しました。

ジョージナ
そして彼女は”boom”と言いました–突発的で短期間の成長のことです。。崩壊の要因としてETのように、特に米国で、スーパーマリオブラザーズが家庭用ゲームが普及した理由であると言います。

ロブ
作成者である宮本茂がそのマリオを作成しなかったとしたら。そう考えるのは興味深いです。問題は、なぜそのゲームがとても人気があるのか​​、なぜプレイするのがとても楽しいのかということです。

ジョージナ
これは、BBCワールドサービスプログラムのYou andYoursでKezaMacdonaldがPeterWhiteと再び話し、マリオがとても人気がある理由と、元のゲームをプレイするのにとても満足している理由を説明しています。

ケザ・マクドナルド
遊ぶのはとても楽しいです。それは走ったりジャンプしたりしていて、動く面白さです。オリジナルのスーパーマリオブラザーズでさえ、プレイするとき、あなたは自分の動きにこの喜びの感覚を感じるだけであり、これまでに作られた最高のゲームの1つです。そして、35年前のゲームの多くは、基本的に現在はプレイできません。マリオは当時のように今でも日本で遊ばれている数少ないものの1つでした。

ロブ
Keza Macdonaldは、35年前のほとんどのゲームはプレイできないと述べました。

ジョージナ
しかし、彼女はマリオが今でも親しまれていると言いました。(”unplayable”–何かの基準や品質が低下していない。)

ロブ
それは確かに今も人気を維持しています。実際、先日遊んで、とても楽しかった。-子供の頃を思い出しました。今でも当時と同じくらい面白い。

ジョージナ
クイズに移りましょう、ロブ。

ロブ
はい、Georginaに、その有名な配管工であるマリオが最初に登場したゲームを尋ねました。

ジョージナ
私はa)ゼルダの伝説と答えました。

ロブ
残念だけど、不正解!マリオの初登場は「ドンキーコング」で、彼の作者である宮本茂は、マリオがそれほど人気になるとは思っていませんでした。

ジョージナ
ええ、今日は本当に学びが多かったですね。今日のスーパーマリオのプログラムの語彙を要約してみましょう。最初に”iconic” – すぐに発想される象徴的存在。

ロブ
それから”a flood of” – 短時間で大量の何か。

ジョージナ
“cited”とは、言及、参照、引用。

ロブ
”boom”は短期間の突発的、爆発的な成長。

ジョージナ
“unplayable”とは、今では遊べないものや、楽しむのが非常に難しいゲームのこと。

ロブ
そして最後に、”hold up”とは、何かの品質や基準が今も機能していること。

ジョージナ
このプログラムは以上です。

ロブ
またね!

ジョージナ
さよなら!

初期のマリオの姿

ドンキーコングに出てくるマリオは
こちらで見ることができます。

マリオブラザーズでのマリオ。

スポンサーリンク

Walkman: The music player revolution

昔、ソニーから発売されたWalkman。
今でいうiPhoneぐらいの衝撃はあったんじゃないかな。

Transcript

Neil
Hello. This is 6 Minute English from BBC Learning English. I’m Neil.

Georgina
And I’m Georgina.

Neil
Hello, Georgina. How are you today? Georgina? Georgina!

Georgina
Oh sorry, Neil, I didn’t hear you – I was listening to music on my headphones!

Neil
Ah, I see! Listening to music stored on your mobile phone or iPod when out on-the-move doesn’t seem like a big deal now, but the concept of personal portable music didn’t exist until 1979, when the Japanese electronics company, Sony, launched the Walkman.

Georgina
Years before iPods and MP3 downloads, the Sony Walkman was the first widely available portable music player. It revolutionised the way fans listened to their favourite bands.

Neil
In this programme, we’ll be taking a nostalgic look back at the 1980s and the birth of the Sony Walkman.

Georgina
And, of course, we’ll be learning some new vocabulary as well.

Neil
Now, it may not seem so revolutionary to young people nowadays, but back in the late 1970s portable music players were unheard of.

Georgina
The idea behind the Walkman was simple – a high-quality stereo cassette player, small enough to hold in your hand, allowing you to walk down the street listening to your own soundtrack.

Neil
They became so popular that by the time production of the Walkman ended in 2010, Sony had sold over 220 million machines worldwide. So, my quiz question is this: when the original Walkman model first went on sale in 1979, how much did it cost? Was it:
a) 50 dollars?,
b) 100 dollars?, or
c) 150 dollars?

Georgina
Things were a lot cheaper in 1979, Neil, so I’ll say b) 100 dollars.

Neil
OK, Georgina – we’ll find out later if that’s right. Now, the inspiration behind the Walkman came from Sony chairman, Akio Morita. He saw Japanese teenagers listening to heavy transistor radios carried on their shoulders and had a vision of a smaller stereo which could be held in the hand.

Georgina
However, few of Mr Morita’s colleagues had faith in his idea for a portable music player. Here’s Andrea Koppen, of Sony UK, speaking to the BBC in 1989, taken from the BBC World Service programme, Witness History.

Andrea Koppen
People were very sceptical – they couldn’t believe that people would want to walk around with headphones on and carry this cassette with them – and he actually laid his job on the line and said, ‘If it doesn’t take off, I will resign’… and they didn’t have much money at the time, so their advertising was very tight… and they decided to give it to students to try… and so people saw them on the trains, in campuses, in towns and the newspapers picked up on it immediately.

Neil
The Walkman was designed to be used with headphones – a pair of padded speakers worn over the ears so you can listen to music without other people hearing.

Georgina
Akio Morita was confident his stereo plus headphones idea would take off – suddenly start to be successful and popular.

Neil
In fact, he was so confident of success that he laid his job on the line – an idiom meaning to risk losing something important, such as your job or reputation.

Georgina
Luckily, he didn’t lose his job because many people started buying the new Walkmans, something the newspapers picked up on – noticed or gave particular attention to.

Neil
Morita’s idea was a massive success. Released at the start of the summer holidays for Japanese students, within 3 months the entire first run of 30 thousand Walkmans had sold out.

Georgina
Meanwhile, music lovers outside of Japan were desperately trying to get hold of the new machines. Among the first to buy one was music journalist, Tim Jarman.

Neil
Here he is speaking to Farhana Haider, for BBC World Service’s Witness History:

Farhana Haider
It was made available in the US in June 1980. The Walkman was especially popular with the 16 to 24 age group.

Tim Jarman
They thought it could be a niche product, that might not sell, but it really caught the public imagination in every market that it was offered in.

Georgina
When the Walkman was sold to the rest of the world and became popular with youngsters, people thought it was a niche product – something marketed for sale to a small, specific group.

Neil
But instead, people of all ages began wearing Walkmans to listen to their favourite music on the move, and the new invention caught the public imagination – an idiom meaning, made the public interested in or excited about something.

Georgina
Many put the Walkman’s success down to its perfect combination of sound quality, small size and affordable price.

Neil
But exactly how affordable, Georgina? Remember my quiz question?

Georgina
Yes, Neil. You asked how much the original Walkman cost when it came out in 1979.

Neil
What did you say?

Georgina
I thought it cost b) 100 dollars.

Neil
Well, Georgina, things were cheaper in 1979, but not that cheap – the actual price was c) 150 dollars.

Georgina
That’s around 530 dollars today!

Neil
In this programme, we’ve been looking back at the iconic Sony Walkman, the first portable stereo made up of a cassette player plus headphones – pairs of padded speakers worn over the ears.

Georgina
Sony chairman Akio Morita was so confident his invention would take off – become popular and successful – that he laid his job on the line. That means risked something important, like his job.

Neil
His colleagues at Sony worried the Walkman was a niche product – a product targeted for sale to a niche, or small and specific, market.

Georgina
But luckily for him, the Japanese newspapers picked up on his idea – noticed it and gave it particular attention. As a result, the Sony Walkman caught the public imagination – made the public excited and interesting in it.

Neil
That’s all for this programme. Until we meet again at 6 Minute English – happy listening!

Georgina
Happy listening!

日本語訳

あまりお勧めできませんが、
話の流れを大枠でつかみたい方に
記載しています。

ニール
こんにちは。これはBBCラーニングイングリッシュの6分間の英語です。ニールです。

ジョージナ
ジョージナです。

ニール
こんにちは、ジョージナ。今日は元気ですか?ジョージナ?ジョージナ!

ジョージナ
ごめんなさい、ニール、聞こえませんでした。ヘッドフォンで音楽を聴いていました。

ニール
え、そうなの!移動中に携帯電話やiPodに保存されている音楽を聴くことは今では大したことではないように思われますが、パーソナルポータブルミュージックの概念は、日本の電子機器会社であるソニーが発足した1979年まで存在しませんでした。それがウォークマンです。

ジョージナ
iPodやMP3をダウンロードする何年も前に、ソニーウォークマンは最初の広く利用可能なポータブルミュージックプレーヤーでした。それはファンが彼らの好きなバンドを聞く方法に革命をもたらしました。

ニール
このプログラムでは、1980年代とソニーウォークマンの誕生を懐かしく振り返ります。

ジョージナ
そしてもちろん、新しい語彙も学びます。

ニール
さて、今日の若者にはそれほど革命的ではないように思われるかもしれませんが、1970年代後半には、ポータブルミュージックプレーヤーは前代未聞でした。

ジョージナ
ウォークマンの背後にある考え方はシンプルでした。高品質のステレオカセットプレーヤーで、手に持つことができるほど小さいので、自分のサウンドトラックを聴きながら通りを歩くことができます。

ニール
それらは非常に人気があり、ウォークマンの生産が2010年に終了するまでに、ソニーは世界中で2億2,000万台以上のマシンを販売していました。だから、私のクイズの質問はこれです:オリジナルのウォークマンモデルが1979年に最初に発売されたとき、それはどれくらいの費用がかかりましたか?それでした:
a)50ドル?、
b)100ドル?、または
c)150ドル?

ジョージナ
1979年、ニールは物事がずっと安かったので、b)100ドルと言います。

ニール
OK、Georgina –それが正しいかどうかは後でわかります。さて、ウォークマンの背後にあるインスピレーションは、ソニーの盛田昭夫会長から来ました。彼は日本のティーンエイジャーが彼らの肩に運ばれる重いトランジスタラジオを聞いているのを見て、手に持つことができるより小さなステレオのビジョンを持っていました。

ジョージナ
しかし、森田氏の同僚の中には、携帯音楽プレーヤーのアイデアを信じている人はほとんどいませんでした。こちらが、1989年にBBCワールドサービスプログラムのWitnessHistoryから抜粋したSonyUKのAndreaKoppenです。

アンドレア・コッペン
人々は非常に懐疑的でした-人々がヘッドフォンをつけて歩き回ってこのカセットを持って行きたいと思うとは信じられませんでした-そして彼は実際に仕事をして、「それがうまくいかなければ、私は辞任する…そして当時彼らはあまりお金を持っていなかったので、彼らの広告は非常にタイトでした…そして彼らはそれを学生に試してみることにしました…そして人々は電車、キャンパス、町や新聞で彼らを見ましたすぐにそれを拾いました。

ニール
ウォークマンはヘッドホンで使用するように設計されています。耳に装着するパッド入りスピーカーのペアで、他の人に聞こえることなく音楽を聴くことができます。

ジョージナ
盛田昭夫は、ステレオとヘッドフォンのアイデアがうまくいくと確信していました。突然、成功し、人気を博し始めました。

ニール
実際、彼は成功に自信を持っていたので、仕事を任せました。これは、仕事や評判などの重要な何かを失うリスクを冒すことを意味するイディオムです。

ジョージナ
幸いなことに、多くの人が新しいウォークマンを購入し始めたので、彼は仕事を失うことはありませんでした。新聞が取り上げたもので、気づいたり、特に注目したりしました。

ニール
森田のアイデアは大成功でした。日本人学生向けの夏休みの初めに発売され、3ヶ月以内に3万台のウォークマンが完売しました。

ジョージナ
その間、日本国外の音楽愛好家は必死になって新しいマシンを手に入れようとしていました。最初に購入したのは、音楽ジャーナリストのティム・ジャーマンでした。

ニール
ここで彼は、BBCワールドサービスの証人の歴史について、ファーハナハイダーと話している。

ファーハナハイダー
1980年6月にアメリカで発売されました。ウォークマンは16歳から24歳のグループに特に人気がありました。

ティム・ジャーマン
彼らはそれが売れないかもしれないニッチな製品であるかもしれないと思った、しかしそれはそれが提供されたすべての市場で本当に世間の想像力を捕らえた。

ジョージナ
ウォークマンが世界中に販売され、若者に人気が出たとき、人々はそれがニッチな製品であると考えました。これは、小さな特定のグループに販売するために販売されたものです。

ニール
しかし、代わりに、すべての年齢の人々が移動中にお気に入りの音楽を聴くためにウォークマンを着用し始め、新しい発明は一般の想像力を捕らえました-イディオムの意味は、一般の人々を何かに興味を持ったり興奮させたりしました。

ジョージナ
多くの人がウォークマンの成功を、音質、小型サイズ、手頃な価格の完璧な組み合わせに落とし込んでいます。

ニール
しかし、Georgina、正確にどれほど手頃な価格ですか?クイズの質問を覚えていますか?

ジョージナ
はい、ニール。 1979年に発売されたときのオリジナルウォークマンの値段を聞いてみました。

ニール
何って言ったの?

ジョージナ
b)100ドルかかると思いました。

ニール
ええと、Georgina、物事は1979年に安くなりましたが、それほど安くはありませんでした–実際の価格はc)150ドルでした。

ジョージナ
今日は約530ドルです!

ニール
このプログラムでは、象徴的なソニーウォークマンを振り返りました。これは、カセットプレーヤーとヘッドホンで構成された最初のポータブルステレオで、耳に装着されたパッド入りスピーカーのペアです。

ジョージナ
ソニーの盛田昭夫会長は、彼の発明が成功し、人気を博し、成功することを確信していたので、彼は仕事を始めました。 それは彼の仕事のような重要な何かを危険にさらしたことを意味します。

ニール
ソニーの彼の同僚は、ウォークマンがニッチな製品、つまりニッチな、または小さくて特定の市場への販売を目的とした製品であると心配していました。

ジョージナ
しかし、彼にとって幸運なことに、日本の新聞は彼のアイデアを取り上げ、それに気づき、特に注目を集めました。 その結果、ソニーのウォークマンは大衆の想像力をかき立て、大衆を興奮させ、面白くしました。

ニール
このプログラムは以上です。 6分間の英語でまた会うまで–聞いて幸せです!

ジョージナ
ハッピーリスニング!

ウォークマンの歴史を知る

スポンサーリンク

How do you learn to speak a language?

スポンサーリンク

Video Words in the News: Sumo in decline

スポンサーリンク

Olympics: Tokyo too hot for athletes?

スポンサーリンク

Does Japan’s hunt for whales have a scientific purpose?

スポンサーリンク
シェアする
DMR-300GLをフォローする
よせあつめ
タイトルとURLをコピーしました