なかじ

【ウェブ職TV / なかじ】なかじさんがおすすめする超特化ブログ【SEO対策】

なかじ

ブログの世界では
大企業や組織の公式ブログが
優先されて上位に表示されるため
いくら個人ブログが頑張っても
かなう相手ではありません。

ではどうすればいいのでしょうか?
個人ブロガーはもうお手上げ状態なのでしょうか?

「ウェブ職TV / なかじ」のなかじさんが提案しているのは
「超特化ブログ」を作ることです。

今回は

ブログ初心者が稼ぎたければ、超特化ブログを作れ【雑記、特化では稼げません】

という動画を紹介します。

この動画を見れば
企業や組織のブログに立ち向かうには超特化ブログしかない
ということがよくわかります。

まずは個人ブロガーが陥りがちな
無計画にいろんなジャンルを執筆する
雑記ブログからの脱却を計りましょう。

なかじさんがどんな方か知りたい方はこちらへ

ウェブ職TV / なかじ
このチャンネルではブログ、アフィリエイト、ビジネス、プログラミング、Webサービス開発などの話題を中心にウェブ業界の最新動向を発信しています。 人工知能(AI)の進化により消えていく業界が多いと言われる中、これから数十年ウェブ業界はまだまだ伸び続けるはずです。 2005年にウェブ業界に飛び込んで15年間、私自身も様...

記事の内容について

当ブログとしましては

  • ウェブ職TVの認知度アップ
  • ウェブ職TVへの橋渡し
  • ウェブ職TVの有益なコンテンツを広める

という目的で発信しています。

そのために具体的な方法として

  • 動画の内容説明
  • 動画をおすすめしたいセグメントの提示
  • 発信者のプロフィールや発信媒体のリンクの明示
  • 執筆した私の感想、見解、意見

などをお伝えしています。

この動画は次のような方にオススメ

  • すぐにジャンルを広げてしまう
  • 思考停止でいたずらに記事数を増やしてしまう
  • 質の高い記事を書きたい
スポンサーリンク

超特化ブログのすすめ

ブログ初心者は超特化ブログを作れ

このなかじさんの動画でわかること

  • 初心者はとにかく超特化した内容で攻めろ!
  • 超特化するためには特定の分野の勉強量が重要
  • 企業や組織のサイトは超特化ブログは作れない

この動画のまとめ

収益化を目指す人に雑記ブログはおすすめしない
収益化を目指すなら特化ブログ一択

特化ブログの例

  • 子育て
  • 結婚
  • 英語
  • 不動産
  • ダイエット

このような特化ブログを作っている人も多い

最近では特化ブログでも上手くいかないことが多い。
理由は大敵企業の参入。

結婚特化ブログを作ったとしても
ゼクシィとは戦えない。

個人のブログより誰だって
ゼクシィのブログを参考にしたい
と考えるはず。

たしかに…
ゼクシィより
どこの誰かわからない人の
情報を優先することはありえない。

信頼性も資金も人材も
違い過ぎて勝負にならない。

そこで初心者には
「超特化ブログ」を作ることをオススメする。

なかじさん曰く
「これが2020年以降の
スタンダードになると考えている」

雑記ブログや今までの特化ブログのような
3年前のやり方や考え方を
実践しないように注意してください。

「雑記ブログをやっている」
「特化ブログで100記事以上書いても
全く結果が出ない…」
そんな方向けの動画です。

このブログはまだ世に知られていない
有益なYouTubeチャンネルを紹介する
「超特化ブログ」だね

扱う分野が
数学、歴史、ゲーム、自己啓発と
いろんなジャンルに手を出しているから
普通の雑記ブログよ

えっ!!

雑記ブログを作るな

雑記ブログをやっている初心者が多い。
なかじさんは「絶対におすすめしない」。

特に2020年以降に雑記ブログをやるのはおすすめしない。
理由は雑記ブログでお金を稼ぐのは難しいから。

雑記ブログでよく言われること

雑記内で3〜5つにジャンルを絞れ‼︎
伸びたジャンルに注力しろ‼︎

このやり方を聞いて
実践している人も多いはず

しかし、この方法は収益化を
目的とした話なら効率が悪すぎる。

えっ!そうなの!

ほとんどの人が収益化までいかないはず。

この方法は3年前なら通用した。
しかし、2020年は通用しない。

実際にやっている人が一番感じているはず。
必死に記事を書いて上がっていませんよね?

収益化目的なら雑記では難しい

いや〜、弊ブログは、
個々のYouTuberに焦点を当てた
超特化したブログでして…
決して雑記と言うわけでは…

苦しい弁明ね。
賢人の言うことは
素直に聞いた方がいいわよ。

雑記ブログと特化ブログ

雑記と特化の100記事は
意味合いが全く違う。

雑記で5ジャンルで合計100記事書いた。
特化で1ジャンルで合計100記事書いた。

後者ならSEOで上がる可能性がある。
前者はSEOではあがらない。

それは雑記ブログが1つのジャンルでは20記事しか
書いていないから。

特化ブログで100記事書いても
上がらない人はたくさんいる。

雑記の中の1記事で20記事書いたぐらいでは上がらない。

数年前に雑記を始めて
うまくいった人を参考にしたらダメ

ブログをやるならやり方や考え方も
アップデートしてください。

数年前のやりかたでは通用しない

初心者は引き算しろ

先日、引き算思考の動画を公開した。

初心者はジャンルや記事数を増やしたがる

うっ!

しかし、それだと結果的に上手くいかないことが多い。

今回強調したいのは
ジャンルやコンセプトを絞る重要性
ジャンルやコンセプトを広げると
必要な記事数が増える。

それは初心者にとって
大きな障害になる。

大規模なブログを運営するのは
非常に難しいです。

超特化ブログ

なかじさんは最近は
「ジャンルやコンセプトを狭く深くしろとよく言っている」

すでに特化ブログをやっているから
自分には関係ない。
そう思っている人もいるはず。
一般的な特化ブログでも
コンセプトが大きすぎると思っている。

特化ブログの例

  • 子育て
  • 結婚
  • 英語
  • 不動産
  • ダイエット

こういう特化ブログをやっている人が多い。
これだと扱うテーマが広すぎる。

これらはどれも上手くいけば
月数百万円以上の売り上げを狙えるもの。

月数万円を目指す初心者が扱うものじゃない。

ちゃんとやるなら
サイト設計、KW選定、記事設計が必要になる。
ブログ運営に知識、技術、経験が求められる。

そんな大きなブログ運営を
初心者ができるわけがない。

だからみんな失敗する。

 

特化ブログでももっと絞らないとダメ。
というか絞る方が絶対に本人も楽。

コンセプトを絞れば
少ない記事数でブログが成立するから。
記事を書くのも楽。

これからは特化ブログではなく
超特化ブログを作ってください。

コンセプトを絞った”超”特化ブログ

記事数は必要ない

記事数とSEOは無関係です。

300記事の低品質な記事
30記事の高品質な記事

SEOで評価されるのは後者。

低品質な記事を何百記事書いても
SEOでは評価されない。

記事数はドメインパワーに影響しませんか?

そんな質問をされることがある。

ドメインパワーにおいて
プラスになるのは高品質な記事だけ。

低品質な記事が増えるほど
SEOにはマイナス。

クローラーが巡回しにくくなるから

月数万円程度なら
50記事以下で十分。

むしろそれ以上に記事を増やしてしまうと
失敗する確率が上がる。

50記事の質をどこまで上げられるかが重要。

記事の質を高めるために
最初は記事数を目安にしてもOK

しかし、いつまでたっても
記事数しか頭にない人が多いから
注意してください。

低品質な記事はSEOでマイナス

超特化ブログの例

2020年以降にブログで稼ぎたい初心者には
超特化ブログをオススメする。

雑記ブログや一般的な特化ブログで
稼げたのは2〜3年前の話。

今からそのやり方をしても
稼ぐことは難しい。

実際に稼げていない人がたくさんいるし
あなたもその一人じゃないですか?

ここからは超特化ブログの例を解説します。

今回はサッカーというジャンルを例に解説します。

特化ブログではサッカーというジャンルでブログを作る。

さっきも解説したようにこのやり方だと
ほとんどの人が失敗する。

それは最低でも数百記事はないと
成立しないブログだから。

サッカーの専門書は山のように
販売されている。
そのくらい必要な情報があるということ。

サッカーの悩みを本当に解決しようと思えば
数十記事程度ではどうにもならない。

思いつきで記事を書いて
どうこうなるものじゃない。

例えばブログ内では
次のようなカテゴリーが必要になります。

  • ドリブル
  • パス
  • シュート
  • ヘディング
  • ウォーミングアップ

ブログ全体でどんな記事がどのぐらいの数必要で
内部リンクがどうなっているのか。

さらに全記事の検索順位をチェックして
定期的に記事を修正する必要がある。

そんなことをサッカーという
広いジャンルのブログで
初心者ができるわけない。

でも、やらないと稼げない。

ジャンルやコンセプトを広げると
自分が大変になることに
気づいてください。

超特化ブログでは
特化ブログの中でも
さらにコンセプトを絞りましょう。

ジャンルが多いと
記事の管理が大変。

ドリブルだけに特化

サッカーの中でも
ドリブルだけに特化したブログ

こういう超特化ブログを作ります。

ドリブルに悩む人がなら
そんなブログがあったら読みたいはず。

サッカー全般を解説したブログ
ドリブルだけに特化して解説したブログ

ドリブルに真剣に悩む人は
後者を読みたいはず。

超特化にすれば
必要な記事数を減らすことができる。

サッカー全般を扱ったブログで100記事

これは読まなくても
内容の薄いブログ。

サッカーのように広いテーマを
100記事では解説できない。

それがドリブルだけを扱ったブログで50記事

相当専門的なことまで書ける。

記事数は半分になったのに
提供する価値は大きくなる。

必要な記事数も減るから
まとめ記事や記事群も考えやすくなる。

ジャンルを絞れば
専門性が上がり読者満足度も上がる。

結果的にSEOで
上位表示することにつながる

ジャンルを絞ることにはメリットしかない。

提供できる価値

大きなテーマだと読者に価値を感じてもらいにくい。

それは記事数がないと
内容が薄いブログになるから。

例えば、結婚をテーマにした特化ブログ
読者はこういうブログにはほとんど価値を感じない。
なぜならゼクシィなどの超大手がいるから。

結婚に関する情報を知りたければ
ゼクシィを見る方がいい。

信頼できるしお金をかけて
コンテンツも作られている。

お金もノウハウも人材も豊富な超大手

一方、匿名の個人

コンテンツの量も質も
ブランディングも勝負にならない。

そこで勝負を挑んでも勝てるわけがない。

大きなジャンルでの情報発信は
資本力のある企業に任せましょう。

個人ブログで稼ぎたいなら
超特化で一点突破するしかない。

大きなジャンルでは大手企業に勝てない

結婚式費用に特化

例えば結婚ではなく
結婚式費用の超特化ブログ

結婚式費用に悩んでいる人はたくさんいる

ゼクシィも結婚式費用だけを
そこまで深掘りできない。

結婚全般を広く扱わないといけないから。

超特化でごく一部のジャンルなら
個人でも勝ち目が出てくる

結婚式費用の悩みを
どこよりもわかりやすく網羅的に解説する。

価値を感じてくれる人は
確実にいるはず。

結婚全般では勝負にならなくても
超特化にすれば
そこだけで勝つことは可能

個人が勝とうと思えば狭い範囲で
読者に寄り添うコンテンツを作りましょう。

超特化ブログを作った後

超特化ブログを作ったら
記事の質を徹底的に高める

記事を書く

検索順位をチェックする

記事を修正する

記事を書く

(以下繰り返し)

これを全記事で徹底的に繰り返してください。

こうすることで狭いジャンルだけど
SEOで上位表示を狙える。

ある程度、SEOで上位表示できたら
同じブログ内で横展開しましょう。

横展開するのが早すぎるのよ

ドリブル特化ブログだったら
次はシュートに広げる。

超特化ブログを
少しずつ広げていくイメージ

これを繰り返すことで
専門性も読者満足度も高いブログを
作ることができる。

最終的にはサッカーという
広いジャンルでの上位表示も目指せる

最初から大きな特化ブログを作ろうとすると
初心者は確実に失敗する

小さな超特化ブログを作れないのに
それより大きな特化ブログを作れるわけがないから

今のブログやSEOの根底にあるのは
読者満足度の高いブログ作り

読者満足度の高いブログ作りを
作れない限り
SEOでは上位表示できない。

まともな超特化ブログを作れなければ
その先はない

ジャンルを広げても難しくなるだけ。

「ひたすら記事を書く」
これを思考停止で繰り返す人が多い。

このやり方で失敗している人がほとんど。

記事数が重視される時代は
完全に終わっているので注意してください。

超特化で成果が出たら横展開する

感想

何かを捨てる決断が一番難しい

何かを始める決断はそれほど難しくないです。
期待感100%で、オプションが増えると
基本的にはポジティブな未来を想像しがちです。

しかし、新しいオプションが増えること自体に
勝手な期待を抱いていることがほとんどなので
オプションが増えただけで満足してしまう。
つまり品質はどうしても甘くなります。

これがいたずらに記事が増えてしまう
心理ではないかと思います。

書く内容を絞ると言うことは
書かない内容を決断すると言うこと。

書かない内容を決めるのに
うだうだと先送りしてしまう。

自分の選択が間違っていたり
失敗して徒労に終わったり、
後戻りすることを遅れてしまうから
そう言う発想になります。

これはある種、人間の防衛本能として
仕方がない部分です。
だからこそ勇気を持って決断し
失敗する経験も積んでおくことが重要です。

人が成長するのは
挫折した時、失恋した時、仲間外れにされた時などで
その時、はじめて自分を省みたりするものです。

だから失敗はして当たり前
と言う発想で動くことが重要です。

ブログでも勇気を持って
「失敗する前提で」記事の内容を絞っていきましょう。
失敗しないというのは、
「失恋をせずに、初恋の相手と
何がなんでも結婚まで至らないといけない」
ということに他ならないのです。
無理がありますよね。

それでも、絞れないと言う方へ

とはいえ、ジャンルを絞ることができない
と言う方もいると思います。

私も最初はジャンルを絞らず、
雑記ブログとして
ネタとして思い浮かんだ記事を
ひたすら書き続けました。

書き続けてわかったことは

  • いろんな種類の記事を書くことで
    このジャンルは自分の土俵じゃないとわかる。
  • 面倒だけど最後まで書き終えることができる
    ジャンルや切り口がわかる。

このような部分が浮き彫りになっていくことがわかりました。

私もいきなり今のジャンルの記事を書いたわけではなく
紆余曲折を経て、このジャンルと切り口なら
最後まで頑張れるな
と気づいた時からです。

そのような試行錯誤の時期があってもいいと思います。

その上で最終的に超特化ブログを目指していく
という道のりもあってもいいと思っています。

いつまでも同じ場所にいてはだめよ

スポンサーリンク

こちらの動画もおすすめ

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル「ウェブ職TV / なかじ」に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「ウェブ職TV / なかじ」でご覧いただけます。

なかじさん 関連記事

SEO対策

超特化ブログ

文章の書き方

公式ページなど

運営ブログ

無料メール講座

YouTube

Twitter

himalaya

stand.fm

スポンサーリンク
時給1,060円で穏やかに暮らす
タイトルとURLをコピーしました