スポンサーリンク

【月3~5万稼ぐ】副業カメラマンの始め方

写真術

趣味でやっているカメラで稼ぎたい

休日に副業で稼ぎたい

このような方へ、選択肢の一つとして
「フリーカメラマンの派遣会社」へ登録して稼ぐ方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずは登録しよう

副業で始める場合、基本は業務委託になります。
案件ごとに単発で撮影依頼があり、
撮影内容と日程が合えばお仕事確定です。

  • 本業とのスケジュールに合わせやすい
  • 撮影内容によって依頼を断ることもできる

という利点が大きいです。

OurPhoto

こちらは個人撮影のマッチングサイトです。

一番多い案件は、お宮参りと七五三です。
他にも企業の案件もあったりします。

カメラマン派遣会社

幼稚園・保育園がおススメです。

理由は

  • 拘束時間が短い(半日もしくは一日)
  • (他と比べると)軽めの撮影内容
  • 枚数が撮れるので経験を積みやすい

子供とのコミュニケーションが好きな方には最適です。

デメリットもあります。

  • 朝が早い(4時起き、5時起きがデフォルト)
  • 遠方地まで移動(2時間移動もあります。交通費は含まれないのが一般的。)
  • タチの悪いカメラマンと一緒になることがある

求人サイトで「カメラマン 撮影」とかで
検索すると学校関係や幼稚園・保育園をメインとした
撮影する会社がたくさん出てきます。

面接および研修

最初に面接をするところがほとんどです。
履歴書、職務経歴書のほかにポートフォリオを持ってくることもあります。

ご紹介した仕事の内容であれば写真の実力はあまり心配する必要はないです。
会社によっては素人に毛が生えたレベルでも登録できることがあります。

また面接する条件としてカメラのスペックを指定するところが多いです。
「フルサイズ」の一眼レフカメラの所有が条件であることが主流ですので、
あらかじめ機材を持っているか、購入できる人に限られます。

ギャラの相場

単発でも5000~9000円ぐらいです。
1万円超えることはまずありません。

経験年数や写真のクオリティによって
ランク制度があり、ランクが上がればギャラも上がりますが、
そう簡単にランクが上がるわけではありません。
またランクが上がれば、難しい案件のお仕事ばかり振られることになりますので
コスパにあっているかは、何とも言えないところはあります。

カメラマン同士の人間関係

2人とか3人で撮影する現場もあります。

現場近くで待ち合わせして、一緒に現場に入って撮影するという形です。

初対面になる方が多いですが、同じ地域で撮影していれば
何度かご一緒する機会も多くなり、顔見知りにもなります。

ごくごくたまにですが、とてもタチの悪いカメラマンと一緒になってしまうことがあります。
具体的に説明します。

やたらとマウンティングととってくる

所有する機材や、年数、経験した案件などをひけらかして
上の立場に立とうする輩です

撮影内容の良し悪しを決めるのは、
同行したカメラマンではなくお客さん、もしくは派遣会社なので、
何もわからずに聞いていると

大多数のいい先輩カメラマンさんはマウンティングなんてとってきません。

その日、一日が面倒くさかったりします。

共同作業、連携作業ができない

現場ではそれぞれ担当クラスや場所を割り当てたりすることが大半です。
お互いの連携作業も多くはなく、難しくもないのですが
なぜか現場で揉めたりする人がいたりします。

カメラマン同士で情報共有されます

同行したカメラマン同士で必ず話題になるのが
イヤなカメラマン、NGなカメラマンの話です。

私自身も、

こういう面倒くさい奴と一緒になったんですよ~

という話をすると必ず、名前を確認されます。

写真のセレクト作業も労働時間に含めるとかなり安い

撮影時間は4時間とか5時間など短い案件もありますが、
撮影後に、納品する写真をセレクトする作業もあります。
実際にはセレクトだけでなく、トリミングもしたりします。
案件にもよりますが、撮影時間が長ければ
撮影枚数も多くなりますので、セレクトにも時間がかかります。

セレクトに撮影時間を同じ時間をかけてしまうと、
時給換算したときに半額にまで下がってしまいます。
スピーディーに最小限にやる必要があります。
(でも手抜きはしない)

あくまで副業がおすすめ

専業にされている方もいますが、
あくまで副業をおすすめしています。

週末カメラマンとして月3~5万円稼ぐのに最適なお仕事と考えるのがちょうどいいです。

 

タイトルとURLをコピーしました