【書評】続・資本論 (まんがで読破)

書評

スポーツの世界で
最低限のルールや特徴を理解していないと
ゲームに参加して楽しむのは難しいです。

例えばサッカーなら

  • 長方形の形をしたピッチ
  • 1チーム11人
  • ゴールキーパー以外は手を使わない

というようなことを理解せずに
サッカーを楽しむのは難しいです。
(ほかにも細かいルールがあります。)

ところが社会では
ここに書いてあることすら知らずに
ピッチに立っている人が大勢います。

私たちは資本主義というゲームの中で生きています。
資本主義のゲームでプレーをしていくためには
ゲームのルールを覚えたり、プレーの技術を磨いたりする
必要があります。

資本主義ゲームのルールを解説し、
どんな風にしていけばいいかを学べる本がいくつかありますが、
ここではその中の一冊を紹介します。それが

続・資本論 (まんがで読破)

です。

この記事ではこの本の紹介をします。

 

こんな疑問を持っている方におすすめ

  • 労働者の給料はなぜ上がらないのか?
  • 資本家・経営者は何を考えているのか?
  • 不況はなぜ訪れるのか?
スポンサーリンク

この本の内容

一言でいうと何?

資本主義の闇部分のルール解説

ルール知らないで生きている人が多すぎ…

何も知らずに生きていると
支配者に割に合わない賃金で絞りとられてしまう。
では、どのように生きていけばいいか
主体的な思考を持ち、人生を切り進むきっかけになります。

利潤の増大を追及させられる資本主義社会。
そこでは、さらなる拡大のため
工場を大きくし、下請け業者も借金をし
他社との競争にも勝ち抜き、
労働者をこき使う。

これは上手くいっているうちはいいですが、
一つでも狂ってしまうと、
ドミノのようにすべてが倒れていってしまう仕組みです。
このあたりのことが分かりやすく描写がされています。

私たちはこういう社会の中で生きていおり、
自分(もしくは自分の親)は
どのポジションで生きているのか
を知ることができます。

世の中にはコート全体やポジションの種類と数もわからずに
ゲームに参加している人が多い状況です。

スポンサーリンク

著者の経歴

一言でいうと、
カールマルクスの盟友で
資本論の第二巻、第三巻の完成に尽力した人物です。

他の著書

共産党宣言 ─まんがで読破─

資本論: 高畠素之訳 1巻

空想より科学へ

スポンサーリンク

他書のおすすめ

池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ

現在の社会のルール解説ブックです。
生命保険、株、不動産、税金などについて
詳しく解説しています。

それがまかり通っているの?

ということをが分かる名著です。

まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」

スポンサーリンク

レビューの評価

スポンサーリンク

感想

資本主義のルールを知らないといけないと思います。
私も含めて、今生きているゲーム(社会)について
あまりにも無知で無関心です。

どういう社会を生きているのかさえ
わからなければ
いまの困窮した状況を生き抜いてすらいけないのは
ごく当たり前の話で。

そりゃ、知らなかったら
生殺与奪の権を他人に握らせて生きていくことになります。

タイトルとURLをコピーしました