ぼくの満洲―マンガ【徹底レビュー】

動画レビュー

太平洋戦争、日中関係、満州

日本の歴史、中国との関係を語る上で
外せない出来事です。
今の日中関係にも影響はもちろんあり、
その背景を知ることが
たとえ小さくても両国の理解の一歩となると思います。

この記事では、かつて存在した満州国の様子を知ることができる

ぼくの満洲

という本の紹介します。

こんな方におすすめ

  • 戦争中のリアルな状況を知りたい方
  • 中国と日本の関係を知りたい方
  • 戦争体験の話を知りたい方
スポンサーリンク

この本の内容

一言でいうと何?

配線前後の満州の生活記録を残した本

満州の奉天に暮らす幼少期(6歳前後)の森田拳次氏と家族を舞台に
日本人、中国人との交流や人間関係、
戦況悪化、敗戦による本土の帰国までの様子を描いた漫画です。

漫画のほかにも、当時、満州に暮らしていた方からの
手記がたくさん乗せられています。
当時の様子がリアルに語られています。

  • 「中国人の子供と遊ぶな」という日本人
  • 満州・奉天の街の様子
  • 赤紙令状
  • 戦況悪化・敗戦
  • 子供を手放す
  • ソ連兵の連れ去り
  • 過酷な帰国旅

またマンガだけでなく、
当時、満州で暮らしていた方々の手記が
たくさん載せられています。
当時の満州、日本政府、中国などの
世界の情勢が細かく描写されています。

著者・森田拳次氏の経歴

他の著書

丸出だめ夫―オリジナル版 (1)

まんがでべんきょう 野口英世

モリケンのマンガの描き方教室―楽しく読んでマンガが描ける

レビューの評価

1999年出版のためか、
Amazonにも読書メーターにもレビューが見当たりませんでした。
そこでTwitterでぼくの満州について語られているツイートを集めてみました。

自分に起きた変化

子供の時、感じていたこと

私が子供のころから映画やドラマ、本などで
大人たちは必至で戦争の体験を伝えようとしてくれていました。

ネガティブな体験ということはもちろん
子供心にわかっているのですが、
「戦争を知らない子供」ですので
リアルに空襲や命を落とすかもしれない
危険性までは当時は感じ取れませんでした。

そういうことがあったんだな
という第三者的な目線でした。

大人になってリアルに感じ取れるようになったこと

また当時は男たちが戦場に駆り出される
という状況もあって、
地域や職場などのコミュニティは相当に
ギスギスしていたことと想像します。

大人の人間関係のストレスがわかる年齢になり
この戦争という状態が
いかに大変な状況であったか
というのが考えただけでも恐ろしいです。

今の時代の価値観で比べてしまうと
想像もつかないぐらいの状況です。

戦争の手記も人類にとって
ネガティブではありますが体験です。

この体験をどのように咀嚼するか
それぞれの心の中にしまっておいていただければと思います。

他書のおすすめ

ボクの満州―漫画家たちの敗戦体験

ぼくらが出合った戦争―漫画家の中国引揚げ行

ひねもすのたり日記(1)

タイトルとURLをコピーしました