両学長

【両学長から学ぶ】お金持ちになりたい人が真っ先に伸ばすべき「力」【貯める力】

両学長

お金に困る生活はしたくない。
お金持ちになるにはまず何からすればいいの?
よくわからない。
という方のために

リベ大両学長
真っ先に伸ばすべき「力」について
教えてくれます。

この動画を見ると、
いきなりリスクの高い投資に
お金をかけたり、
稼いだお金を無駄に使うことが
なくなります。

両学長と言えばライオン。この画像はいらすやから引用
  • お金がなかなか貯められない
  • お金の不安から解放されたい
  • 老後の生活が不安でたまらない

このような方におすすめの動画がたくさんそろっています。

一生お金に困らない
5つの力が身につく
実践型ガイドブック

貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う

表紙より抜粋

今日が人生でいちばん若い日。
お金の不安がない自由な生活を
手に入れるために、
学びの一歩を踏み出そう!

表紙裏より抜粋

著者:両@リベ大

お金を「貯める力」

こちらはお金を貯める力を養うための記事の一つです。

お金を貯める力の各まとめ記事は下記の通りです。

スポンサーリンク

お金持ちになりたい人が真っ先に伸ばすべき「力」とは?

30歳男性からのご相談に答えています。

  • お金のことに深く考えずに生きてきた
  • どこから行動に移していいのかわからない
  • 真っ先に手をつけるべきことは何でしょうか?

両学長の答えはズバリ

「貯める力」を伸ばすこと!

お金と上手に付き合うには5つの力を磨く必要があります。

お金に関する「5つの力」
  1. 貯める力 → 支出を減らす力
  2. 稼ぐ力 → 収入を増やす力
  3. 増やす力 → 資産を増やす力
  4. 守る力 → 資産を減らさない力
  5. 使う力 → 人生を豊かにすることに使う力

この5つの力の中で
一番大事な力が「貯める力」。

この動画では

  • 貯める力とは何か?
  • 貯める力のレベルをどうやって測ればいいか?
  • なぜ貯める力が一番大切なのか?

これについて答えています。

貯める力とは何か?

一生懸命、働いて稼いだお金は

  • 税金で徴収され
  • 生活費として消費され
  • 無駄遣い(浪費)によって消えていきます

貯める力がない人は
いつまで経っても自分の資産がたまらない。

  • 収入の柱は1つしかない
  • 税金はどんどん取られる
  • 浪費や消費で使い

そのため、投資に回すためのお金ができない。

5つの力があれば、豊かに暮らせる

  • 収入の柱はたくさんある
  • 税金もきっちり抑えている
  • 詐欺に騙されない
  • 必要なことに優先順位をつけて使うことができる

しっかりお金が溜まって行って豊かに暮らせる。

5つの力がないとお金に困り続ける人生。

常にお金が不足してカツカツの生活に。

資産というのは自分が働いていなくても
お金を運んできてくれるもの。

例えば次のような資産がある。

  • 利息を生む預金
  • 家賃収入を生む不動産
  • 配当金を生む株式

資産を貯め続けると

いつか資産の収入が
生活費を上回る時がくる。

生活費<資産収入

となった状態が
経済的自由
と呼ぶ。

もし経済的自由であれば

  • 働けなくても
  • 働かなくても

暮らしていける。

資産がない人は
自分の時間や労働力を切り売りしながら
死ぬまで労働し続けるしかない。

日本という国は
たくさんの自由がある恵まれた国。

ただし、働かなくてもいい自由は
万人に与えられているわけではない。

「働かなくてもいい自由」=「経済的自由」

とも言う。

現状は「働かなくてもいい自由」は
全員に与えられているわけではない。

まだまだ現状は
「経済的自由」は自ら勝ち取りにいく必要がある。

世界一貧しい大統領ホセ・ムヒカもこう言っている。

「自由はお店に売っていない。
自分で勝ち得るしかない。」

経済的自由をえる一番重要な力が「貯める力」。

貯める力のレベルをどうやって測ればいいか?

次の3つで測る

  1. 貯蓄額
  2. 貯蓄率
  3. 生活の満足度

貯蓄額は貯めた金額のこと

貯蓄率は貯めた金額を収入で割った値

貯蓄額だけでなく、貯蓄率も合わせて判断材料とする必要がある。

さらに「生活の満足度」というのも
おろそかにしない。

貯蓄をするために人生の満足度が
極端に下がってしまっては意味がない。

ケチケチ生活では意味がない。

大切なのはバランス感覚。

自分の心の声に向き合って
自分が大切だ、重要だと思う支出は残していく。

これは人によって違う。

これは無駄だ、くだらないと思う支出は削る。

自分にとって大切なものを残していく。

貯める力の高い人というのは

  1. 貯蓄額=十分
  2. 貯蓄率=十分
  3. 生活の満足度=高い

貯蓄率20%を超えれば超優秀。

とりあえず手取り金額の20%の貯蓄率を目指してみよう。

なぜ貯める力が一番大切なのか?

貯める力が一番重要な理由は3つ

  1. 経済的自由へのハードルそのものが下がる
  2. 資産を貯めるスピードが速くなる
  3. 誰でもできて、必ず結果が出る

経済的自由へのハードルそのものが下がる

貯める力というのは満足度を下げずに
生活支出を下げる力とも言える。

生活費が下がれば下がるほど
自動的に経済的自由に近づく。

資産を貯めるスピードが速くなる

生活費を下げれば資産を貯めるスピードが速くなる。

収入と生活水準が連動しているのは
バケツに穴が空いているのと同じ。

いくら収入が入ってきてもドバドバとこぼれてしまう。

生活費を見直してバケツの穴を見直す。

そうするとどんどん資産が貯まる。

誰でもできて、必ず結果が出る

倹約というのはやりさえすれば
だれでも同じような結果がすぐ出せる。

再現性が非常に高い。

どれだけ稼げるか
どれだけ増やせるか
というのは生まれ持った才能や運に左右されるところもある。

お金に関する5つの力はどれも大切だけど
やっぱり貯める力が大切だから
一番目に置いている。

家賃、携帯代、保険を見直そうというと

「そんなケチケチした生活はイヤ!」
「もっとお金使いたい」
「いい家にいい車も欲しい」
「ケチケチ生活のまま死んだらどうするの⁈」

両学長はそういう価値観を否定する気はなく
友達や身内にもそういう人はいる。

一方で、少ない生活費で
楽しく暮らしている人たちを否定する気もない。

今の日本は生活インフラがすごく整っている。

  • 消防・役所の災害対策
  • 警察のおかげで治安がいい
  • 高いレベルの医療

安くて美味しい食べ物がたくさんある。

日本みたいな国はなかなかない。

企業がたくさんの素晴らしいものやサービスを提供している。

幸せに豊かに暮らすための土台は
日本にはある程度揃っている。

だから最新モデルでなくても
中古品で十分。

シンプルな暮らしをベースに
経済的自由を手に入れて
のんびり暮らしたい

というニーズがどんどん大きくなっている。

時間的ゆとり
精神的ゆとり
の価値が高まってきている。

とにかく自由が欲しいというひとは
まず貯める力を伸ばすこと。

消費は個人資産がある程度貯まってからでも遅くはない。

うまくバランスよくやっていくことが大事。

まとめ

経済的自由への道は貯めることから!

今の日本はさまざまな自由(宗教・学問・職業)が認められている。

しかし働かなくて良い自由は認められていない。

働かなくても良い自由を得るには
自分の資産を持つ必要がある。

毎月の生活費よりも資産収入が多くなったらゴール。

達成するには貯める力を伸ばすのが一番。

貯める力はこの3つで測る。

  1. 貯蓄額
  2. 貯蓄率
  3. 生活の満足度

目標値が欲しい人は

  • 年間貯蓄額 100万円以上
  • 貯蓄率 20%以上

この辺りを目指してみる。
達成できたら超優良家計と言える。

経済的自由への近道は貯める力から!

一気に経済的自由になるわけではなく
ちょっとずつ確実に自由へと近づく。

だから満足度は少しずつ上がっていく。

必ず結果が出る支出を見直そう。

  • マイホーム
  • 保険
  • 通信費

ちょっと見直すだけで簡単に結果が出る。

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル「両学長 リベラルアーツ大学」をもっと知りたい

これらの動画はYouTubeチャンネル「両学長 リベラルアーツ大学」でご覧いただけます。

  • お金がなかなか貯められない
  • お金の不安から解放されたい
  • 老後の生活が不安でたまらない

このような方におすすめの動画がたくさんそろっています

著書

本当の自由を手に入れる お金の大学

一生お金に困らない
5つの力が身につく
実践型ガイドブック

貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う

表紙より抜粋

今日が人生でいちばん若い日。
お金の不安がない自由な生活を
手に入れるために、
学びの一歩を踏み出そう!

表紙裏より抜粋

著者:両@リベ大

「両学長@リベラルアーツ大学」関連の記事を書く目的

次の三点です。

  • お金の知識を必要とされる方への橋渡し
  • 両学長が発信されている膨大な情報を見やすく整理
  • 自分自身の体験の検証

お金の知識を必要とされる方への橋渡し

間違ったお金の常識に洗脳されてしまい
困っている方もたくさんいます。
私もその一人です。

無駄な保険に加入してしまったり
十分な知識もなく投資信託を始めてしまったりしました。
大損こそはしませんでしたが
ちゃんとした知識、
例えば保険の勉強や、投資信託の常識を
事前に知っていれば十分に防ぐことが出来ました。

なぜ防げなかったかと言えば
お金に対する無知と
無知から出てくる不安
でした。

はじめて両学長の動画を見たとき
なぜこの知識をあの時勉強しておかなかったのだろうと
後悔しました。

もし両学長の動画の存在が伝えられれば
そして同じ後悔をしてしまうかもしれない方々にとって
大きな意義があるのではないかと思い執筆し始めました。

両学長が発信されている膨大な情報を見やすく整理

両学長のYouTubeチャンネルを見ると
膨大な数の動画を投稿しています。
その中で必要な動画、見たい動画、
過去に見たもう一度見たいあの動画
を探すうえで情報量が多いがゆえに
とても探しにくい状況があります。

また特定のテーマの動画をまとめてみたいときも
再生リストだけでは探しにくいという状況もあり
私自身が両学長の情報を整理したい
というところからこのような記事を書き始めた点にあります。

また、両学長ご自身が執筆された
「本当の自由を手に入れるお金の大学」という本もあります。

一生お金に困らない
5つの力が身につく
実践型ガイドブック

貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う

表紙より抜粋

今日が人生でいちばん若い日。
お金の不安がない自由な生活を
手に入れるために、
学びの一歩を踏み出そう!

表紙裏より抜粋

著者:両@リベ大

そちらは発信者である両学長が
体系的にまとめられているので
かなりわかりやすく作られています。
そちらから情報を探すという方法もあります。

個々の事情に合わせて
やりやすい方法からお選びいただければと存じます。

自分自身の体験の検証

実践をする機会もありますが
もちろんそれぞれの方々で事情は異なります。
実行できる場合もあれば
できない事情もあると思います。

それぞれのご事情でカスタマイズする必要があります。

例えば家賃交渉に関する記事
自分が実際にやった場合と
両学長の事例とでは違いはありましたが
自分の状況を踏まえて
その中で自分が考えられる最善の選択肢を取りました。
それによってもちろん差異は出てきます。

両学長のケースだけでなく、
微力ながら私のケースも紹介することで
読者ご自身の状況判断に役立てられればいいな
という思いで執筆しています。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容で、もし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方で
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
優しくご連絡いただけると助かります。

両学長@リベ大 関連記事

両学長がおすすめする資格「簿記」と「FP」

両学長から学ぶ賃貸物件でぼったくられないための理論武装

両学長から教わる「保険」の基礎知識

【両学長から学ぶ】NISA&つみたてNISA

【両学長から学ぶ】せどりの種類と稼ぐ手順を解説

両学長がおすすめする本

SNSアカウントなど

リベラルアーツ大学

ブログ

公式グッズショップ

YouTube

Twitter

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

両学長@リベ大(@freelife_blog)がシェアした投稿

スポンサーリンク
シェアする
DMR-300GLをフォローする
よせあつめ
タイトルとURLをコピーしました