困難に立ち向かう!絶望の藩を復興した「上杉鷹山」を学べるおすすめ動画

動画レビュー

上杉鷹山という人物をご存知でしょうか?
上杉鷹山は17歳で米沢藩の藩主になった人物です。
藩主というとサクセスストーリーのように聞こえますが、
とんでもない試練と困難が待ち受けています。

生きていればさまざまな困難に遭います。
そんなときに、社会や世間を恨んだり、
自暴自棄になったり、
悪態をつくこともあるでしょう。
しかし、上杉鷹山は地道に行動していきます。

この記事では上杉鷹山を学べるおすすめ動画を紹介します。

スポンサーリンク

上杉鷹山を学べるおすすめ動画

上杉鷹山の半生を知る

【上杉鷹山】人を惹きつけ、成功へと導くリーダーシップとは

上杉鷹山の基本情報はこの動画で押さえましょう。
17歳でいきなり藩主となったのですが、
死ぬまで困難に次ぐ困難に立ち向かい、
ケネディ大統領からも尊敬する日本人として名があげられています。

上杉鷹山への愛と尊敬が伝わってきます。

立ちはだかる困難の数がけた違い

【ゆっくり解説】上杉鷹山【偉人列伝】

上杉鷹山のエピソードが豊富に語られています。
一番半生を詳しく説明しています。

上杉鷹山の有名な言葉です。

為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり

「出来そうもないことも頑張れば必ず達成できる。
出来ないのはその人の頑張りが足りないからだ」
という意味と理解しています。

多額の借金を抱えた状態での藩主就任、
腐りきった藩政、側近の裏切り、
飢饉により民のために復興を行う、
この方の半生を知ると、為せば成る…の言葉の重みたるや
想像を絶するレベルです。

この方の人を動かす能力というのは桁が違う。
自ら手足を動かして、改革に取り組む姿は胸が熱くなります。

会社経営者にとっての上杉鷹山

働き一両、考え五両、知恵借り十両★上杉鷹山

会社の立て直しという視点から、上杉鷹山の半生を語っています。

働き一両
考え五両
知恵借り十両

こちらも上杉鷹山の言葉です。
「普通の労働が一両の価値とすれば
考えて働く人は五両の価値、
自分で考え自分で動くようになると十両(労働者の10倍)の価値がある」
という意味です。

米沢藩の2万8000両の赤字を解消するために
どんなことを行ったか。
会社がつぶれそうな経営者にとって
参考にするべき部分がある、
というのがこの動画の趣旨であるといえます。

まとめ

一般にはあまり知られていない人物だと思います。

こういう人物が実際にいたことはもっと知ってもらえたらと思います。
もちろん、新紙幣に採用されたけど、名前だけが独り歩きするのではなく、
ちゃんと半生や偉業などもセットで知ってもらいたいなと
個人的には思います。

民のために働き続けた上杉鷹山ですが、
決して自分を犠牲にして、人のために働いたのではなく、
自分の幸せのためにも、民の幸せのためにも働いた人物だと思います。
自分が心の傷を負っているのに、治療をしないで
他者を助けることができるのでしょうか。
自分の心の在り方に誓いを立てた上杉鷹山は
その通りの生き方を貫いています。

困難に立ち向かわなければならないとき、
上杉鷹山の生き方は大きな指針になると思うのです。

さらに知りたい方はこちらの小説版もございます。

タイトルとURLをコピーしました