【大愚和尚の一問一答】出会い系アプリの恋愛

大愚和尚の一問一答

大愚和尚の一問一答について知りたい方はこちらへ

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

必要とされる方への橋渡し

YouTubeは解決したい、知りたい目的の動画を探すのに不便
過去にあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。

過去にあの事を話していたのを
もう一度聞きたいと思っても
会話の内容までは検索機能が及ばず
膨大なコンテンツから探せないことがあります。

YouTubeは特に目的もなく
「何か面白い動画ないかな」
という心境で見るのには
とてもいいプラットフォームです。

しかし、順番通り系統立てて視聴したり、
特定の分野だけを視聴したいときには
あまり得意ではないプラットフォームです。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
誠に勝手ながらテキストと当方の主観や感想を
混ぜた記事で検索されやすい記事になればと考えています。
それによって動画への認知につながり
救われる方へ繋がればと願って書いています。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくために
まとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。
もし感想や当方の考えに共感が持てなければ
退出されることをおすすめします。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容でもし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方も
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
「優しく」つぶやいていただけると
助かります。

スポンサーリンク

恋愛相談

出会い系アプリで出会った恋

出会いアプリで始まった恋愛、この恋は間違っていますか?

ご相談内容

相談の要点

  • 23歳女性からのご相談
  • 片思いしていた男性に振られてしまった
  • やけくそで出会い系アプリを始めた
  • ある男性と出会い
    実際に会って好きになった
  • でも今は扱いが雑になったと感じる
  • 体目当てなのかと思うこともある
  • この恋は間違っているのでしょうか?

私は少し前まで
長年片思いをしていた人がいました。
一度はすでに振られてしまいましたが
仲の良い関係が続いており
2回目の告白をしたのですが
彼は留学に行くこともあり
現在も返事もないまま
悲しい思いをしました。

そんな中、半ばやけくそのような気持ちで
出会い系のアプリを始めました。
始めた理由は友人がやっていたからです。
そこで意気投合した人ができ
初めてこの人なら会ってみたいなと
思った人ができました。

私は長年、接客業をやっているので
この人なら大丈夫という自信もありました。
ずっと電話やLINEでアプローチもされていて
ほぼ毎日やり取りをしていて
前の好きな人のことは忘れかけていました。
実際にその人と会って
買い物や食事を楽しみました。
以前からお互い悲しい恋を引きずっていて
人肌恋しかったことも
知っていました。
そのはずみで少し寂しさを紛らわそうという
お互いの思いからホテルに行きました。
一線は超えていませんが
少し触れ合いがありました。
そこで私は心が完全に動かされてしまい
今までの辛かった
恋愛で得られなかった幸せを感じました。
そこから本格的に好きだと思うようになりました。
しかし彼はそのタイミングで
趣味にどっぷりハマってしまったこともあり
連絡がものすごく薄くなってしまったり
私への扱いが少し雑になったと
感じることが増えました。
また会おうという約束はするものの
少し遠距離のためなかなか実現しません。
話をしているとまたホテルに行こう
というように
体が目当てになっているような
気さえします。

こちらとしては
前の彼を忘れることができるくらい
今はとても好きでとても苦しいです。
この恋は間違っているのでしょうか?
またどう進めていけば
良いのでしょうか?

教えてください。
よろしくお願いします。

この男は怪しいな~
本気にならない方が…
相談者の身のためでは。
まだ若いんだし。

前に好きだった彼に
まだ未練を感じるな~
彼女の本音なの?
今の人も本当に
好きになったのかな?
寂しさを紛らわせているのでは…

仏教教団の過去の歴史から恋愛を学ぶ

破僧の定義

もう2600年近く前に誕生した
お釈迦様を中心とする
お釈迦様の教えのもとに集まった
お弟子さんたち

その集まりである仏教の教団は
お釈迦様がお亡くなりになられた後、
様々な解釈の違いや
インド各地へお弟子さんたちが
散っていって
各地でサンガ(グループ)ができて
お釈迦様が定められた
戒律、戒を守って
修行を続けていったわけです。

けれども
お釈迦様がお亡くなりになった後
教えに対する解釈の違いとか
住んでいる場所が違ったり
考え方が違ったり
次第に仏教教団の中に
分裂騒動が起きてくる。

分裂してしまって
互いにお釈迦様の教えという弦から
外れていってしまう。

そんな混乱が起きたときに
そのままではいけないと
どこかで線引きをしていかなければいけない。

お釈迦様の教えの弦というところから
お釈迦様のお弟子さんでありながら
どんな状態になったら…(仲間ではないのか)

仏教教団の追放ということも
当時ありました。

お釈迦様の教えを受けたというだけで
何でも好きなように
勝手に(独自の)考え方をもって
展開していけば
仏教の教団ではなくなってしまいます。

どうなったら仲間でないのか?
仏教教団を離れてくださいと言うのか?
どこまでを仲間として認めるのか?
どうなってしまったらもう仲間ではないのか?

ということを
色々な揉め事、分裂騒動があったときに
基本的なルールがいくつか決まった。

こういうことをやっている限り
普段は離れて生活をしていても
ルールの解釈のズレとかがあったとしても
仏教の教団としてのまとまりを
こういう範囲の中だったら付ける
こういう範囲から逸脱したら外れる
ということが後にその基準が決められた。

これを「破僧の定義」と言いますが
僧の集団を破ったとする定義。
この定義の中に
普段はバラバラな場所に居て
インドも広い国なので
離れて生活していると
細かなルールが変わってきたりとか
解釈の違いがあったりとか
伝言ゲームのように人から人へ伝わっていくにつれて
解釈が違ってきたりということがある。

これが現実として起こってしまって
一ミリでもずれたら切っていく
ということになると
(教団が)バラバラになってしまう。
お釈迦様が亡くなっているので
確かめることができない。
そこでその定義を決めた。

この定義の中に同じ仲間として
この教団に所属している意味がないよね。
同じ道を歩むか、それとも別れていくのか

定期的にみんなで集まって、
反省会をしたり、話し合いをしたりとか
儀式であったり

大事な集まりの時に来ない、集まらない
互いにとって大切な確認事項とか
心の在り方ということに対して集まらない。

自分の心、行為が
しょっちゅう会えないけれど
集まって何かをした時には
心と行為、身口意
これが大事なポイントにおいて一致している。

それであれば離れて修行をしている仲間で
多少ちょっと解釈や考えの違いがあったとしても
集まったときに身口意が一致している。
教団が仲間として認める条件だったわけです。

その儀式に参加していても
心が伴っていない。
あるいは心はそう思っていても
実際にその儀式に参加しない。
となるとどんどん崩れていく。

身口意というものが
互いの大事な集まりの時に
一致していること。

お釈迦様の教えという一本の弦で
そこに繋がっているということ。

これがとっても大事な
仲間としての条件として定められた。

今回の相談との関連

今のお釈迦様の教団の事と
今回、相談者の恋愛の問題と
何が関係あるのかと思われるかもしれない。

恋愛というのは
職場の仲間であったり
ともするとお客さんでもそうですし
人間関係の重要で基本的な
わかりやすい形として
ともに歩むという関係が続いていくのか。

どこからどこまでを仲間としてみるのか。
ということが恋愛ということと
男女二人の関係から
様々な1つの関係論ということを
見ていくことができる。

恋愛にもブッダの元に集まった人々の
仏教教団の過去の歴史から
とても大きなヒントを得ることができると
私は思っています。

相談者の問題点

今回の相談者の問題は何か?

この二人のちょっと離れた遠距離恋愛の関係が
果たして実りあるものなのか?
これを見極めることができない。

なので今苦しいわけです。
相談者と同じ状況にある人たちは
非常にたくさんいらっしゃると思います。

細かいところは違うけれど
お互いの関係が分からなくなってしまう
果たしてこの恋は成立するのか?
そういう質問が本当にたくさん届きます。

改めて人間と人間の関係
仲間として歩んでいくときに大事な心構え
自分の基本的な人間関係論
の一つの参考としてお伝えしたい。

相談者は前好きだった人がいた。
それを紛らわすようにして
出会い系アプリを通じて
ある人と出会った。
その人と実際に会って
自分は好きになった。

けれども相手の真意がわからない。

出会う場所とか
出会ってからその人に恋に落ちる
というまでの過程は
男女の関係において
とっても大事なことだと
私は思う。

出会い系アプリというのは
出会いたい人たちが
来るわけですけれども
異性同士、恋愛なり疑似恋愛なり
一時期の成り行きの
アバンチュールを楽しむ。

男が女を
女が男を求めて
集まる場です。

もちろんそこから本当に
恋愛に発展して結婚することはあると思う。
だからその出会いが良かった悪かったということは
相談者には申し上げませんけれども
確率として男性ももちろん真剣に
お付き合いしたいと思って
そういうところに登録してくる人も
いるかもしれません。

そういうところは当然
街中を歩いていて女の子をナンパするよりも
職場に居て誰か女の子と付き合いたいな
と思って付き合うよりも
目的が男が女を、女が男を求めている場なので
そういった人たちと出会いやすい
ということでそこへ入ってくる人がいる。
当然その中には遊びとして
恋愛ゲームとして女の子をゲットしようとか
思って入ってくる人もいる。
寂しさを紛らわせようと
思って入ってくる人もいる。
人肌恋しいと思って
入ってくる人もいる。
とにかくいろんな人たちがいる。

そこで相談者は
まず今の好きになった人と出会った。
もちろんLINEとかメールとかで
やり取りをして
この人会ってみたいなと思って会う。
そこからデートをする。

この後、恋愛とか結婚に繋がっていく
そういうことにふさわしい人なのかどうか
ということを今、見極められずにいる。

寂しいもの同士が集まった
恋に飢えているもの同士が集まったとき
一つ危険なことがあります。
人間は何か一つのことに集中すると
他の事が見えなくなるという
性質を持っている。

特に恋というのは
その人のありのままの姿というものを
見る目をあえて失わせることによって
男と女、オスとメスが子孫を残しやすくなる。

そのために恋をすると
その人の真実の姿というのは
恋をしていないときよりも
もっと見えなくなっていく
そういう特徴があると思ってください。

自分の心が弱っている時
自分が寂しいとき
自分が恋愛に飢えている時

その時も心が理性を失ったり
冷静な判断ができなかったり
目の前に見えているものが
そのまま見えなかったり
自分の中に喜びがあったり
自分の中に憂いがあったり
苦しみがあったりすると
自分の目にフィルターがかかってしまう。
靄がかかるわけです。

その色眼鏡を通じて
自分の都合のいいように
物事を見るということを
私たちはしてしまう。

そこで本当は遊び目的なのに
それが見えなくなってしまう。
ということが起きたりする。

今回知り合った出会い系サイトの彼が
どんな人なのか私はあったことがないので
分かりませんし、
相談者もまだそんなに出会ったことがないから
分からないわけです。

職場の一緒に働いている環境で
出会った人とかであると
普段のその人の仕事をしている様子とか
物事に対しての姿勢とか
どういう人なのか
その人に対する情報は
単なるメール、LINEでのやり取りなんて
はるかに超えてすごいたくさんの
情報量があります。

そういう中からこの人なら
お付き合いしたいなとか
そういう風にしてその人を判断する。
その材料がいっぱいある。

LINEとか出会い系アプリとかで出会う
危険なところは
インターネット上の
実際にその人に会っていない
文字情報以外の情報が見えない。
これはとっても危険なことだと思っている。

出会いのきっかけになることはあるし
やり取りをしているうちに
なんとなく誠実な人だなとか
こういう人がいいなとか
だんだんわかるような気がするけれども

どういう言い方をしたらいいのか
女の子に近づけるのか
異性をゲットできるのか
ということが一つのテクニックとして
出回っている時代ですから
それをコピペしてくれば済むことなんです。

本当に出会い系アプリで女の子と出会って
関係を持つことに長けている人たちが
いっぱいいる。

実際は下手でも長けているように
見せることができる。

相談者は接客でいっぱい人にも会っていて
人を見る目がある。
自分でそう思っていて
実際彼にも会った。
会ったことがあるから
LINEとかのやり取りだけでない
生身の人間と人間として会って
その上で好きになったんだ。
そういう自負が自分でもある。
そうなのかもしれません。

相手がどんな人か分からないという
リスクも警戒しながら会って
やっぱりこの人なら好きだなと言って
恋に落ちて…
問題はここからなんです。

そこまでは比較的冷静な自分がいた。
ここからは相談者は恋に落ち始めている。
盛り上がっている時はいいんです。
本当の関係というのは
色々な出来事があるけれども
この出来事を通じて
その人と関係をちゃんと築いていきたいのかどうか

例えば
お釈迦様の教団で
教えを聞いて
なんてすごい人なんだ
自分も修行したいと思った。
そう思って教団に入ってきて
でもそこには厳しい戒律があったり
いろいろやかましいことを言われたりする。

あの時は自分は盛り上がったんだけれども
そこへ深くかかわれるようになったときに
自分の思い通りにいかないことが
もういいや、面倒くせー
こんなならやめてやろうと
そう思って離れた人たちはいっぱいいると思う。

やっぱり関係というものは
一時的な盛り上がり以外
ここから先に関係を作っていこうとするならば
興奮状態でお互いが出会っている段階を
過ぎてからが一つの問題です。

世の中の男女が出会ったら
最初はキャンペーンじゃないですか。
みんなお互いの良いところばかり見せて
お互いかっこつけるわけです。
それは当然です。

でもお互いのキャンペーンが終わったときに
そこから関係というものは
始まっていくわけです。

いろいろな出来事が経ていきながら
関係が固まっていくのか解散していくのか
見極めの時に

恋愛の話とお釈迦様の教団の話を
一緒くたにしやがってと
お叱りを受けることがあるかもしれませんが
あえて言います。
一緒です。

距離がどんなに離れていようと
その心と言葉と行為の中に
互いの進んでいく方向が一致するものが
見えるか見えないか。
これがとっても大事なことです。

全く見えないということであれば
時間の無駄になっていくと思います。
ああ、騙されたということになるかもしれない。
実らない恋に自分一人が盛り上がって…
それはそれで経験として
私は良いと思います。

彼に気持ちはないのに
鬱憤がたまったときだけ出会う
という恋愛はしたくない
相談者は思っているわけです。

都合よく異性を求めたいときだけ会う
というようなそういう関係を
続けたいとは思っていないということですよね。

であるならば身口意の方向が
お互い同じ方向を向いているのか
お互いを尊重し関係を続けていきたい
という方向に向いているのかどうか。
ということを相談者は見ていく必要がある。

相談者への処方箋

彼が毎日のようにメールしていた。
だんだん減ってくる。
かといって彼の相談者に対する気持ちが
なくなったのかどうか
彼も恋愛対象として
相談者を見ているのかどうか

メールが減ったからといって
一概に測ることはできない。
キャンペーンは終わった。
でもあえてそこを測っていく。

相談者が投げかけるメールの数と
相手の返ってくる返信の数が
全く同じだから一緒(の熱量)ですよ
とかそういうことではなく
この人の言葉、態度に嘘はないな
ということ(を確認する)
このハードルを課していくことで
確認していくことができる。

例えば仕事が忙しい
趣味がある
それは恋愛する前から同じ状況だと思う。
二人が出会う前から
その生活の状況はさほど変わらない。
お互い恋愛したい
異性を求めるエネルギーはすごい。
でもそれが持続性があったら
以前ほどメールしたり会ったりはないけれども
お互いの決めたときに
儀式に参加してこないといけない。

いついつ会いましょうねと決めたときに
どっちかが会えないことはあるでしょう。
お互いのことを大事だと思っているのであれば
そこに時間を割いて、そこに参加し
身口意の三業の方向性を確認し合う作業が必要。
お互い腹を割ってどうなのかという話をしていく。
二人のルールができていく。

恋に落ちると
仕事中にメールしている人がいたりします
そんなペースでずっと続くわけがない。
それが減ったからといて
相手は自分を好きじゃないのかな
ということにならならないと思う。
でもお互い本音で話をしていく必要がある。

処方箋として
お互いがどう思っているのか?
この関係をどう続けていきたいのか?
それを相談者は確認するといい。

たわいのない会話もいいけれども
自分が疑問に思ったときに
二人の関係をどうしていきたいのか
ちゃんと話した方がいいです。
そういう話をしたいので会いましょう
という提案をしたほうがいいです。

メールだけのやり取りでは
伝わらないものがある。
彼がそういう場に出てこない。
これは二人の教団は崩れているわけです。
お互い愛という名の信仰を持っているわけですから。

その儀式、反省会に出てこない。
仕事や趣味、その他の用事があるけれども
1時間でいいからちゃんと向き合いましょう
ちゃんと対話をして
お互いの関係をどう思っているのか
どうしていきたいのか
そういうことをちゃんと話すということ。
この集まりがとても重要になってきます。
どんなに離れていようと。
そうやってお互い確認していくわけです。

これをキャンペーンが終わった後の
なんとなくの探り合いで
宙ぶらりんの状態になっていて苦しいです。
彼を呼び出してちゃんと話すことです。

この二人の関係について
ちゃんと話すという時間を設ける。
そういうことをせずに互いの憶測で
話をしていると
どんどんよく分からないままになる。

どうこの関係を続けていくのか
ちゃんと話した方がいい。

なんとなく友達以上恋人未満みたいな関係で
キープしておいて
その流れで恋人みたいなことが
できるようになったらラッキーだ
実際にそう思っている人たちも少なくないので
それも一つの経験だと思います。

そういう恋愛を通して
色んな人がいるんだなと
でも自分はこういう関係は続けたくないんだな
とか、そういうことを学習していくわけです。

相談者は23歳。
異性についての人生のレッスンと思って
今は本当に苦しいと思います。

一度、この関係について
お互い話しましょう。
ということを彼にも時間を作ってもらって
話した方がいいと思います。
それが私からの処方箋です。

一方的にいろいろな妄想をして想像をして
ああでもないこうでもない
といって彼が実際にどう思っているのか
二人の関係を続けていくのか
話し合いのきっかけ持たないまま
勝手に自分で推測して
イライラしたり悲しんだり
相談者が苦しいだけです。
ですからちゃんと二人の儀式を持つということです。

その儀式を持つということは
ご飯を食べに行ったり
映画を見に行ったりということではなくて
二人の関係をどう思っているのか
ということをきちんと相手にむかって
心、意識、二人の付き合い方に対する
対話を持った方がいい。
恋が深まっていくために大事な
プロセスです。
ちゃんと付き合いに関して
どう思っているの?
ということを相手に問うた方がいいと思います。

相談者と同じような状態にある人は
ぜひ行っていただきたい。
その上で二人が共通の認識とルールと
自分の振る舞い方をちゃんと持って
良き恋愛に発展させていく。

ちゃんとした恋愛に発展させていきたい
と思うのであれば
二人の間に儀式を持つ
ということをおすすめします。

今、不安定な状態でそのことを考え始めると
いろいろなことが手につかない
という状況だと思いますけれども
人間と人間の関係を続けていく内に
心と言葉と行為、この方向性が
一緒の方向を向いている
という確認作業をできだけ早くなさると
良いと思います。

いろいろな恋愛も経験としてなさったら
良いと思うんですけれど
何をもってして恋人とするのか
何をもってして仲間とするのか
ということの定義を
お互いの対話の中で決めていかれると
良いと思います。

自分もそういう基準を持っていると
苦しい迷いから抜けやすいのかなと思います。

この後、彼といい方向に進んでいく
もしくは別れる、どちらになっても
相談者を見守りたいなと思っています。

応援してます。
つらいでしょうけど
頑張ってください。

大事なポイントをまとめると

  • お釈迦様が亡くなった後
    仏教教団の分裂騒動があり
    ルールが決められた(破僧の定義)
  • 大事な集まりの時には
    身口意の方向性が
    互いに一致しているかを確認している
  • 方向性が一致してることが
    教団が仲間として認める条件だった
  • 恋愛においても仏教教団と同じく
    どこまでを仲間と見るかが大事なポイント
  • 相談者の問題点は
    二人の関係が
    実りある恋なのか見極めができないこと
  • 人は何かに集中すると
    他の事が見えなくなる
  • 恋をすると
    自分の都合のいいように
    物事をみてしまう
  • 出会い系アプリは
    文字情報以外は見えない
    これはとっても危険なこと
  • 女の子に近づくためのテクニックが
    出回っている。
    コピペすれば長けているように見せられる
  • 最初の出会いはキャンペーン
    それが終わってから関係は始まる
  • 男女の身口意の方向が
    同じ方向を向いているのか
    しっかりと確認する必要がある
  • そのためにお互い決めたときに
    儀式に参加してこないといけない
  • 処方箋は
    二人の関係について
    どうこの関係を続けていくのか
    ちゃんと話す時間を設けること
  • 二人の間に儀式を持つこと
  • どんな基準で恋人とするのか
    それを持っていると
    苦しい迷いから抜け出しやすい

男女に限らず
人との関係は
お互いのキャンペーンが終わってから
というのは
なるほど!と思いました。
確かにそこからが
本編の始まりですね
どんなに最初の印象が良くても
キャンペーンが終わってから
本当の内面が見えてきます。

 

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

大愚 元勝(大愚和尚)(@Taigu_gensho)さん | Twitter
大愚 元勝(大愚和尚) (@Taigu_gensho)さんの最新ツイート。弟子とこっそりはじめたYouTubeチャンネルですが、多くの方からの反響をいただき、YouTuber和尚と呼ばれる今日この頃です。皆さまが健やかに穏やかな日々を送れますように。合掌
タイトルとURLをコピーしました