【大愚和尚の一問一答】大愚流HSPとの向き合い方

大愚和尚の一問一答

 

大愚和尚の一問一答について知りたい方はこちらへ

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha
【苦しみを 希望に変える 心の処方箋】 「大愚和尚の一問一答」では、人生経験豊富な大愚和尚が、仏教の視点をもって、国内外の方々から寄せられた相談にお応えします。 相談の内容は「人間関係」「仕事」「恋愛」「健康」など多岐にわたります。 たとえば、 □ 職場の上司とソリが合わない。 □ 学校でのイジメに悩んでいる。 □...

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

次の二点です。

  • 必要とされる方への橋渡し
  • 自分自身の心の整理

必要とされる方への橋渡し

YouTubeで過去のあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。
会話の内容までは検索機能が及ばず
探せないことがあります。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
整理された状況で目的の動画を探しやすく、
救われる方へ繋がればと願い書いています。

執筆当時は存じ上げなかったのですが
大愚和尚の公式サイト内で
「一問一答アーカイブス」というページがあり、
こちらからも整理された状況で
お探しいただけます。

趣旨は同じですが
橋渡しができるように
引き続き当方も自分の経験を元に
ご紹介していく所存です。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくためにまとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容で、もし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方で
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
優しくご連絡いただけると助かります。

スポンサーリンク
    1. 大愚和尚の一問一答について知りたい方はこちらへ
    2. 「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的
      1. 必要とされる方への橋渡し
      2. 自分自身の心の整理
  1. 大愚流HSPとの向き合い方
    1. 痛みを経験した人は強くなれる
      1. ご相談内容
      2. この動画のポイント
      3. 勇猛心と柔軟心
      4. 相談者の問題点
      5. 相談者への処方箋
      6. 大愚和尚が空手を習い始めたきっかけ
      7. 空手から学んだこと
      8. HSPの方への処方箋
  2. この動画もおすすめ
    1. ライフハックアニメーション – 心と体の健康チャンネル –
    2. ヤギコーチ公式チャンネル
  3. 大愚和尚の一問一答に戻る
    1. 大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集
      1. 「怒り」を扱う相談
      2. 「悪口」「陰口」に関する相談
      3. 恋愛相談
      4. 不倫相談
      5. 人間関係の相談
      6. 友達関係の相談
      7. フリーランス向けの相談
    2. 公式ページなど
      1. 大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha
      2. ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』
      3. オフィシャルサイト
      4. 著書
        1. 苦しみの手放し方
        2. 人生が確実に変わる大愚和尚の答え
        3. 最後にあなたを救う禅語
  4. HSPの方におすすめのYouTubeチャンネル
    1. ココヨワチャンネル
    2. ココロノトリセツ
    3. しょくのこHSS型HSP考察
    4. ライフハックアニメーション - 心と体の健康チャンネル -
    5. 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本
    6. 「敏感すぎる自分」を好きになれる本
    7. ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本
    8. 敏感にもほどがある

大愚流HSPとの向き合い方

痛みを経験した人は強くなれる

痛みを経験した人は強くなれる

ご相談内容

60代女性の方からのご相談

ご相談内容

  • 子供の頃からHSP(Highly Sensitive Person)気質を持っている
  • 他人に理解されずに生きてきた
  • HSPを知ったのは5年くらい前
  • 自分と同じような苦しみを持った方々がいる
    としって交流会にも参加した
  • 共感できる方と交流できてホッとした
  • HSPは人一倍、感受性が強く、繊細で共感力が強い
  • 人混み、騒音、争い事を嫌い、その中にいると
    極度のストレスを感じ、疲れやすく、体調が悪くなる
  • コミュニケーションがうまくとれず、わがまま、なまけもの、
    と誤解されたりする
  • 静かな穏やかな環境にいれば自分でも気づかなかった
    才能を発揮できる力も秘めている
  • つい最近までHSP気質だと知らなかった
  • 親にも理解されず、自分を責め遠回りをして生きてきた
  • 友達というものがどういうものかわからない
  • 5年前に癌で亡くなった友は相談者のソウルメイトだった。
    その人以外に友と呼べる人は見つからない
  • 友とは以心伝心、不思議な縁で結ばれていた
  • 息子夫婦、孫とは穏やかな関係を結んでいる
  • そのほかの人間関係は親しくなりかけても疲れて
    相談者の方から避けてしまう
  • 相手が相談者を理解できず蔑んで悪口を言うようになる
  • 仕事は長続きしている。好きな保育や介護の仕事をしている。
  • 慣れない時は共感が強すぎて相手に振り回されてしまうこともあった
  • 最近は感情に流されなくなった
  • プライベートな時間は極力、人との関わりを避けたり
    限定したり避けたりしています
  • 逆にクールだという印象を持たれている
  • どちらにしても誤解されるので
    ストレスを溜めないように自分のために時間を使いたい
  • 一人でもやることはいっぱいあるが、
    やっぱり寂しいと思う
  • 結婚はうまくいかず夫はいない
  • 相談者のようなHSP気質の人が
    うまく中庸になるにはどのようにしたらいいでしょうか?

この動画のポイント

  • 修行者の修行に向かう心構えを説いた教えに勇猛心と柔軟心がある
  • 勇猛心というのは果敢に勇猛に物事に対して取り組んでいく。
    柔軟心というのは柔軟な心。
  • 非常に繊細な人もいれば非常に鈍感な人もいる
    この両極の間に人は分類されるのかもしれない
  • いろいろな人のことが繊細に感じられるからこそ続くこともあれば
    繊細に感じられないからいいこともある。
  • この両方が人間社会の中で、自然界の中、宇宙の法則にしたがって
    生きていく上で必要なことです。
  • 雨の中を一発も雨に当たらずに走り抜けることはできない
  • 相談者の課題は余生に向けての自分のHSPの特徴を踏まえた上での
    「在り方を修行していくこと」
  • 処方箋は勇猛心と柔軟心の二つの言葉を
    状況に合わせて自分に言い聞かせみる
  • 和尚は1年ぐらい、大学行ってからやりたい放題やっていた
  • 自分が堕ちていくことに気付いていた
  • 友人が空手をはじめて、そこからどんどんとたくましくなっていった。
  • 堕落した自身を奮い立たせるために空手を始めた
  • 空手を学んで「勇猛心」と真剣に向き合うことになった
  • 人と関わりたいというのであれば
    自分の繊細過ぎるところを練習して慣らしていかないといけない
  • それしか方法がない
  • あえて痛みを受けてみる。あえて苦しみに飛び込んでみる。
  • どんなに知識で学んでも
    どんなに自分で自主練で練習しても
    やっぱりあの真剣の勝負の実践でもらった痛みというのは
    それに対する対処方法をちゃんと体で学習して
    そうやってだんだんやられない自分になっていく
    でもその過程の中にいっぱい痛い思いをする
  • そうやって強くなっていくしかない
  • 痛みに対してものすごい過敏だから
    一発もパンチをもらわずに、一発もキックをもらわずに優勝したい。
    これは残念ながらどんな天才でも無理。人生も同じ。
  • 備えておいていただきたい心は
    勇猛心と柔軟心の両方であること言うこと。

勇猛心と柔軟心

修行者の修行に向かう心構えを説いた教えに

勇猛心と柔軟心

があります。

勇猛心というのは
果敢に勇猛に物事に対して取り組んでいく。
柔軟心というのは柔軟な心。

この両方がないと
修行を進めていくことは難しい。

アクセルもあればブレーキもある。
昼があれば夜がある。
男がいれば女がいる。
白があれば黒がある。
上があれば下がある。
北があれば南がある。

というふうに、全部正反対の極を
もっています。

今このHighly Sensitive Personですか、
非常に物事に繊細。
それが普通の一般的な方々よりも
その傾向が強い。

こういった人たちがいると思えば
実はその反対で非常に物事に対して鈍感
特に人の気持ちとか
誰かがどういう思いをしているか
そういうことに関して
ここまで鈍感だったら楽だろうな
というぐらい鈍感な感覚を持ってらっしゃる方も
いらっしゃる。

その両極の間にひょっとしたら
いろんな人たちが分類されるのかもしれません。

同じ人でも
より繊細な時と、
より鈍い状態にあるときと
行き来している

というのがおそらく
私たちの心の状態だと思います。

相談者の問題点

この一問一答を見て
自分はHSP、感受性が強すぎる、過敏すぎるという状態なんだ
ということが今わかって、
わかってから客観的に自分を見つめることができるようになった
ということだと思うんです。

ですから、人間関係でうまくいかないこともあると思いますし、
それが人間関係で逆に良好に続いているということもある。

いろいろな人のことが繊細に感じられるからこそ
続くこともあれば
繊細に感じられないから
いいこともある。

この両方が人間社会の中で、
自然界の中、宇宙の法則にしたがって
生きていく上で必要なことです。

晴れの日もあれば
嵐の日もある。

晴れの日だけで過ごしていこう
というのは難しい。

雨の中を一発も雨に当たらずに走り抜ける
ということはできないわけです。

太陽の中を太陽光線を浴びずに
いくということはできないわけです。

生きていくということは
雨に降られる時もあるし
晴れる時もあるし
この両方をなんとか
適用しながらいく
ということになる。

相談者はここから逃げようとせずに
なんとか自分の余生を心穏やかに
中庸な心持ちで生きていきたい
ということなので
まさにこれは「修行者」だと思っています。

そういうふうに生きていくということを
自分で積極的に取り組もうとしていらっしゃる。

そういう意味で相談者の課題は
まさに余生に向けての自分のHSPの特徴を踏まえた上での
在り方を修行していくことだと思っています。

相談者への処方箋

処方箋は
勇猛心と柔軟心の
二つの言葉を状況に合わせて
自分に言い聞かせみる
ということです。

大愚和尚が空手を習い始めたきっかけ

空手をやっていたという話を
何度もこの一問一答でしているのですが、
空手を始めたきっかけは
争いが好きとか
痛いこととか辛いことが平気
ということじゃないんです。

まったくその逆です。

もともとは不純な同期でした。

お寺でお師匠さんも含め
親も厳しい人だったので
ゲームもないし、テレビもないし
お金も自由に当然(使えなかったし)
お小遣いももらっていませんでしたし

とにかく自由がなかったんですよ。

口より先に手が飛んでくるという
師匠だったので
そこから大学に行ったときに

大愚和尚
大愚和尚

親元から離れてなんと世間は自由なんだ

と思ったわけですよ。

いつまで寝てても
誰も文句言われないでしょ。

自分の好きなテレビ番組が見られる。

とにかくなんて世の中は自由なんだ。

1年ぐらい、大学行ってから
やりたい放題やっていました。

空手を始めたきっかけは
実はその状態の中で
だんだん、

大愚和尚
大愚和尚

これ、いいんだろうか?

と思いながらそこから抜け出せなかった
ということなんです。

面白いもので生活は習慣になっていく。
朝起きて
学校行くの面倒臭いな〜
と思ったら、
そのままもうちょっと1時間(寝る)。

一人暮らししていれば
寝坊したりとかしてみたいじゃないですか。

それで、一限目の講義に出ない。

最初はそれでドキドキしながら
あ〜しまった、出なかった。

だんだんとサボることが平気になってしまう。
友達に代返してもらえばいいかな
そんな舐めた学生でした。

カラオケを覚え
競馬を覚え
パチンコを覚え
恋愛を覚え…

甘いこといっぱいですね。
楽しいこといっぱいです。
唯一、お金だけがない。
でも、バイトすればお金が入ることを
覚えちゃうわけです。

バイトしたらお金が入ってくる。
入ってきたお金で遊ぶ。
行きたいときに学校に行って
起きたいときに起きて
寝たいときに寝る。

夜中に友達がバイクで
ラーメン食べにいこうぜ
ってきたら、
一緒に夜中に出ていって
東京の環七通り、環八通り
いろんなお店があるので
朝方まで遊んで帰ってくる。

そんな時期を過ごしていたこともあります。

だんだんね、自分が腐っていくことに気付くわけです。
自分が堕ちていくことに気付くわけです。
その生活習慣というものが当たり前になってしまうんです。

幸いにしてその頃
私の友人が空手をはじめて
道場に入門した。

その道場に入門してから
その友達はもともとストイックな人だったんですけど
人間が変わったかのように
おかしくなっちゃったんですよ。

まず体がどんどん変わっていったんですよ。
それまで細くてすらっとした人だった。
どんどん筋肉がついて大きくなって
学校に来て授業が始まったら
震える手で鉛筆を握っている。
しばらくすると寝ちゃう。
朝、学校に来る前に空手の稽古をして
自分でトレーニングをしている。
筋トレなんかやるんです。
重いものをずっと持ってると
軽いものを持った時に手が震えるんですね。
しかも、練習に行って夜中まで練習しているみたいで
狂ったように空手の稽古に打ち込み始めて
どんどん目つきが変わって体つきが変わって
学校にいるときもちょっと違う。
遊びに行ったりもするけど
やっぱりちゃんと練習にもいく。

彼が大会に出ることを聞いて
友達でね、冷やかしに行ったんですよ。

大愚和尚
大愚和尚

どんなやられ方をするのかな?

大愚和尚
大愚和尚

K.O.されたら笑ってやろうぜ

とか言いながら、応援に行ったんです。

始めて時間も経ってなかったんでしょうけれども
新人戦で試合に出るですけど
彼が下突きとパンチとローキックぐらいしか
技がなかったと思うんですが、
それだけでベスト8まで勝ったんですよ。

中にはカッコイイ組手のスタイルで勝ち上がっていく人がいる。
彼はどっちかというとカッコイイ勝ち方ではない。

大愚和尚
大愚和尚

あれだけ努力していれば勝つわ

全部、延長戦、延長戦、延長戦で
最後の苦しいときに
頑張りぬいて勝利をもぎ取っていく
というような勝ちでベスト8まで行った。

それを見たときに、
空手という競技じゃなくて
あきらかに他の私の周りにいた
大学生とは時間の流れが違うと思った。

大愚和尚
大愚和尚

何がこんなに彼を一生懸命にさせるんだろう?

でも、明らかに大学四年間しかない中で、
それがどんな方向にせよ
こんなに真剣に時間を過ごしている奴がいるだろうか?

それを見たときに自分が恥ずかしくなったんですね。
何だか分からないけれども、
それと比較して
フラフラと遊び歩いている自分、
そして言い訳をして学校にも行かなくなっている自分に対して
このままでいいんだろうか?
もともと私の中に持っていた焦りに火が付いた。

このままだったら自分は堕落してしまう。
というのをどこかで思っていたんでしょう。
でも、それが何だかわかりませんが
その道場という学生とは違った大人の迫力の中で
修行している彼を見たときに
自分は何か分からないけど
このタイミングで道場に飛び込まなかったら
自分は腐ってしまうって
どっかで思ったんです。

だから私は強くなりたいとか
争いが好きで空手を始めたわけじゃないですけれども
この堕ちていく自分を
なんとか叱ってくれる人が必要だと
思ったんでしょうね。
そういう動機で入りました。

痛いことは嫌い
頑張ることはまあまあ…
女の子が見たらちょっと頑張っちゃうかな
という感じ、
それ以上、自分でね
努力するということも
そんなに好きではない
そんなストイックな世界は好きではない私が
空手道場に入ったきっかけは
実はそんなことでした。

空手から学んだこと

だからその空手に私を入れてくれるきっかけになった
友人にはものすごい今でも感謝しています。
彼がなかったら私は勇猛心というものを
知らなかったでしょうね。
柔軟心がいくらでもありました。

大愚和尚
大愚和尚

いいよいいよ、みたいなね

穏やかにやさしく、
でも勇猛心というもの対して
真剣に向き合うということをしなかった。
どっちかというと私も嫌いですよ。

戦争とかも嫌いだし
殴り合いやったり
痛いことなんかましては嫌いですよ。
他人が痛いのはまだいいけど
自分が痛いのはイヤだ
というそういうワガママな厚かましい人間ですから。
そんなこと思いもしなかった。

でも、空手に入って痛みを知りました。
叩かれたらこんなに痛いんだ
ということが分かりました。
空手に入って苦しみを知りました。
この苦しみの中から…

格闘技の試合とか
ボクシングでもそうですけれど
3分3ラウンドでしょ。
ものすごい苦しいですから。
サッカーの試合を1時間やるのもあれですけど
1時間動けるということなんですよ。

もう極限まで練習している
プロボクサーが3分間戦うという
たった3分じゃないですか。

私は格闘技をはじめて
もちろんサッカーとか野球とか
色んなスポーツがあって
それぞれみんな体力いるんです。

でもね、3分で自分はもう死ぬ
って思うくらい息が切れるとか
あんな、競技というのは格闘技
そりゃ真剣勝負ですからね。

あんな濃い3分間をこれまでの人生で
過ごしたことがなかった。
3分がこんなに長いのか。
30秒で息が切れますよ。
それを3ラウンドやるって
ボクサーは凄いです。
本当に凄いですね。

けど、その時間の濃さを知りました。
3分という時間がこんなに長い時間で
こんなにたくさんのことができる
こんなに濃密で貴重な時間だということを
知りました。

HSPの方への処方箋

何がいいたいかというと
相談者がこれからね
60を半ば近くをね、
年齢もいってらっしゃると
思うんですけれども

ここから自分が中庸、
中庸というのは
この勇猛心と柔軟心によって得られる
穏やかな世界と果敢に物事にチャレンジしていく
というこの中庸をですね、
このバランスっていうものをとって
できるだけトータルでこの残りの人生をね
人間関係をうまくやるというというよりは
やはり友達がいたり、家族がいたり
ということはいいなと
思っているわけです。

面倒臭いことを避けるんだったら
全てを避けて生きていける時代に
なってきてるじゃないですか。
機械もあるし、人に会わなくても
生活できるんですよ。
インターネットもあるし。

けれども、やっぱりそうでなくて
人と関わりたいというのであれば
当然、相談者が少しでも自分の繊細過ぎるところを
練習して慣らしていかないといけない。
それ以外、方法ないですから。

そのためには自分がね道場に
飛び込んだつもりで
あえて痛みを受けてみる
ということも不意打ちは辛いですからね。
あえて痛みを受けてみる。
あえて苦しみに飛び込んでみる。
ということをやってみることも
ありなのかなと思うんです。

これが処方箋。

柔軟心だけでなくて
勇猛心も思い出して
ちょっとチャレンジしてみる。

話を空手道場に戻します。
空手家って誰も痛いこと好きじゃないです。
痛みを避けて快楽をえる
それが人間の本能です。
その本能に逆らっているんですよ。
でも、じゃあ、なぜ
空手の人たちは殴ったり蹴ったり平気なの?
何度も申し上げますけど平気じゃないんです。

でも面白いもので人間の体が慣れてくるんですよ。
もう20年以上、空手をやっていますから
ちょっとやそっと殴られたところで
痛いですよ、痛いですけど
それで心が折れるということはありません。
面白いものでやっぱり生徒もいますし、
空手やってて強い人に会うとね
怖いですよ、怖いですけどバチンとやられるとね

大愚和尚
大愚和尚

すごいなぁ
あの上段回し蹴り、見えなかった

って嬉しいんですよ。

大愚和尚
大愚和尚

あれは凄いパンチだな~
すごいキックだな~

やられて痛いのに嬉しんですよ。

これは自分からやられにいっているから
ということなんですよね。

これを不意打ちを急に食らわされたら

大愚和尚
大愚和尚

ちくしょう、なんでこんなことやるんだよ
いたいじゃね~か

と言って心が折れちゃいますよ。

でもね自分からそれを受け入れて
痛いということを自分が体験すればするほど
ガードができるようになっていくんです。
ほんとそうですよ。
例えばね、上段のガード、中段のガード、足のガード
というのをするんですよ。
学習して、こういうガードの仕方があるよ
こういう風に来たらこうやって避けるんだよ
こうやって来たらこうやってブロックするんだよ
ということを教わるわけですよね。
それを練習するんです。
何回も練習しているのに
試合になるとやられるわけですよ。
それはそうですよ。
ガードをしてないところへ打たれるから。
ガードしてたらやられない。

何回、知識でやっても
練習でやっても
実践で本当に一つ一つある大会に出たら
右のローキックで下段回し蹴りでやられた。
もうそれからその痛みたるや大変なものです。
何日も1週間も2週間も続くんです。
でもね、体がそれをその痛みを味わった段階で
次の試合であんまりもらわなくなるんですね。
そうすると今度は反対側の足でK.O.されるんです。
そうやって、あばら折られて、
顔蹴られて、みぞおちでK.O.されて
そうやって実践でやられるたびに
体が本能的にそこをちゃんと守ろうとして
ガードが完成していったんです。

その前にどんなに知識で学んでも
どんなに自分で自主練で練習しても
やっぱりあの真剣の勝負の実践でもらった痛みというのは
それに対する対処方法をちゃんと体で学習して
そうやってだんだんやられない自分になっていくんです。
でもその過程の中にいっぱい痛い思いをするんです。
いっぱい辛い思いをするんですよ。
もう二度と空手やりたくない、
もうこれで空手やめようって思うことも
あるんですよ。

けれども、そうやって
強くなっていくしかないんです。

私は痛みに対して
ものすごい過敏だから
一発もパンチをもらわずに
一発もキックをもらわずに
優勝したい。

これは残念ながらどんな天才でも無理です。
人生も同じなんですね。

確かに人一倍、感受性が強くて
心に対しての刺激が
それに対して耐えられない
という人もいます。
その反対に最初から打たれ強い人もいるんです。

けれども自分が打たれ弱いんだけど
なんとか少しでもある程度の打たれ弱さを
克服していくことによって
人さまと関わって友達関係ができたり
人間関係がもっと豊かになる
そこを求められるのであれば
勇猛心というものを
自分の柔軟心に加えてね
自分から痛みを味わうかもしれない。
けれどもちょっと挑戦してみようじゃありませんか。
というそんなチャレンジができたら
余生は刺激的になると思います。

もう60を半分超えられて
そこからなお、心の中庸というものを求めて
今、私にこうやって質問をくださっている。
本当に尊敬し申し上げます。

100%争いを嫌な気持ちを
避けて生きることが出来ない
という世の中であればね
自分から積極的に
少しの痛みというものを覚悟のうえで
人と関わって絡んでいくということを
相談者がもしなさるとしたら
きっとそれはね
母として、おばあちゃんとして
凄いチャレンジをなさっている
そのようにきっと子供たちも感じると思います。

あまり痛かったらスッとまた引っ込めばいいだけですからね。
けれども自分の弱み、
それを知った上で何とかこの弱みを克服をして
最終的には全部ひっくるめた両極を知った上での中庸
これを求めたいと願われるのであれば
その心は大切にしていただきたい

備えておいていただきたい心は
勇猛心と柔軟心の両方であること言うこと。

これが相談者が向かわれる
一つのヒントになるのではないか
と思います。

応援しています。

私も日々、打たれながら
ちょっとずつ強くなっていきたいな
と感じて修行を続けていきます。

応援しいます。
頑張ってください。

痛みを経験した人は強くなれる
スポンサーリンク

この動画もおすすめ

ライフハックアニメーション – 心と体の健康チャンネル –

【HSPとは】繊細で傷付きやすいあなたへ。自分を守る3つの方法とは

ヤギコーチ公式チャンネル

他人の批判や怒りに動じない方法/今、異常なほど攻撃的な人が増えているワケ
スポンサーリンク

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

「悪口」「陰口」に関する相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

フリーランス向けの相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

著書

苦しみの手放し方

人生が確実に変わる大愚和尚の答え

最後にあなたを救う禅語

 

スポンサーリンク

HSPの方におすすめのYouTubeチャンネル

ココヨワチャンネル

ココロノトリセツ

 

しょくのこHSS型HSP考察

 

ライフハックアニメーション - 心と体の健康チャンネル -

 

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

敏感にもほどがある

タイトルとURLをコピーしました