マーケティング初心者におすすめの本+α

書評

マーケティングとはいったい何でしょうか?

Wikipediaによると
「顧客のニーズを解明し、
顧客価値を生み出すための
経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。」
と記されています。

言い換えると
「人々が何を欲しているか調べ、
それを供給するシステムを作ること」

もっと簡単に言うと

「売れる『モノ』を見いだし、『システム』を作ること」

と言えます。

ビジネスをやっていくうえで、
マーケティングは重要な役割を果たします。
そんな時に役に立つのがマーケティングの本です。

しかし、その数が多すぎて
初心者にはどれを選んでいいか見当もつかない。
そして、マーケティングの「良書」「名著」を知りたくて
みなさまはこのページにたどり着いたのだと思います。

特筆すべき特徴もない普通のおじさんですが
初心者向けのおすすめマーケティング本を厳選しました。

「マーケティングの専門家」が執筆した
「初心者向け」の本なので
小難しい説明や分かりにくい表現もなく
どれもわかりやすくまとまっています。

サクサクと読み進めていける本ばかりです。

あなたに合った最初の一冊が見つかります。

スポンサーリンク

こんな方におすすめ

  • 世間の人々のニーズをつかめず困っている方
  • マーケティングを学びたいけど何をすればいいのか分からない方
  • マーケティングはどのように活かせるのか?と疑問に感じている方

初心者におすすめのマーケティング本5選

ドリルを売るには穴を売れ

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

本を選ぶポイント

 

口コミの評価が一番参考になる分野です。

なぜなら「マーケティングのプロ」が「初心者向け」に書いているので
初心者に分かりやすいという評価を得られていなければ
「マーケティングのプロ」というあり方と矛盾してしまうからです。

一般論として口コミの評価が全てではないですが、
世間一般の人がどう感じたかが特に重要になります。

世間一般の人たちの悩みを解決したり
喜ばせたりするところを見つけるお仕事なので
読みやすいポイントをお話しています。
(なかなか大変なお仕事です。)

マーケティングの仕事じゃないから関係ないという方へ

個人の生活でも必須の知識と確信しています。
その最たる例が婚活と就活です。

例えば婚活の場合

セグメンテーションとターゲットを決める場合に、

結婚願望が強い年齢層がどこなのか
同じ独身女性でも
19歳と42歳では
結婚相手に求めるものが大きく違います。

若い10代はルックスやキャラも大きな判断基準かもしれない。
しかし、40代になれば相手の年収や職業の方が大切になるかもしれない。

そもそも10代は恋愛願望は強くても結婚願望は強くないかもしれない。

また女性が子持ちならば
子供との相性や
子供の生活費の面倒が見れるのか
という点も考えなくてはならない。

どの年齢層にターゲットを決めるのか?
自分と同年代か?若い世代か?
子供連れもOKか?

冗談で言っているのではなく
真面目に考えてほしいところです。

出会えない方や付き合えない方には
死活問題のはずです。

今度は別の切り口で考えて
出会う場所で分けるとします。

  • 職場
  • 友人の紹介
  • 婚活パーティ
  • 路上ナンパ

例えばこんな感じです。

職場は人柄が先に分かっているので
信頼が得られればアプローチはしやすい。

友人の紹介も
友人がこの人なら斡旋してもOKか、
と考えていると思われるので
ある一定の人間性のレベル
(礼儀作法、第一印象、言葉遣い、清潔感など)を
確保していることが重要になる。
(ヤバい感じになっていなければ大丈夫です)

婚活パーティになるとスペック重視の傾向が高まります。
具体的なことはご想像できると思われます。

路上ナンパは飛び込み営業と同じぐらい
難易度は高い。
ただ出会ってから
振られるまでの時間も短いので
たくさん出会う機会があります。
出会ってから付き合うまでの信頼構築が大変です。
そして強いメンタルが必須です。

こうやって見ると
自分がどのセグメントを
ターゲットとするか
自分自身の個性や性格、状況を元に
戦略を立てられるのではないでしょうか。

就活も似たような部分が多いので
割愛します。

残念ながら義務教育でマーケティングを教わることはない

これが意味するところは格差、
つまりマーケティングを活用している人と
まったくマーケティングという概念すら知らない人が
同じ世界に混在していることを意味します。

まことに言いにくいのですが
ルックスがよくても、
学歴が高くても、
結婚、内定に至らない方がいらっしゃいます。
(最初から、結婚するつもりがない方、
就職するつもりがない方は別です)

また、なんでこんな人が…という人が
結婚や内定を獲得していたりします。
現実は冷酷で淡々としています。

やみくもに何の戦略もなく
もしくは待っているだけでは
結果を得ることができない現実があります。

だからこそ異性の求めている価値を知り、
それを提供できる自分を
認知してもらう必要があります。
そのために行うのがマーケティングです。

マーケティングの重要性と必要性が
ご理解いただけましたら幸いです。

まとめ

  • ドリルを売るには穴を売れ
  • USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門
  • 魔法のコンパス 道なき道の歩き方
  • マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
  • ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

これらの書籍を読んでいただくことで
願望を叶えるためには
どこのだれに何の価値を提供するか
ということを緻密に考える重要性が
ご理解いただけるのではないでしょうか。

一人でも多くの方に
マーケティングの重要性も
ご理解いただければ
世の中がもっと良くなることを感じています。

タイトルとURLをコピーしました