線形代数学のおすすめ本【4次元以上の行列の扱い方がカギ】

線形代数

数学関連のおすすめの本はこちら

スポンサーリンク

線形代数おすすめの本

線形代数 学び直し、先取り向け

改訂版 大学1・2年生のためのすぐわかる数学

  • 高校数学があまり得意ではなかった方
  • 具体例で理解したい方
  • 理論だけでなく手を動かして理解したい方

「大学1,2年生のための」というタイトルの通り
大学の数学を本格的な議論を始める前の
高校数学+αの理解をするための一冊です。

高校数学が得意ではないけど
大学数学の科目で単位を取る必要がある方や
いきなり大学の講義でついていけなくなった方に
この本で一旦、基礎知識の習得していただくと
講義もついていきやすいです。

これだけ! 線形代数

  • 試験直前に要点だけを復習したい方
  • 導入でつまづきたくない方
  • 全体の流れや定理を把握したい方

高校のベクトルや行列の計算から
図などの視覚情報をふんだんに使って
感覚的に分かりやすく理解できるように
構成されています。

また定義や定理の整理に重点を置き、
証明は証明による説明は省いています。

また練習問題や例題も載せています。

試験前に線形代数のおさらいをするときに
重宝する一冊です。

まずはこの一冊から 意味がわかる線形代数

  • 文系出身だけど線形代数の単位を取らなくてはならない方
  • 高校数学に自信がないけど線形代数の勉強をしなくてはいけない方
  • 線形代数の応用分野を知りたい方

この本は数学が得意ではない、
自身がない方に向けて
書かれている解説書です。

この本の構成もユニークで
最初はとにかく高校数学の範囲を
できるだけはみ出さずに
説明できる単元から始まっています。

そこから最終的には
固有値・固有ベクトル、行列式の理解まで
連れていく構成になっています。

理系学部、学生が一読するおすすめ本

線型代数入門

  • 線形代数学の辞書的なまとめ本が欲しい方
  • 線形代数学を網羅された体系を勉強したい方
  • 大学数学でベースとなる知識を習得したい方

超ロングセラーとして知られる
線形代数学の名著。

同一作品が数十年もロングセラーとなるのは
学術書と絵本ぐらい。

網羅性がすごい一冊です。
幅広くカバーしているため
他分野の群論や解析学などの知識も必要になる。
補足的に解説もあるが、
他の分野との関わりながら学習していくことをおすすめします。

頭から一通り読んで理解するだけでなく
なにか疑問点や行き詰ったときに
立ち返るための辞書的な役割として重宝します。

齋藤正彦 線型代数学

線型代数入門

線型代数入門 (松坂和夫 数学入門シリーズ)

線型代数学(新装版)

線形代数

線形代数学(新装版)

線型代数―Linear Algebra

まずは2行2列の行列のみで
固有値、固有ベクトル、ジョルダン標準形まで
説明している。
そこを理解してから
m行n列という行列の一般化を導入して
線形写像、ベクトル空間の説明に入るという
構成をとっている。

この構成の良いところは
イメージしやすい平面、空間の次元から
説明をしている。

m行n列に行列を拡大すると
式の表現が煩雑になり、
また4次元以上をイメージするのが
難しいため、
まずは2行2列という平面上、
もしくは3次元の立体空間上という世界で
理解できることに徹している。

J. -P. セール 有限群の線型表現

Representation Theory: A First Course

The Sensual (Quadratic) Form

 

数学関連のおすすめの本はこちら

コメント

  1. […] 線形代数学のおすすめ本線形代数おすすめの本 線形代数 学び直し、先取… […]

  2. […] 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 […]

  3. […] 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 […]

  4. […] 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 […]

  5. […] 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました