【大愚和尚の一問一答】売れるアーティストの共通点とは?

大愚和尚の一問一答

アーティストとして食べていきたい。
自分の好きなことで食べていきたい。
それは誰しもが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

今回の相談者はそんなアートで食べていくことを
目指している方なのですが、
いろいろと大変な状況もあり
なかなかうまくいかず、時間がどんどん過ぎていきます。
ついつい、安定した仕事をした方が…。

そんな状況の相談者に
大愚和尚の厳しいお言葉がありました。

大愚和尚の一問一答について知りたい方はこちらへ

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha
【苦しみを 希望に変える 心の処方箋】 「大愚和尚の一問一答」では、人生経験豊富な大愚和尚が、仏教の視点をもって、国内外の方々から寄せられた相談にお応えします。 相談の内容は「人間関係」「仕事」「恋愛」「健康」など多岐にわたります。 たとえば、 □ 職場の上司とソリが合わない。 □ 学校でのイジメに悩んでいる。 □...

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

次の二点です。

  • 必要とされる方への橋渡し
  • 自分自身の心の整理

必要とされる方への橋渡し

YouTubeで過去のあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。
会話の内容までは検索機能が及ばず
探せないことがあります。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
整理された状況で目的の動画を探しやすく、
救われる方へ繋がればと願い書いています。

執筆当時は存じ上げなかったのですが
大愚和尚の公式サイト内で
「一問一答アーカイブス」というページがあり、
こちらからも整理された状況で
お探しいただけます。

趣旨は同じですが
橋渡しができるように
引き続き当方も自分の経験を元に
ご紹介していく所存です。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくためにまとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容で、もし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方で
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
優しくご連絡いただけると助かります。

スポンサーリンク

アートにこうすればいいという基準はない

売れるアーティストの共通点とは

売れるアーティスト の共通点とは!?

年齢不詳、男性の方からのご相談です。

ご相談内容

  • 漫画家を目指していたがうまくいかずくすぶっていた
  • 6年前にお寺の受付のアルバイトの職を得た
  • 受付の時間中でも勉強できある程度のお給料もいただける
    とても良い環境だった
  • しかし、その良い環境に次第に甘え、怠けてしまった
  • ダラダラと6年も過ごしてしまった
  • アルバイト先のお寺から契約解除となり辞めることになった
  • 恐怖が襲ってきて、自分が頑張らないとと思い
    先輩の倉庫でアルバイトをしたり、似顔絵を描く仕事をもらったり
    漫画を描く仲間もできた
  • 不安もなくなり頑張っていこうという心境になった
  • お寺からまたアルバイトをやらないかと誘いを受けた
  • しかし、お世話になったらまた怠けてしまうと思い直感で断った
  • 徐々に、お寺の仕事をやっておいた方が良かったのではないか
    という後悔が湧いてしまった
  • やっぱりあの時、という後悔を振り払って行動できるようになる
    お話をいただきたい
  • 良い話を「直感」で断ってしまうのは自分以外の意思のようなものが
    関わっているのでしょうか?

この動画のポイント

  • 個人情報を明かさない点から
    相談者から真剣さを感じることができない
  • アーティストとして食べていきたいのに
    給料がもらえる仕事をいい仕事と捉えてしまっている
  • 自分以外の何か力が働いていると
    思いたい時はあるがそのような力はない
  • 処方箋として出家することを提案
  • 出家とは居心地のいい場所から出ていくこと
  • アートに価値を感じるのはその作品の「熱量」
  • 今の相談者からは「熱量」を感じない
  • これは、と思ったものに自分の命をかける。
    そんな仕事をしてください

鈍鳥巣を離れず

2つの仏教の言葉を紹介されています

一つ目はダンマパダにある次の一説

なすべきことを、なおざりにし、
なすべからざることをなす。
遊びほうけて放逸な者には、煩悩が増大する

これは

やらなければならないこと
自分に問って今一番必要なことは何か
これをきちんと見据えて
これに対して一生懸命向かっていないものは
心に迷いを生じる

ということをおっしゃっています。

二つ目は「鈍鳥巣を離れず」

鈍い鳥はいつまでも巣を離れない。
いつまでも飛べない鳥は巣を離れない。

この場合、巣というのが居心地のいい場所となります。

相談者の問題点

これを踏まえた上で
大愚和尚は相談者の問題点を3つ指摘しています。

  • 名前や年齢などを明かしていない
  • お給料をもらえる仕事を
    良い仕事と思っている
  • 自分以外の意思が働いていると思っている
真剣に相談をしたいのなら

一問一答に投稿する時はルールがある。

  • 自分の名前(放送では本名は読まれていない)
  • ペンネーム
  • 性別
  • 年齢
  • 住所
  • ご相談内容

結構、細かく聞くのね

なぜ、これらを記入するのか?

個人情報を伝える不安さは確かにあります。
でもここに情報を書きたくないのは
なぜでしょうか?

それは

  • 面倒くさいから
  • 信用していないから
  • 恥ずかしいから

など色々ある。

一つ、信用していない人は
大愚和尚が一生懸命話しても
真剣に受け取らないでしょう。

名前を書くというのは
そういう意味があったのね

大愚和尚は
質問する真剣度を問いたいのです。

大愚和尚は質問に答える時に
会ったことがない人に対して
その相談者になりきって
質問に対して答えています。

だから、これらの情報があることが
その人の悩みに寄り添うことがとても大事になります。

相談を読んで、
「あ〜、これはこうだね」
と簡単に答えているわけではない。

そういう姿勢で望んでいらっしゃる相談者に対して
大愚和尚にとっては
この相談者には真剣に聞いて欲しいなら
もっと真剣になって欲しいと
おっしゃっています。

真剣に聞いて欲しいなら
真剣に答えて欲しいなら
それだけの開示が必要です。

お給料のいただける仕事にすがっている?

お給料をいただけることが良い仕事と思っている。

これは「相談者にとっては」いい話ではないはず。
相談者がいい話と思っている限り
アートの世界で生計を立てることは一生できない。

偉大なる意思は「暇ではない」

自分以外の意思が働いている、
と思いたい時は確かにある。

しかし、仮にそういう意思というものがあったとしても
今の相談者にその意思が働くほど偉大なる意思は「暇ではない」。

この点を大きく勘違いしている。

相談者への処方箋

大愚和尚の処方箋ですが、

出家をしてください。
自分の居心地のいい場所から出ていってください。

とおっしゃっています。

なかなか耳の痛い言葉ですね。
たしかに生ぬるい環境はぬるま湯と同じで
なかなか出ていけなるものです。

お坊さんの世界でも
お寺に修行に入ったものの
マンネリ化して生ぬるい
ということがあったりするそうです。

そこへいくら定義上の出家をしたとしても
新しい挑戦をしていないのであれば
それは「出家」にならない。
居心地のいい場所になってしまったら
修行にならない。

大愚和尚
大愚和尚

生ぬるい場所から出ていくことが「出家」です。

相談者が漫画で食べていきたいのであれば
その漫画に価値を感じてくれる人がいなければいけない。

ではどういう漫画になれば
価値を感じてもらえるようになるのでしょうか?

ここで大事なポイントが一つ。

アートに基準はない

ということです。

アートを価値を感じて
認められていくためには
面白いと思ってもらえるのか?

上手い下手ではない。

それは「熱量」

スポーツでもマンガでも
熱量が面白さを左右している。

大愚和尚は
このような姿勢の相談者に
熱量のあるマンガが描ける
とは思えない。

まさに「鈍鳥巣を離れず」という状態。

お寺の受付というお仕事が舞い込んできても
生ぬるい環境なら戻らない。

大愚和尚はそうおっしゃっています。

私自身も
生ぬるい環境に甘えたしまった経験が
ありますので、
自分のことのように聞いていました。

ある美術大学の先生

仏画を描くある美大の先生がいました。

仏画を描きたいけれども
それだけでは食べていけない。

それで美大で教えたり
仏画ではない絵を描いていました。

大愚和尚はその方から
この話を聞いた時にこう言いました

大愚和尚
大愚和尚

あなた、アーティストでしょ?
仏画を描きなさいよ。

大愚和尚
大愚和尚

情熱を持って仏画を描いてください。
遠慮しながら仏画を描いたらダメですよ。

それを聞いてから
仏画を描き始め、
SNSで発信し始めました。

これまで描いていた仏画よりも
明らかに「熱量」がありました。

仏画が欲しいという方が
現れ始めました。

「今はすごい時代。」

自分の熱が自分のメディアで伝えられる時代。

でもそこに情熱がなかったら
何も伝わらない。

大愚和尚
大愚和尚

これは、と思ったものに
自分の命をかける。
そんな仕事をしてください

応援しています。

今日もありがとうございました。
身につまされる思いです。

スポンサーリンク

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

フリーランス向けの相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

著書

苦しみの手放し方

人生が確実に変わる大愚和尚の答え

最後にあなたを救う禅語

タイトルとURLをコピーしました