頭の中で考えている通りの世界観が実現する

未分類

先日、このようなツイートをしました。

このツイートをさらに深掘りしていきます。

スポンサーリンク

実は人は感情を意図的に選んでいる

感情に振り回される
という言い方がありますが、
人は実は感情を自分で選択しています。

嫌われる勇気」という本の中にも
この一例が載っています。

簡単に説明すると
母親と娘が喧嘩していて
怒りの感情の最中に
母親の元に電話がかかってきました。

電話をとった母親は
冷静に会話をし、
電話を切ると
また喧嘩をしている娘に対して
怒りの感情が起こりました。

つまり母親は
状況に合わせて感情を選択していた
という話です。

だからあなたが
怒ったり
泣いたり
笑ったり
しているのも
実はその場の状況に合わせて
その感情を選択している
ということになります。

裏を返せば
怒りたいなら
都合のいい状況を作り、
理由を見つけることで
怒ることを
正当化できるわけです。
(少なくとも怒った本人の中ではそうなります)

スポンサーリンク

頭の中で考えている通りの世界観が実現する

さきほど、

怒りたいなら
都合のいい状況を作り、
理由を見つけることで
怒ることを
正当化する

ということをいいました。

これは結局
うまく状況や理由を
見つけること、
関連づけることができれば
いつでも楽しく過ごせたり
逆に怒りに満ちた感情でいつづける

ということも可能になります。

つまり自分の中にある
価値観や世界観によって
どんな感情が引き起こされるか
ということが決まります。

世界観を修正、更新する

人にはそれぞれ

「この世の中は〇〇だ」
「世間の人は〇〇だ」

という世界観を持っています。
状況や理由を作り出し、
あらわにする感情を正当化します。

つまり

生きていて苦しい方は
ほんのちょっとだけ
この世界観を修正、更新していくと
状況や理由がかわり、
自分が外に出す感情に変化がもたらされます。

まずはあなたの中にある世界観を
見つめ直してみましょう。

必要があればちょっとだけ修正してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ

ライフハックアニメーション – 心と体の健康チャンネル –

【ネガティブになりやすいあなたへ】感情に支配されない今すぐ出来る3つの方法とは?

大愚和尚の一問一答

「怒り」のメカニズムとキレない技術

嫌われる勇気

タイトルとURLをコピーしました