【セイラの人間分析ラボ】嫌いな人とどう接するのか?

動画レビュー

 

【人間関係】セイラの人間分析ラボとは?【YouTube】
YouTubeチャンネルセイラの人間分析ラボやさしいだけじゃだめなのよ優しい口調と言葉で話しているだけなのになぜか舐められているだけになってしまう人がいます。相手に嫌われることにビビってい...
スポンサーリンク

嫌いな人とどう接するのか?

嫌いな人が消えていく”たった1つの方法”

嫌いな人が消えていく”たった1つの方法”

なぜ人は「嫌な人」を作り出してしまうのか?
という話から始まります。

好きな人、嫌いな人、どちらでもない人

に分けています。

どのように分けているのでしょうか?

例えばあなたに「約束を必ず守る」
という価値観があるとすると
身の回りにいる「約束を守らない」という人に
対して「嫌い」というレッテルを貼ります

「約束を必ず守る」というルールを
自分に課しているがために
他人にそのルールを破った人が見た場合
とても自分の心が苛立って乱れてしまいます。

だから価値観をどんどんと変えていけばいいのですが、
他人の悪いところばかり、
他人を変えようとすることばかり
考えてしまってうまくいきません。

そこでセイラさんは何をご提案されているか?

それは

  • 「今、この瞬間が(本当の)自分である」と認識する
  • 「あの人ならこうするだろうな」と考える

ということです。

「今、この瞬間が(本当の)自分である」

過去や未来のことは全く関係ない。
今、できることを最善を尽くすことに全集中してください。
ということです。

過去の自分と今の自分を絶対に混同させない。

「あの人ならこうするだろうな」

尊敬する人の価値観を考えることで
繰り返しているうちに
段々とその人のような価値観、そして
人間性になっていくというものです。

本質をいうと
嫌いな人と認識している自分を変えよう
というお話です。

嫌いな人が居ても、毎日を楽しく生きられる方法【脳科学】

嫌いな人が居ても、毎日を楽しく生きられる方法【脳科学】

嫌いな人を避け続けても
また新しい場所で嫌な人に出会います。

だから嫌な人に対する接し方を変えていきましょう。

この動画の特徴として
脳の働きを変えることを提案している点です。

脳の扁桃核というところが
人の好き・嫌いを判定しているそうです。
じゃあ、この扁桃核の判断を変えればいいわけです。

じゃあ、どうすればいいの?

繰り返してイメージして
認識を変えることです。

脳は自分がイメージした世界ばかりを
お知らせしてくれます。

私が理解したイメージ

例えば車の購入を考えている人は
街に走っている車がいつもよりたくさん
目に入っていきます。
車種や色が決まっていれば
その車種や色の車ばかりが目に入ってくると思います。

また尊敬している人のことを考えて
イメージを繰り返すと
自然とその人がよく使う言葉や口癖が
自分に発したりしないでしょうか。

そういう例に近いのかなと感じました。

嫌いな人のことが頭から離れない!ってときは

嫌いな人のことが頭から離れない!ってときは

嫌いな人とは

嫌いな人=自分と同じ土俵にいる人

ということです。
たしかにあいつ嫌だな〜と思っている人は
昔の自分だったり、
そういう一面を持っていたりします。

自分に自身はないけど、
プライドはある

という時にこういうことが起こるようです。

イライラした時は

一旦、冷静な自分に戻りましょう。

相手と同じ土俵にいることになってしまいます。

「大人の余裕」を意識するだけで
一呼吸置けます。

嫌な人が増えてきたときに、見直したい思考の癖

嫌な人が増えてきたときに、見直したい思考の癖

周りが嫌な人だらけになった時、
自分の中の考え方を変えましょう
という動画です。

嫌な人が増えるのは、自分に自信がないとき

とおっしゃっています。

嫌な人と判断しているのは
相手のせいにしている
と解釈もできます。

つまり相手のことばかり見ていて
自分のことを見えていない。

また人は対等な関係が築ける人と
関係が作れます。

たしかにマウンティングばかり
仕掛けれれるような人とは一緒にいても
楽しくありません。

ということは自分がどういう人間かを考えれば
自分と同じような人ばかり集まってきます。

問題が起こった時に
自分のどんな部分を変えられるかを考えるのが
大事です。

嫌な人が増えたら、自分との向き合い方を変えていく

これが対処法です。

嫌な人・イライラする人への対処法

嫌な人・イライラする人への対処法

相手の嫌な部分に反応してしまう。
反応するから嫌な気分になってしまいます。

例えば嫌味をいう上司に対して
反応してしまい
機嫌が悪くなってしまったりして
周りからの評判も落としてしまう。

その場合は「反面教師」として
自分を律する改善するというエネルギーに変えていく
ということが重要だと説いています。

相手の思い通りの反応をしてあげる必要はないのです。

 

スポンサーリンク

こちらの動画もおすすめ

大愚和尚の一問一答

悪口や嫌がらせに対する正しい心構え
目上の人に嫌われた時は、その人を〇〇だと思えばいい

ヤギコーチ

【人が大嫌い】他人を見下す原因はこれだった!人間嫌いの心理メカニズムとは?

セイラの人間分析ラボに戻る

【人間関係】セイラの人間分析ラボとは?【YouTube】
YouTubeチャンネルセイラの人間分析ラボやさしいだけじゃだめなのよ優しい口調と言葉で話しているだけなのになぜか舐められているだけになってしまう人がいます。相手に嫌われることにビビってい...
タイトルとURLをコピーしました