スポンサーリンク

【写真術】モノクロ写真で撮ると芸術表現力がアップする【感性・クリエイティブ】

写真術

こんにちは。凛々です。

スマホや一眼レフカメラで撮るとき
ほとんどの写真はカラーで撮るのではないでしょうか?

スポンサーリンク

モノクロ写真で撮ってみよう

スマホでもモード切り替えは簡単にできます。
一眼レフでも設定画面で切り替えられます。

街で写真を撮るなら一度は挑戦してみることをお勧めします。

カラーで撮ってモノクロでもいいですが、
最初からモノクロで撮ることをお勧めします。

これまで写真を撮っていたときには感じなかった感性が磨かれます。

なんか芸術っぽくなる

モノクロ写真を撮ったのがこちらです。

ちなみにこのカラー写真はこちらです。

 

余談ですが、RAWという形式で撮影したため、
カラー情報も残したまま、モノクロ撮影ができました。

カラーだとなんの変哲もない写真です。

ですがモノクロだと

なんか急に芸術っぽく感じませんか?

想像をモノクロは想像をかき立てる

カラー情報がない分、写真を目で見た後に、
脳でカラーの情報を補おうとします。

さらに、脳はこの写真の意味や目的まで深読みしようとします。
撮影者は何を伝えようとしていたのか。
どのような意図を狙っていたのか。

普通のカラー写真ではよほどインパクトのある写真を撮らない限り
そこまで思ってくれませんが、表現を変えるだけで、
何か意味のあるものなのでは?
と見た人の脳が考えてくれるようになるのです。

情報が欠如した分、脳がそれを補おうとする、
ということではないか。
とにかく脳は賢いのでいろんなことを考えてくれます。

街に出て撮ってみよう

ぜひ街に出て撮ってみることをお勧めします。
いつもとは違う写真を撮ることができます。

おすすめの撮影スポットは

  • 谷中銀座
  • 銀座・有楽町
  • 鎌倉

です。

人混みの様子やメリハリがはっきりしているので、
モノクロで撮ると、とても映えます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました