【大愚和尚の一問一答】人の奥様を「好き」になってしまった【恋愛・不倫】

大愚和尚の一問一答

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

必要とされる方への橋渡し

YouTubeは解決したい、知りたい目的の動画を探すのに不便
過去にあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。

過去にあの事を話していたのを
もう一度聞きたいと思っても
会話の内容までは検索機能が及ばず
膨大なコンテンツから探せないことがあります。

YouTubeは特に目的もなく
「何か面白い動画ないかな」
という心境で見るのには
とてもいいプラットフォームです。

しかし、順番通り系統立てて視聴したり、
特定の分野だけを視聴したいときには
あまり得意ではないプラットフォームです。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
誠に勝手ながらテキストと当方の主観や感想を
混ぜた記事で検索されやすい記事になればと考えています。
それによって動画への認知につながり
救われる方へ繋がればと願って書いています。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくために
まとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。
もし感想や当方の考えに共感が持てなければ
退出されることをおすすめします。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容でもし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方も
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
「優しく」つぶやいていただけると
助かります。

スポンサーリンク

不倫相談

人の奥様に「好き」という感情を持ってもいいのか?

他人の妻を好きになったのなら、態度をはっきりさせなさい

他人の妻を好きなってしまった方からのご相談

相談の要点

  • 20代男性の方からのご相談
  • 既婚の女性と知り合い仲良くなった
  • 彼女から相談者のことが好きだと伝えられた
  • 彼女は旦那さんとうまくいっておらず
    過去に別の男性を好きになったこともある
  • 相談者も彼女のことを
    意識するようになり好きになった
  • 体の関係は今のところない
  • ダンマパダには「他人の妻と交わることはいけない」とあった
  • 人の奥さんに好きという感情を持ってもいいのでしょうか?

 

共通の知人を通じて
10歳以上も年上の女性と知り合った。

仲良くなって連絡を取り合い
一緒に会う機会も増えてきた。

彼女は結婚していて旦那さんとお子さんもいる。

ずっと以前から夫婦仲が良好ではなく、
他の男性とも関係があった。
ということを教えてもらった

もうすぐ離婚する予定だと告げられた。

最近、二人で会うことが増え
彼女が私のことが好きだといってもらった

最初は意識していなかったが
私も彼女のことが好きだと気づき
どうすればいいのかを考えるようになった。

体の関係は今のところはない。
ただ会って話をするという中で
今は進んでいます。

話は逸れますが
和尚様の動画の中で出てくる
「ダンマパダ」を買って読みました。
「他人の妻と交わることはいけない」
と書いてあり、今の関係についてさらに考えるようになった。

最終的な判断は私たちの中にあると考えている。
ですが、この関係をもつと、
誰かを悲しませたり、
誰かに嫌な気分を与えるような関係は
いい関係とは思えない。

相手の子供や旦那さんのことを考えると
今の関係はどうなのかと疑問に感じました。

好きという感情を
人の奥さんに持ってもいいのでしょうか?

私は結婚されている限りは
これ以上の関係になるつもりはないし
求められても断るつもりですし、
もし良好でない関係ならば
距離を置くということも
したほうがいいのでしょうか?

この女性は
気を付けないといけないな~
旦那と子供がいて
昔、別の人を好きなったと
言ってきたり
あなたのことが好きだと
言ってきたり…

 

彼女とは
距離を置いて
縁を切ったほうがいいと思う。

男性は誠実で真面目で
とても冷静に判断していると思う。
体の関係もないし、
自分や周りのことも
ちゃんと考えているようだけど
この女に振り回されないためにも
ハッキリした態度を
示した方が…

ダンマパダ

ダンマパダという
ブッダの教えを記したとされる
お経本の中にこんな一説がある

放逸にして
他人の妻に近づくものは
4つのことを得る。

功徳なき事
安眠なき事
第三に非難
第四に地獄を

功徳なく、また行方も悪い

怯える男女に楽も少ない

王も厳罰を科すゆえに
人は他人の妻に近づくなかれ

なんか厳しいな~

当然でしょ

かみ砕くと

他人の妻と浮気をすると
具体的な4つのことがある。

功徳がない

人の道を外れているので
良い業を積んでいく行いにならない。

自分の心が落ち着かない。

旦那さんや子供のことを気にしながら
コソコソするので
自分の心がいつも不安を感じる。
気になったり嫉妬心にかられたり、
夜、寝れなくなったり。

そのことが誰かに知れ渡って
批判を受けるのではないか。

実際、誰かに知れ渡れば
社会的な批判を受ける。

一番最後は
地獄に落ちる。

他人の妻と浮気をするということ
現代社会でもいっぱいあることだと思います。

本当の実態数を測りようがないけど
何食わぬ顔して
よろしくやっている人たちも
いるんでしょう

妻子ある男性とあるいは女性と浮気をする。

当然、自分がいろんなストレスから逃れたいがゆえに
家庭の中で大事にされていなければ
よそでいいことを言ってくれる人のそばに行きたい。

自分を大事に扱ってくれる人のところに行こうとする。

これは人間の性として当たり前にある
実際にやるかやらないかは別として。

ダンマパダには
他人の妻と浮気をする
そのことによって何が起こるのか
これが説かれている。

当時のインドの背景を考えると、
ただそれが人に浮気がばれて
社会的な批判を浴びたり
自分の心が定まらない
ということだけじゃなく

両家を巻き込んでの泥沼状態になって
恨みつらみになって代々にわたって
一時期の先祖の迷いの出会いが
家、家系をぐちゃぐちゃにしている
という例がたくさんあることが分かります。

インドは一夫多妻制。
お釈迦様も3人の妻がいた。

お釈迦様

昔の古い経典とか仏見を見ていると
恐ろしいことが出てきます。

合法的に複数の妻がいる人であっても
第一婦人が主人の留守中に
第三婦人を家来に捕らえさせて
みんなの前で辱めて
肉体を切り刻んで
ぐつぐつと似たお湯の中で
煮立たせたり
地獄のような世界が
実際に合ったという話もある。

とんでもない地獄や~

ダンマパダで解かれている
男女に関しての言及は
聖人君子のような行動をしなさい
ということの前に
人間の男女間に愛にまつわる
憎悪の激しさ醜さ、そのえげつなさ
さんざん歴史の中で見てきたから
私たちに警告をしている。

男女の愛情のもつれ
これ以上に人間が人間を狂わせることがない

という例を
過去の先輩たちが
今よりももっとそういったことが身近に起きて
もうぐちゃぐちゃの状態になって
人間が崩壊していく様を
嫌というほどあったからこそ
それに対して気を付けなければならないと
警告されていると思ってください。

お経本に書いてあるから
人間は完璧な生き物ではないから
というご意見もわかるが

そういったことを経文に記して
人々に戒めなければいけないほど
とんでもない修羅場を
実際に生きながらの地獄を
何度も演じてきたわけです。

そこに対しての反省がダンマパダにある。

「他人の妻に近づくことなかれ」という
一つの教えになっている。

そう思ってください。

合法的に結婚した(複数の)妻でさえ
嫉妬によって妻同士の骨肉の争いがあった。

ましてや他人の妻ならば
そこにゴタゴタ劇が起きるか。

そのことによって人生の大事な時間、貴重な時間
これを大きく失っていくということが
非常にもったいない。

ということが
ブッダからの警告です。

人間は理性よりも感情の方が強いから
結果としてご主人と別れて
相談者と一緒になって
幸せになるかもしれない。

相手の女性の方が経験もあるし、
旦那さんもいるしお子さんもいる。

今、離婚しているわけではない。

他人の妻というのは
そこに子供も関わります。

男女の恋愛、ある程度の節度があれば
色々と付き合った彼女と別れて
別の人と付き合う

必ずしも初めて好きになった人と
一生添い遂げるということは
なかなかないと思います。

鶴というのはお祝い事に使われるけれども
どうも連れ添った人と一生添い遂げるという性質が
あるみたいで
男女のお祝い事の象徴として目標とされる生き物
しかし人間はそうじゃない。

鶴は連れ添った相手と一生添い遂げる

浮気もする。
色々と好きな人を見て好きだと思う。
ある空手家がこんな名言を残している。

「きれいな花がたくさんある。
その花を見て綺麗だと思うのはいい。
ただし折るのは一本にしておけ。」

目から鱗(うろこ)

 

街中にいるときれいな女性はいっぱいいます。
長く生きれば素敵な女性にあう経験をする。

桜の花も紅葉もチューリップもバラもパンジーもきれい
それぞれの魅力がある。
あっち行ったりこっち行ったり当然できない。

その中でこの人って決めて
その人とお互いの関係を練り上げていく
ということができれば
これは本当に凄いことだと思います。

だから結婚式の時に望み誓い、
あるいは神の前で、あるいは仏の前で
あるいは人の前で
結婚式というのを挙げて、誓約をして
一生を添い遂げると決める。

しかし、現実にはそうではない。
離婚率というのも非常に高い。

それが人間です。

相談者への処方箋

色々とよろしくないことなんだと
感じていると思う。

私からの処方箋は

今、そういう思いがあるのであれば
相談者の中でけじめをつけた方がいい。

体の関係はない、
しかし心はその人が好き
それが浮気ということ。

気持ちがその人にいっている
肉体の関係があるなしよりも
(心が)そちらの方向に向けて
この質問をしてこられる

ダンマパダを読んで
なおかつこの質問をしてこられる

これは自分の感情を
正当化したいという気持ちが強い。

感情が抑えられそうにない
という危機感を感じていたのね

もしその女性が本当に別れて
自分と結婚をして
その女性とまたちゃんとやっていく
自分の中に決意があって
やっていく自信があるというのなら
結果としてよかったねということに
おさまるかもしれない。

当然、その女性の
今の子供との関係というのも
絶対に関係してきます。
今の旦那さんとの関係というのも
どこかできちんと
離婚の手続きをとって
新しい結婚生活をスタートする
という準備ができるという前提。

筋を通さないとダメ
ということだね

そのことがない限り、
いたずらにその気持ちを大きくしたら
相談者が苦しむことになる。

その女性が本当に離婚したいなら
以前にお付き合いした男性がいたということなので
とっくに離婚していたと思う。
本当にうまくいっていないなら。

いろんな事情や計算は
あるわね~

子供のこともある、
自分の生活のこともある
ご主人からの生活費を当てにしているなら
中々離婚できずにズルズルときているのかもしれない。

相談者も奥さんも含めて面倒をみて
ひょっとしたら
お子さんの父親になるかもしれない。
それはわからない。

もしそうなった場合にも
ちゃんと自分が経済的にそれを支えて
家庭としてやっていく、
そこまでの決意があって
今、この質問をしているのか?

それとも

自分の感情を優先するがゆえに
このダンマパダの中に書いてある
そのままのことが起きる。
必ず起きる。
それを全部想定して
起きてでも、その方と一緒に
将来、この後の人生をやっていくつもりでいるのか
そこはよくよく見極められたいいと思います。

覚悟がいるなぁ

最終的には私からのアドバイスというのは
恋愛においてはなかなか効き目がない。

こればっかりわね~

色々迷って一問一答にたどり着いて
大愚和尚の考え方とか
仏教の教えを
参考にさせていただいていると言っても
最後に決めるのは自分です。

人間は道理はわかっていても
道理の通りには生きられない。
感情ほど強いエネルギーはないですから
最終的には多くの人が自分の感情を優先すると思います。

ですから私の処方箋をそのまま実行されている人の方が
少ないと思います。

相談者も「最終的には自分で決めることです」と言いますが、
相談者がよほどの自分の甲斐性といいますか
結婚というのは子供と絡んできます。

男女同士が付き合って
うまくいかなかったら
別れるというのは
それはそれで良いと思います。

しかし、子供を設けるという作業がある。
子供にお父さんとお母さんの
ゴタゴタがあってということで
一つの大きなトラウマ、精神的なダメージ
ということを与えてしまう。

それをひっくるめて
ちゃんと家庭を今後作っていくつもりで
その女性と結婚するのか

よほどの覚悟と
ある程度の甲斐性、経済力を含めて
やっていくことができないんであれば
私は多くの確率で相談者の恋愛というのは
将来、良い形で実を結ぶとは思えない。

別の女性を探した方がいいと思う

もし相談者の中で
ストップをかけていくための背中を押してほしい
ということを期待しているのであれば
躊躇なく言います。

それが本心だったのか

肉体関係がないからということだけで
たまに会って話をするというのも続けていくと

それは秘められたお互いの心のうちの
外から見えない培養器の中で着々と芽を出して
育っていく。

他人の妻に近づけばどうなるか
ダンマパダにある結末に向かって
培養された恋愛の芽は枝葉を伸ばしていく
ということは目に見えている。

この恋はいけない予感
みんなが不幸になる

もし相談者がとどまるつもりがあるなら
彼女にはっきり言いなさい。

「その先の私の人生
あなたの人生を考えたときに
お子さんもあなたも
あなたの老後も
ひっくるめて
自分がきちんとこのまま恋愛を実らせて
結婚まで至るというつもりでいます。
だから旦那さんと離婚して
私と一緒になってください」

それを言う覚悟がないなら
「ごめんなさい
これ以上この関係を続けていって
いたずらに自分の気持ちが強くなってしまうのは
とても怖い。
私には将来のあなたの面倒を見られる甲斐性がない
好きだけれども、それだけの責任を負うことができない。
だからこの関係にケジメをつけましょう
ということをハッキリという。

いずれにしても
ハッキリと自分の態度を示した方がいい。
それが私からの処方箋です。

恋愛感情は
暴走すると怖いな~

どっちに転ぶかはご本人の判断であって
私の人生ではない。

確実に言えることは
これ(恋愛感情)が秘められた培養器の中で
育っていく前に
自分の態度をはっきり表明したほうがいい。

かといって、すぐにきっぱりと
別れることができなくて
しばらく関係が続いていくかもしれませんけど
まず自分の態度をはっきり示すということです。
曖昧なままいっていい結果になることはないです。

自分の意志はこうだ、
と自分が決める。

彼女に聞くことではない。

自分が今なすべきことは何なのか
ということの中に
今のお付き合いしている彼女との関係を
どう位置付けていくのか

相談者の人生に関するセンスが問われます。

うっ
重い…

自分が決めたことによって
自分の人生がどうなるのか
最終的には相談者が責任を負うつもりで
この恋愛をどうするか?

これは相談者にとって今一番大事な人生のレッスンです。
その答えを出すのは相談者自身です。

私は腹の底でブッダの教えを守るということを
おすすめはいたします。

頑張ってください。
応援しています。

大事なポイントまとめると

  • 他人の妻と交わることは
    大きな制裁がある
  • 他人の妻との恋愛を成就するには
    それ相応の手続きを取らないといけない
  • 子供の絡んでくるので
    負うべき責任も考えるべき
  • 相談者にその覚悟があるのか?
    決めるの自分自身。
  • 今、その決断を示すべき時。
  • 決めるのは自分。
    和尚は腹の底ではブッダの教えを
    守ることをおすすめする

 

もう会わないようにするのが
一番いいと思いますが
本人がすんなりと納得できる答えなのか。
感情のコントロールの難しさを感じます。
一時的な感情で
人生を大きく左右していまった
経験を持つ方が
大多数なのではないでしょうか。

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

大愚 元勝(大愚和尚)(@Taigu_gensho)さん | Twitter
大愚 元勝(大愚和尚) (@Taigu_gensho)さんの最新ツイート。弟子とこっそりはじめたYouTubeチャンネルですが、多くの方からの反響をいただき、YouTuber和尚と呼ばれる今日この頃です。皆さまが健やかに穏やかな日々を送れますように。合掌
タイトルとURLをコピーしました