橘玲

【3つの資本で幸福を定義】幸福の「資本」論|解説&感想

橘玲

幸福とはいったい何か?
人それぞれで価値観が違う中
これを答えるのは難しいですが、
これを分かりやすく考える方法を
教えてくれるのが
橘玲さんの著書である

幸福の「資本」論

です。

お金に詳しい著者らしく、
ポートフォリオ的な論点で
何をどのような割合で所有するのか、
という形から人々の幸福の例を
紹介しています。

まずは自分の幸福のポートフォリオを
作る事から始めることが大切になってきます。

こんな人におすすめ

  • 自分は何のために生きているのか、わからなくなった方
  • 幸福って何だろう?と考え始めた方
  • 何を目指せばいいのかわからないという方
スポンサーリンク

幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」|解説&感想

ひとは幸福になるように生きているけれど、
幸福になるように
デザインされているわけではない。

本書では「金融資産」「人的資本」「社会資本」という
3つの資本から、「幸福に生きるための土台(インフラストラクチャー)」
の設計を提案しています。
この考え方はきわめてシンプルですが、だからこそとても強力です。
本書の提案にのっとって正しく人生を「設計」すれば、
誰でも「幸福の条件」を手にできるのです。

プロローグより抜粋

著者:橘玲

幸福を3つの資本に軸で考えて
あなたなりの幸福はどれですか?
というのを考えるきっかけを与えてくれる本です。

別の視点からあなたなりの幸福を決める方法も
こちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

著者・橘玲(たちばなあきら)さんについて

本名ではなく、
顔出しもしていないので、
その分、
世間のみなさまが口にはできないことを教えてくれます。
他にも多数の書籍を執筆しているので、
一通りこの方の本を読むことをおすすめします。

他の著書

言ってはいけない―残酷すぎる真実―

本のタイトル通り、
言ってはいけない「本当のこと」を書いています。
誰かに言われるとイラっと来るので、
こういうところから自発的に知るのが
心穏やかに過ごせます。

上級国民/下級国民

治療しない虫歯のようなもので、
痛いけど触れたくない、という方には耳が痛いです。
でも虫歯は自然には直ってくれない。

信じるか信じないかは読者が決めるとして
これからくる社会について
識者の主張を聞いてみましょう。

臆病者のための億万長者入門

宝くじ、生命保険、株、不動産などの
資産運用の基礎知識を知りたい方はこちらをおすすめします。

黄金の羽根の拾い方とかぶる部分がありますが、
こちらは資産運用に特化し深堀しています。

スポンサーリンク

レビューの評価

幸福な人生を送るための解を3つの資本という形で表している書です。その3つの資本とは金融資産、人的資本、社会資本です。金融資本については「経済的独立」、人的資本については「自己実現」、社会資本については「政治空間から貨幣空間へ」ができれば幸福な人生が実現できると言っています。ひとつ、エピローグでのマイケル・ジャクソンの話は考えされるところがありました。そこには幸福についての限界効用の逓減について示されていました。自分にとっての幸福とは何なのか、そんなことを決めておくことも必要なのかをおもわせてくれました。

読書メーターから引用

幸福になるためには、「①金融資産」「②人的資本」「③社会資本」の3つの土台を作っていくことが必要となる。持っている資本が1つだけだと何かのきっかけでその資本を失った途端、貧困や孤独に陥ってしまうため、資本を2つは持っておくことが大事。特に自分にとっては「人的資本」を充実させることが重要であると感じた。人生100年時代。これから先も長い期間、仕事をすることが必要となる中で嫌な仕事を続けていくことは避けなければならない。自分の「好き」を明確にして、「好きを仕事にする」道を探していきたい。

読書メーターから引用

「幸福は理想の人生の組み合わせの中にあるのではなく、それを目指して頑張っている過程が幸福なのかも知れない」という最後の一文が言い得て妙。とはいえ、じゃあどこに対して頑張ったらいいのかという著者なりの助言もとても興味深かった。特に社会資本=共同体について愛情空間は最小化してあとは金で繋がる関係で賄おうなんてのは思い切りがいい。またエビデンスとして紹介されているストーリーも面白かった。欧米のジャパナイゼーションに対する批判は、当の日本人が真摯に受け入れられるのか?大事にすべき気質なのか?考えさせられました。

読書メーターから引用

正直あまり良くなかった。 論文+そこから読み取れること+筆者の意見を繰り返すような構成で、本やその章全体で何が言いたいのか結局分からなくなることも多かった。 あと論文からの示唆も恣意的な視点から語られることが多く、結論としては正しいことを言っているのかもな、と思いつつも、理論の組み立て方に説得力があまり無いため信頼する気が起きなかった。 この本でも少し参照されているライフシフトや嫌われる勇気とかを読んだ方がよっぽどためになるのでは無いだろうか。

読書メーターから引用

GW中に再読したかった本。幸福という曖昧な表現をわかりやすく分析してうまく生きていくためのアドバイスをくれます。金融資本、人的資本、社会資本。どれか1つでもしっかりしていれば人は幸福だと感じることができる。自分がそれなりに楽しく生きていると感じるのも納得。経済的独立をして貨幣空間で繋がりを持ち自己実現を目指せば、超リア充にはなれなくても良い人生を送れる。高望みはしなくても未来を悲観する必要はないと教えてくれました。

読書メーターから引用

スポンサーリンク

感想

幸福っていったい何なのだろう?と考えられる本

金融資本、人的資本、社会資本
という三つの柱を元に
自分の人生(幸福)をデザインする
という考えは面白かった。

幸福って何?
と言われると
なかなか説明できないけど

こういう3つの軸を用意すると
理解度やそれぞれの価値観が説明しやすくなる。

ただこの柱(資本)の中に
健康(食、睡眠、メンタル)などが
全く考慮されていない点が
残念に感じた。

著者にとって健康については
専門外なので書かれていないのか
健康については重視されていないのか
ここは疑問に感じました。

例えばお金がたくさんあって
友達もたくさんいても
お酒やたばこを摂取しすぎて
病気になったら
それは幸福と言えるのか…

経済的独立の厳密な補足

金融資本を満たすと「経済的独立」が得られます。
「経済的独立」というのはどんな状態か
という点について個人的な解釈ですが
補足しようと思います。

というのも
私が新卒で務めた勤務先では
30代の時に税引き後で月35万円の給料がもらえていた。
生活する上では十分な余る額なのだが
全く幸せを感じていなかった。
毎日のストレスで消耗し、
メンタルの病気による休職、そして2年後に退職。

今は、時給生活なので
手取りで15万前後。
だけれども今の方が穏やかに暮らしている。
幸福度はこっちのほうが高い。

月収が35万の時も15万の時も
勤務先に雇用されているので
そもそも依存を前提とした働き方をしているので
著者の言う「自由」ではないのですが、
「自由」というものの補足説明が必要かと思いました。

稼いでいる額ではなく
稼ぎ方、働き方というのが
独立していると言えるかどうか?

会社員、公務員はほとんどの人が
該当しません。
ではみんな、脱サラして独立せよ
と進めているわけではありません。

0か100か、という二元論で考えずに
パーセンテージ、割合で考えると柔軟な考えが生まれます。

こちら動画が(経済的)自由というものを
さらに理解が進みます。

社会資本の目的地

一番、モヤモヤというか
自分の言いたいことがワッと溢れたのが
人間関係。社会資本の部分。

地方暮らしが長く、少人数職場で
人間関係の緊密な距離感に疲れた経験と
都市部での大人数職場の
自分の利益やポジションを争い、
より高度な政治的判断を求められた経験とを
踏まえて、
自分はどういう交友関係を持っていくのが
最適なのかが、まだボヤっとしていることが分かった。
ここがボヤっとしていると
いつまでも、あっちがよかった
こっちがよかった
あの頃はよかった
という隣の芝生は青く見える的な
思考から抜け出せない。

だからとても考えさせられた。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ

LES MISERABLES(1) レ・ミゼラブル

まんがでわかる LIFE SHIFT

 

 

資本論 (まんが学術文庫)

 

 

スポンサーリンク
シェアする
DMR-300GLをフォローする
よせあつめ
タイトルとURLをコピーしました