電卓不要!平方根をひっ算で求める「開平法」のやり方【高校物理】

動画レビュー

入試問題を解いていると
平方根(ルート)を手計算する場面に遭遇することがあります。
例えば

重力加速度g=9.8,高さh=13(m)から鉄球を自由落下させたとき
地上に落ちる瞬間の速度を小数点第2位まで求めよ。

という問題があったときに

$$v^2=2gh$$
$$v=\sqrt{2gh}$$
$$=\sqrt{2\times 9.8 \times 13}$$
$$=\sqrt{254.8}$$
$$=15.???$$

15の2乗で225なので、整数部分は15と分かるのですが、
小数点以下も求めないといけません。
この時に
0.1ずつ足して、それを2乗して…
それを繰り返せば求められます。

$$15.1^2=228.01 ,15.2^2=231.04, …$$

ですが、計算も面倒ですし、
時間がかかりすぎてしまいます。
試験でやるのは、正直おすすめしません。

実は平方根を求めるためのひっ算(筆算)があるのです。
それがあれば、割り算のひっ算のように延々に求めることができます。

そのやり方を下記の動画で知ることができます。

開平法 ルートの値計算【演習付き】

少し計算は面倒ですが、
手順さえ覚えてしまえば、
求めることができます。

平方根の計算を求められる問題もあるのでマスターしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました