【大愚和尚の一問一答】女欲しい臭が出ていませんか?【婚活・恋愛】

大愚和尚の一問一答

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

必要とされる方への橋渡し

YouTubeは解決したい、知りたい目的の動画を探すのに不便
過去にあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。

過去にあの事を話していたのを
もう一度聞きたいと思っても
会話の内容までは検索機能が及ばず
膨大なコンテンツから探せないことがあります。

YouTubeは特に目的もなく
「何か面白い動画ないかな」
という心境で見るのには
とてもいいプラットフォームです。

しかし、順番通り系統立てて視聴したり、
特定の分野だけを視聴したいときには
あまり得意ではないプラットフォームです。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
誠に勝手ながらテキストと当方の主観や感想を
混ぜた記事で検索されやすい記事になればと考えています。
それによって動画への認知につながり
救われる方へ繋がればと願って書いています。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくために
まとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。
もし感想や当方の考えに共感が持てなければ
退出されることをおすすめします。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容でもし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方も
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
「優しく」つぶやいていただけると
助かります。

スポンサーリンク

恋愛相談

「女欲しい臭」が体からにじみ出ている

モテない人がやっている努力

ご相談内容

相談の要点

  • 30代男性からのご相談
  • 私は彼女が35年間おりません。
  • 30代前半までは職を転々としていたが
    2年前から正社員になり
    自信と充実感を得ている
  • 次は婚活を始めた
  • 第一印象は良いのだけれど
    なかなか好意を持ってもらえない
  • 一人の男として女性に認められ
    お付き合いまで発展するには
    どうしたらいいでしょうか?

私は彼女が35年間おりません。
そのコンプレックスで深刻に悩んでいます。

30代前半まで職を転々とし
あるいは働かず親に甘えて生きてきました。
今まで経験した中で自分にできる仕事を見つけました。
今はようやく親元から離れ、
その仕事で正社員として働き2年が経ちました。
社会人としてようやくスタートでき
仕事で自信と充実感を得ております。

そこで次の段階として
今まで何も行動していなかった女性と
お付き合いするということに向けて
積極的に行動を始めました。

街コンや婚活サイトなどで1年ほど活動しており
第1印象ではそれなりに良い評価をいただいております。
もちろん年齢や年収で最初からはじかれてしまう人は別としてです。

私はきれい好きなので、身だしなみに気を付けており
オシャレも大好きです。
また接客や販売営業などの経験が多く
コンテストで賞をいただいたこともあって
人との接し方で褒められることが多いです。

女性から恋愛感情としての
好意を得ることが全くできません。

努力しても成果が実らず
情緒不安定になりイライラしたり
涙が込み上げてきたり
感情のコントロールができなくなっています。

女性からの反応が悪いと女性から拒否される前に
自分から拒否してしまうこともあります。

自分は女性との縁が全くない業を背負っているのか
私を好いてくれる女性など
この世に存在しないのでは
とさえ考えてしまいます。

一人の男性として
女性に認めてもらい
好意を得てお付き合いするまで
発展するにはどうしたらよいのでしょうか?

大愚様のお言葉を頂けましたら幸いです。

女性と良い感じでお話はできるんだけど
「いい人なんだけど…」で終わったり、
「恋愛対象として見れない」みたいなことを
言われてしまいそう。
本人としては「なぜ?」ばかりが
付きまとってしまう。
いい意味で、丁度いい程度の
不真面目さがあるといいかな。

第一印象はとてもよさそうなんだけど
ちょっと堅い雰囲気が…
重たく考えすぎてしまっている感じがする。
肩の力を抜いて
自然体でいればいいのになって思う。

身心脱落(しんじんだつらく)

私が大好きな禅の言葉に
身心脱落」というものがあります。

身心脱落というのは
道元という禅のお坊さんが
自分の師匠を探して
中国にわたった。

道元

その中国で巡り合った如浄というお師匠さんが
修行中に道元さんではない別のお坊さんを
叱りつけていたときに
この「身心脱落」という言葉を発せられて
自分が叱られていたわけではないけれども
その言葉を聞いて悟りに至ったと言われています。

「身心脱落」とは何か?
身心というのは身と体と心、
それを脱落させてしまう。

身と心を落としてしまうとはどういうことか?
修行中のお坊さんであれば
悟りを開きたい。
そのために修行している。
そういう強い目的がある。
それに向かって
身も心もがむしゃらに努力しているけれども
その状態すら落としてしまう

つまり私たちは強い欲を持つと
その欲が目的に向かって
自分を駆り立ててくれるエンジンになる。
でも同時に目的に達するという結果を
阻んでしまうことがある。

特に人間関係においては
それが顕著に出てくる。

この身心脱落は面白んですけれども
道元さんは直接叱られていないが悟りを開いた。
しかし叱られたお坊さんは悟りを開いていない。

道元さんは一生懸命、悟りを開こうと
頑張っていたところへ
身心脱落という言葉を聞いたので
ストンと自分の(感覚の)中に落ちて
その瞬間に悟りを開かれた。

この身心脱落という言葉の意味が
曖昧で分かりづらいところが
まだあるかもしれない。

相談者の問題点

その分かりにくさを残したまま
相談者の問題を指摘させていただくならば

「女性に認められたい」
「女性となんとかお付き合いしたい」

という思いが強すぎる、
欲望が強すぎるということです。

相談者のお手紙を読んで
エールを送りたい気持ちでいっぱいです。

ずっと親に甘えてきた。
このままじゃいけない、ということで
自分で就職をして
自立しようと親元から離れて
ちゃんと就職もして
営業とかいろんなコンテストとかで
賞をいただいて
すごい努力をなさっているんだな
とてもポジティブで
一生懸命に頑張っている様子が
伝わってくる。
相談者は35歳で
2年前に就職したばかりで
よく這い上がってこられたなと思う。

どこか相談者のお手紙を読んでいて
一生懸命に努力すれば報われるということで
仕事のことで、技術、知識を身につけたり
話し方や本も読んだり、
おそらく勉強もなさると思う。

身だしなみも気を付けて
本や教科書の通りに
こうしたらうまくいくという
成功法則、手法を愚直に
自分の中に取り入れて
目標に向かって邁進しようとしてらっしゃる。

非常に積極的な勉強熱心な姿勢というのが
伝わってきます。
その努力が悪いということではない。

おそらくそれだけ積極的な方なので
恋愛に関しても
どうしたら女性にモテるのかという
本を読んだり、
セミナーに行ったり、
教材を買ったりなさったことも
あるのかもしれません。

いろいろなテクニック、ノウハウみたいものは
あるかもしれません。
モテやすい人とモテにくい人がいると思う。
(モテやすい人を)真似したところで
最終的に魅力的な人になれるとは限らない。

例えば恋愛のノウハウ本や教材は売れると思う。
何を意味するかと言えば
それだけ自分はモテないと思って
悩んでいる人が多いということです。

そのノウハウを身につけたから
みんながすぐにモテるようにならない。
だからまた売れるわけです。

相談者の問題として
女性にモテたいという想いが強すぎる
という話をしましたが、

相手は人間なんですね。

例えば自分の手の届かない
棚の上にあるバナナを取る。
それには方法がいっぱいある。

階段をもってくる。
引き出しのところに足をかけてよじ登る
天井から紐をつるして紐を登る

とにかくバナナまで届いたらゲットできる。

そのような感覚で
女性をゲットしようと思っても
そうはいかない。
相手は人間です。

何でもいいから
男が欲しい、男が欲しいと言って
迫ってくる女性がいたら
ちょっと怖くないですか?

女性にモテたいという気持ちを強く持つ
それは自然なことです。
男ならね。
女性だって男性にモテたいという気持ちが
あるでしょう。

モテたいモテたいとにかく女性にモテたい
その気持ちが相談者の動きとか
しゃべりとか持ち物とか
細かい部分に出てきてしまう。

とにかく女が欲しいと迫ってこられると
良い人なんだけど…ごめんなさい
ということがひょっとしたら
相談者の体からにじみ出ている

35歳になってくると
加齢臭とか気になってくるかもしれませんけど
だから身だしなみにも気をつけて
臭くないように気を付けているんだけれども

「女欲しい臭」が出てしまう

強烈に「女欲しい臭」を発している。
盛りのついたサルでしかない。
上手に取り繕って着飾って
美しい身だしなみに見せて
言葉も丁寧な盛りのついたサル

最悪じゃないですか。

だったら恋愛に飢えている中学生の方が可愛いぐらい。

一番質の悪い状況になってしまう可能性がある。

相談者がお客さんからの印象もいい。
営業のスキル、ノウハウもあるし
人から好いていただく魅力もあると思う。

ところが同じセオリーを恋愛に持ち込んで
何でもいいから成約に結び付ける営業みたいな
姿勢で女性に向かったときに
この女性はどう思いますか?

それは動物的な感覚で
この人は良い人なんだけど
それ以上、恋愛に発展したくないと
私なら思うかもしれない。

気を付けていただきたいこととしては
本当にそのような自分が女性に対して
想いが強すぎる。

そのことで勝手に卑屈になったり、
勝手に怖くなったり
勝手に心が激しく揺れ動いたりする。

この情緒不安定な男は
女性からしたら安心して
そばにいられる存在ではなくなってしまう。

こういう恋愛の相談はよくあるけれども、
恋愛セミナーを開いてくださいと
スタッフから言われることがある。

異性にモテるということは
大きなテーマ。
私はこれは大事なことだと思う。

男女が惹かれていくのは本能的なことです。
それによってカップルができて子供ができて
子供を残していく本能に基づく欲求なので
すごく強い欲求です。

この強い欲求をどのようにして
整えて扱っていったらいいかを
教えてくれるところがない。

これを自然にできる人もいれば
男女の人間関係の成熟の仕方が分からない
という人も今は本当に増えている。

由々しき問題だ

放っておくと男女間の関係が上手く築けない
仮にそこで結婚して子供ができても
今度は家庭の問題に発展していく。

男と女という関係について
どのようなお付き合いの仕方をしていったらいいのか
これは教えられることではない。
しかし、感覚として学んでいくことはできる。

処方箋

処方箋は

女の子に声を自分から掛けてみてください

声をかけるということを
もっと積極的にやって欲しい。
ただし声をかける目的が違います。
今までは女性と付き合いたいから
声をかけていました。

でも、そうではなくて
女性から振られるために声をかけてください。

女性と話すときに
チャンスがあったら付き合いたいな
と思うわけじゃないですか。
その想いがムクムクと頭を出してくる。
そこに本にある小賢しいテクニックを駆使しようとしたら
策略がそこに働く。
あるいは舞い上がってしまったり
動揺したりする。

そうではなくて
女の子に声をかけるのは
勇気がいることだと思います。
この子と付き合いたいなと思わずに
声をかける。
この子に振られると思って声をかける。
それを繰り返していくと
声をかけたことで
最終的に断られるということが
そんなに怖いことではなくなる。

人間は怖がっているものは手に入らない

例えばどこかの家に行って
犬がいたとして
「犬が怖い、犬が苦手」
こういう人を犬は敏感に感じる。
向こうも怖い。こっちが怖がっているから。
向こうに対して安心をする。

でも女性にモテたいという想いが強すぎると
嫌われるのが怖いですから
自分に緊張が走る。
心に緊張が走り
体に緊張がみなぎってくる。
この状態で女性と接したときに
女性は肌感覚で
接触したわけではないですが、
なんとなくそばにいて安心できない
という思いをもってしまう。

例えば私が動画を撮影して
YouTubeに流れます。
その後、いろいろな反応がある。
悪口を言う人もいれば
ありがとうございましたと
言ってくださる方もいる。
毎日聞いていますという
お手紙をくださる方もいる。
色んな人がいる。

良い声もあれば
悪い声もある
私が何かを話すときに
これを話したことによって
ネガティブな意見とか
苦情やクレームがあったりする。

そのことを私が恐れて話をしていたら
緊張しながら、怖がりながら
話をしていたら…
そんなお坊さんの話を聞いて
質問して下さる方はもっと不安になる。
ますます不安になる。
私がビビりながら話をしている。

言葉を超えた
命と命のやり取りの間で起きるのです。
どうやらモテない人で起きてきます。

恋愛本を読むと
しゃべり方とか態度とか
アプローチとか書いてあります。
でもその本の中に書いてあることと
全く反することをやってても
モテる人はいる。

なんでこんな人がモテるのか
ガサツな人がモテたり
俺の方がよっぽどかっこいいのに
なんでこいつがモテるんだという人は
いるわけです。
パッと見たときに、この人無理
と言っていた女性が
その人と結婚していたりすることがある。
面白いことがいっぱい起きる。

なぜこういうことが起きるのか?
恋愛本に書いてあるようなことを
100%やっている人がみんなモテるわけではない。
それと全く反する人でもモテたりすることがある。

抱かれたい芸能人の1,2,3位が
嫌いな芸能人1,2,3位に入っていたりする。

世の中にはいろんな人がいて
いろんなタイプの人が好き。
だけれどもなかなかいい人に巡り合わないという場合
共通しているのは異性を求める気持ちが強すぎる。
その人に嫌われたくないと思うので
とても卑屈になってしまったり
緊張してしまったり
追っかけようとしたり
固執したりする。

こういう雰囲気というものを言葉ではない
何か感覚で女性は感じるわけです。
良い人でお話して面白い人なんだけれども
“But(だけど)”が付くわけです。

この悪循環を断ち切るためにはどうしたらいいのか
一生懸命、女性に
モテようとすればするほど
落ち込んでいく。
身心脱落。
それが答えです。

女性に好かれようと思って
声をかけるのではなく
女性にまた振られると思って声をかける。
そうすると最初から別に付き合おうなんて
思ってなくお話するので
そこにいやらしさがない。
結果、お互いに恋愛に発展していくかもしれない。
だけど最初から獲物をゲットしようと狙っている。
おっさんが狙っている。
その姿を自分で想像したときに
モテないのは当然だろうなって
だんだんわかってきます。

色々な方を見ていると
女性を欲するという気持ちが
自分からストーンと抜け落ちて
女性と付き合うとか
もういいやと諦めた瞬間に
運命の人が現れたり
向こうもまんざらじゃない
という人が現れたり
そんなものです。

最初から振られるつもりで声をかける。
それをやっているうちに
だんだん女性に対して自分の発する
緊張感とかいやらしさとか抜けていく
という感じが出てくると思います。

この人にものを売りつけてやろう
と思っている時は相手だって
それを感じ取ります。

焦ることはありません。
身心脱落。
女性を欲する気持ちは
よくわかります。
あって当然です。
この気持ちを捨てたときに
女性ともっと対等に
一人の人間として
関係を築くことができるのです。

一人の人間として
認め合える存在が
恋愛のパートナーになれる。

大学時代のご友人の話

相談者のお悩みを読んでいて
思い出した人がいる。
それは大学時代の友達。
その友達はとてもいい顔をしている。
とても好かれる人だった。

とても真面目でデリケートでおしゃれ。
男性なんですけど几帳面なんです。
きちんとしている。
学校行きながらアパレル関係のバイトをしていた。

服屋さんで働いていたことも
あったかもしれませんが、
家に遊びに行って部屋に行くと
引き出しの中の下着とか
女の子みたいに丸まって入っている
いろんなものがきちんと整然としていて
部屋もきれい。
とてもちゃんとしている。

ところが彼には悩みがあった。
モテない。
好きな子がいても
付き合ってもうまくいかない。

あるとき、女の子と歩いているのを見た。
彼女できたの?と話をしたら
嬉しそうにできたという話をした。

夏休みの間、彼は田舎に帰って
夏休み明けに戻ってくると
すでに彼女に振られてしまって
彼女に新しい彼氏ができてしまった。

女性関係についてはずっと不運な彼だった。

とってもいい奴だった。
仲間も多いし真面目。
几帳面で綺麗好きでおしゃれ。
この子がモテないはずないでしょというぐらい
良い人なんです。
けれどもずっと彼女ができなかった。

その彼も今は結婚して子供が3人いる。
とても素敵な奥さんとめぐり合って
立派なお父さんをしています。

奥さんとどうやって知り合ったのか?
行きつけの歯医医院の
歯科衛生士さんと知り合って
結婚なさった。

彼は手首に数珠を付けていて
その数珠、素敵ですねと声を掛けられた。
それがきっかけで
何度か通っているうちに
そこでお付き合いが始まって
ついには結婚してというところまで発展した。

きっかけはそんなものなんです。

今の彼と学生時代の彼を比べてみると
一生懸命に女の子にモテる
ということを研究していた。

ああああああああ!

色々な本を買って
短期間だけ付き合った女の子にしても
付き合い始めたら学校に来るまでの
電車のルートも近い方に変えたり
一緒にデートするレストランも
(事前に)調べていて
全部段取りを組む。

言いにくいけど
怖いよね…

どういうデートコースがいいかすごく研究をする。
ちゃんとオシャレなレストランとかに連れていく。
本当に用意周到に女の子に対して構える。

でも、それって恐れなんです。

あそこの最近できたラーメン屋に行こうって
いってついてきてくれない女の子だったら
続かないよ
って言ってたんですけど
本当に続かなかった。

全部準備して全部段取りして
どうやったら嫌われないかという発想なんですよ。
彼自身に魅力がないわけじゃなくて
彼があまりにも女の子に嫌われたくない
その気持ちが強すぎることによって
教科書通りのつまんない男に成り下がっていた。
時を経ていろいろ経験して
だんだんそのような部分が抜け落ちていった。

今の彼はとても魅力的です。
女性にモテると思います。
同じ人間ですが
女性に欲するがゆえに
女性に嫌われたくない。
その気持ちが強すぎることによって
せっかく持っている自分の魅力というものを
消してしまう。
一番もったいないこと。

女性を欲するという気持ちは当然あるけれども
その気持ちが強ければ強いほど
この言葉を思い出してください。

身心脱落

自分の体も心も
女性とお付き合いしたいという気持ちが
強ければ強いほどこれを落とす。
落として女性と接する。
そういうつもりで女性と接してみてください。
人間関係は頑張ったら報われるというのではない。
人間はモノではない。

女性と関わる機会が少なくなれば
チャンスはどんどんなくなっていきますから
そこは積極的に女性を恐れることなく
いろんな女性とフラットに話す機会があれば
卑屈に避ける必要もない。
その機会は多く作ることは
あったほうがいいと思います。

応援しています。
頑張ってください。

大事なポイントをまとめると

  • 仏教には「身心脱落」という言葉がある
  • これは強い欲を持つと
    自分を駆り立ててくれるが
    同時に結果を阻んでしまうことがある
  • 特に人間関係においては
    それが顕著に出てくる。
  • 相談者の問題点は
    「女性に認められたい」
    「女性となんとかお付き合いしたい」
    という欲望が強すぎる
  • (モテやすい人を)真似したところで
    最終的に魅力的な人になれるとは限らない
  • とにかく女性にモテたい
    その気持ちが相談者の動きとか
    しゃべりとか持ち物とか
    細かい部分に出てきてしまう
  • 強烈に「女欲しい臭」を発している
  • この強い欲求をどのようにして
    整えて扱っていったらいいかを
    教えてくれるところがない
  • 自然にできる人もいれば
    男女の人間関係の成熟の仕方が分からない
    という人も増えている
  • 教えられることではないが
    感覚として学ぶことはできる
  • 相談者への処方箋は
    女性から振られるため
    女性に声を自分から掛けてみてください
  • 人間は怖がっているものは手に入らない
  • 女性にモテたいという想いが強すぎると
    嫌われるのが怖いので自分に緊張が走る
    それを女性は感覚で感じ取り
    距離を置かれてしまう
  • さらに卑屈になり、緊張し
    追っかけたり、固執する
  • この悪循環を断ち切るためには
    「身心脱落」する
  • この気持ちを捨てたときに
    女性ともっと対等に一人の人間として
    関係を築くことができる

相手との距離感や
相手の波長と
調和するのがコミュニケーションの本質
人間関係は
自分の要求を押し通す営業とは
そこが違う

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

大愚 元勝(大愚和尚)(@Taigu_gensho)さん | Twitter
大愚 元勝(大愚和尚) (@Taigu_gensho)さんの最新ツイート。弟子とこっそりはじめたYouTubeチャンネルですが、多くの方からの反響をいただき、YouTuber和尚と呼ばれる今日この頃です。皆さまが健やかに穏やかな日々を送れますように。合掌

コメント

  1. […] 【大愚和尚の一問一答】女欲しい臭が出ていませんか?【婚活・恋愛】 恋… […]

タイトルとURLをコピーしました