【書評】苦しみの手放し方【大愚元勝著】

大愚和尚の一問一答

生きていく上で悩み事に苦しんでいる方が
多くいらっしゃいます。
このページを見ているあなたも
何かに悩み苦しんでいるのではないでしょうか。

この苦しみから解放されるには
どうすればいいでしょうか?
実は過去の先人たちも
同じようなことを考え、
そしてそれを解決するために
膨大なデータを集めてきました。

その中の一つに仏教があります。
お釈迦様が解いたお言葉は
まさに苦しみをなくすための
ライフハックの宝庫となっています

そんな仏教をベースに
多くの人たちの苦しみを
ほぐしてくれる僧侶の方がいます。

その方が大愚和尚という方です。

YouTube『大愚和尚の一問一答』で
人生相談に答え続け、
人気を集めた僧侶の方ですが
そのかたがついに本を出版されました。

タイトルは「苦しみの手放し方」です。

この記事ではこの本の紹介をします。
この本を読むことで
生きていく上で経験する
様々な苦しみの手放し方がわかります。

こんな方におすすめ

  • 人間関係、お金、結婚、恋愛、友人のことで悩み苦しんでいる方
  • 大愚和尚のことをもっと知りたい方
  • 仏教のことを勉強したい方
スポンサーリンク

この本の解説

  • 悩みの大枠は全てカバーされている
  • 仏教というライフハック術を知ることができる
  • 悩みの専門家との出会いを生む

悩みの大枠は全てカバーされている

各章で人間関係、仕事、お金、病気と健康、子供や家族、恋愛や結婚など
多くの場面で多く遭遇します。
これらの悩みに数多く聞いてこられ導いてこられた
大愚和尚の大量のデータベースのエッセンスを
この本1冊で読むことができます。

あらゆる種類、8割型の悩みを
この本で解決できるのではないでしょう。

そして、もっと自分の具体的な悩みに寄り添って欲しい場合は
大愚和尚の一問一答の動画を見ると
さらによりよい解決案がみつかります。

仏教というライフハック術を知ることができる

日本人は宗教のことに無関心なのが大半です。
よく意味や成り立ちを知らずに、
冠婚葬祭や、風習を倣っている人がほとんどではないでしょうか。
私もその一人です。

この本には仏教の教えとなる教訓や大事な考えが
数多く紹介されています。

それまで仏教については
大きな関心はなくても
この宗教が生きていく上で
とても有用なライフハックとして
活用できることが
この本を読むとわかると思います。

悩みの専門家との出会いを生む

悩みは自分で解決できる人は皆無です。
それができれば、この本に興味を示すことはないと思います。
多くの人は身近な人に相談しますが
身近な人も様々な経験をしていますが
あなたと同じ経験をしているわけではないので
答えられる内容に限度があります。

詳しいことはその道の専門家に聞くのが
一番効果が高いです。

問題はその専門家がどこにいるか
どうやって出会えるか。

この本はその専門家である大愚和尚との出会いを
届けてくれます。

スポンサーリンク

著者・大愚元勝さんとは

大愚元勝さんの経歴・半生

佛心宗大叢山福厳寺住職。(株)慈光マネジメント代表取締役。慈光グループ会長。
僧名「大愚」は、大バカ者=何にもとらわれない自由な境地に達した者の意。
駒澤大学、曹洞宗大本山總待寺を経て、愛知学院大学大学院にて文学修士を取得。 僧侶、事業家、作家・講演家、セラピスト、空手家と5つの顔を持ち、「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。

福厳寺HP・大愚和尚プロフィールより引用

愛知県小牧市にある大叢山福厳寺の住職です。

詳細はこちらの記事に掲載しています。

SNSなど発信媒体

Youtubeチャンネル

公式ブログ

Twitter公式アカウント

他の著書

最後にあなたを救う禅語

人生が確実に変わる大愚和尚の答え

スポンサーリンク

ネットや読者の反応

悩みや不安の正体は安定を求めているから。絶対、と言う強い自我があるから。何事も変化し、絶対というものなどないことを意識したい。自我とはつくづく厄介だと感じる。人間は成長過程で自我が芽生えていくけれど、それに伴って理想や思い込み、現実とのギャップに苦しんでいるのだろう。全てのことに対する思い込みや執着、自分の中にある恐怖を和らげるには心を柔らかく、余裕を持って自分なりに日々精進していく姿勢が大切なのだと感じる

読書メーターから引用

大愚和尚のYouTube動画を観てささくれだった心が穏やかになっていくのを感じた。それを本にしてくださったことで、改めて自分のこれからの生き方を見直していこうと思った。

読書メーターから引用

「小欲・知足」の仏教の教えに共感しました。たまたまYouTubeで動画を見つけて、そこからかなり動画を見たけど、動画で仰っていた内容もいくつか本に載っていて、あぁ、この内容聞いたことあるなぁって。仏教の「三具足」の言葉も新たな発見。心穏やかな毎日を過ごしたいな^^

読書メーターから引用

スポンサーリンク

感想

悩みは4種類しかない

人間の悩みは実は4種類しかない。

仕事、お金、健康、そして人間関係。

全ての悩みはこのどれかに属しています。
これは昔から変わっていない
生きていれば誰もが抱える悩みばかりです。

ということは
悩みのデータベースを知ることや
それぞれの対処の方法を知ることが
まずは人生を生きていく上で
大きな指針、心の支えになっていく。

つまり過去の悩みを知るだけで
人生で困っていることの大半は
ケースが見つかるということです。

だけれどもなぜか多くの方は
この事実を知らない人が多くて驚きます。
みんな自分のことは真剣に考えるけど
人のことは軽んじて考えるという習性があるからでしょうか。
大愚和尚のYouTubeだけでも自分に状況に
当てはめやすい悩みを見つけられるし、
その悩みの回答を見るだけでも
大きく道を踏み外すことはないことは確かです。

だからもっと多くの人が
悩みのデータベースがあることを
知られていないことに
もどかしい思いがします。

他人のことに振り回されすぎる

他人のしたことと、しなかったことをみるな。
自分のしたことと、しなかったことだけを見よ。

これは私自身のことでもありますが
周囲の人々、これまで出会ってきた人々の
ほとんどに当てはまっていると思います。

誰だって他人にネガティブなことを言われるのを
好む人はいません。

そして他人の行動を終始観察し
あれがだめだ、これがだめだと
他人の劣っているところばかり見ている。

しかしそれは他人という鏡に自分の姿を
映した姿に自分の心が過剰に反応してしまう。

実は他人を裁いているようで自分を裁いている。

そのことに気づくようになってからは
他人ではなく自分の心境や振る舞いに
集中することを心がけるようにしています。
(できるようになったとはとても言えない)

他人に対して
こうあって欲しい
という思いが強いと
それだけがっかりすることが多いものです。

過去と未来に囚われるな

そして自分のなすべきことに
集中する時に邪魔になるものが
過去と未来です。

過去の悔い、未来の不安
このことに思考の大部分を奪われ
自分のなすことに全く
集中できていない
ということが何度もありました。

いま、ここ、自分

という言葉も
多くの本で見かけます。

自分のなすべきことは
いま、ここ、自分
にしかない、
これを理解することが
まず第一歩なのかなと感じています。

スポンサーリンク

他書のおすすめ

10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒント

道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる

斎藤一人 神的 まぁいいか

スポンサーリンク

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

フリーランス向けの相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

著書

苦しみの手放し方

人生が確実に変わる大愚和尚の答え

最後にあなたを救う禅語

タイトルとURLをコピーしました