【大愚和尚の一問一答】悪口や嫌味を言われたときの対処法

大愚和尚の一問一答

どんな組織いても
一生懸命やっているのに
悪口や嫌味を言われてしまう場面はあります。

なぜそれを言われてしまうのでしょうか?

自分に非があったから?
相手があなたのことを気に入らないから?

また、そんな時はどうすればいいのでしょうか?

相手をやり返すことでしょうか?
自分の状況をわかってもらうことでしょうか?

大愚和尚は処方箋として
2つの提案をしています。

一つは仕事に入る前に
非難に対するあるブッダの教えを
自分で唱える

もう一つは仕事に入る前に
自分の頭の中で仕事の予習、復習をして
作業のスピードを1.2倍から1.5倍ぐらいに引き上げてみる。

いったいどういうことでしょう。

詳しいことを知りたい方は
下記の動画をどうぞお聞きください。

大愚和尚の一問一答について知りたい方はこちらへ

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha
【苦しみを 希望に変える 心の処方箋】 「大愚和尚の一問一答」では、人生経験豊富な大愚和尚が、仏教の視点をもって、国内外の方々から寄せられた相談にお応えします。 相談の内容は「人間関係」「仕事」「恋愛」「健康」など多岐にわたります。 たとえば、 □ 職場の上司とソリが合わない。 □ 学校でのイジメに悩んでいる。 □...

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

次の二点です。

  • 必要とされる方への橋渡し
  • 自分自身の心の整理

必要とされる方への橋渡し

YouTubeで過去のあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。
会話の内容までは検索機能が及ばず
探せないことがあります。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
整理された状況で目的の動画を探しやすく、
救われる方へ繋がればと願い書いています。

執筆当時は存じ上げなかったのですが
大愚和尚の公式サイト内で
「一問一答アーカイブス」というページがあり、
こちらからも整理された状況で
お探しいただけます。

趣旨は同じですが
橋渡しができるように
引き続き当方も自分の経験を元に
ご紹介していく所存です。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくためにまとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容で、もし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方で
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
優しくご連絡いただけると助かります。

スポンサーリンク

悪口や嫌味を言われたときの対処法

悪口や嫌味を言われたときの対処法

悪口や嫌味を言われたらどうすればいいのか?

50代女性からのご相談

ご相談内容

  • 職場の同僚が相談者のやることにグチグチ言ってくる
  • 仕事をミスった時に注意せず、
    仕事が終わって交代する時に言われる
  • 上司はわからなかったら聞いてください
    と言ってくれるのに、
    同僚に聞くと舌打ちをされ教えてもらえない
  • 最初の頃は気にしていたが
    今は気にしないようにしている。
    それも気に入らないようだ

この動画のポイント

  • ダンマパダの一説にもある通り
    人は誰であっても非難される
  • 大愚和尚も落ち込んだときに
    ダンマパダの一説を読んでいた
  • イジメられる側にも原因があったりする
  • ちょっと気を付けるだけで
    イジメられにくくすることができる
  • この一説が体の中に染みていると
    外からの非難を跳ねのけてくれる
  • 処方箋は二つ
    • 仕事の前にダンマパダの一説を唱える
    • 日常生活の動作を1.5倍~2倍ぐらいのスピードでこなす
  • 作業が遅かったり雑であったりするのは
    周りをイラつかせてしまう
  • 作業のスピードを上げて無駄な動きがなくなったあとに
    ちょっとだけスピードを緩めると丁寧にできるようになる

大愚和尚も修行時代に舌打ちされていた

ダンマパダ「怒りの章」にある一説。

アトゥーラよ。これは昔にもいうことであり、
今に始まることでもない。
沈黙しているものも非難され
多く語るものも非難され
少しく語るものも非難される。

世に非難されないものはいない。

ただ誹(そし)られるだけの人
また、ただ褒められるだけの人は
過去にもいなかったし
未来にもいないであろう
現在にもいない。

もしも心ある人が
日に日に考察して
この人は懸命であり、
行いに欠点がなく、
知恵と徳行を身に備えている
といって賞賛するならば
その人を誰が避難しえるだろうか。

ダンマパダ「怒りの章」

どうでしょう?

今、誰かから非難を受けているとか
誰かから相談者のように仕事の面において
仕事ができないからという理由でも
非難を受けている人
馬鹿にされていると感じている人にとっては
とても心強いブッダの言葉ではないでしょうか。

実は私は今、読んだところまでのこの一説がとても好きで
自分が色々と非難されて落ち込んだりするとですね。
いつもここの部分を声に出して
何度も何度も読んでいました。

実はね、お坊さんの世界でも
何か失敗をすると「蹴散らし」と
言ってですね
非常にこう非難されたりします。

お坊さんの蹴散らしというのはですね。
みんなで集まる時に行う儀式のとき
私も儀式の時に身体作法と言って動きがある。

ここで合掌する、
ここでお辞儀をする、低頭する
ここでこう動くとか
手順が全て決まっているんですね。

手順通りにきちんとできる人
これがよくできる人という評価をもらうわけです。

細かい動きをちゃんと覚えていなかったり
できないと
大勢の人たちがいる前で
「チッ!」と舌打ちされたりね。
叱られたり、あいつはできない奴だ。
蹴散らした、といって非難される
ということがお坊さんの世界でもあります。

そうやって厳しく後輩たちを育てる
ということなんだろうと思いますけれども
私も結構、トロいところがあるので
ちゃんと儀式の動きを覚えておらずに
非難されたりということが
昔、よくありました。

そんな時に自分が落ち込んだら
もちろんもう一回勉強し直して
何がいけなかったのかな
ということをやるんですけれども
それをやってもね
舌打ちされたりとかね
心にダメージとして残るじゃないですか。
なのでこのブッダの一説を読んで
落ち込んだ時には自分を励ましたり
ということも昔よくしていました。

相談者への処方箋

仕事で何か失敗をした時に
誰かがそのことを疎ましく思ったり
避難したりとか
そういうことというのは皆ある。

一つは非難をする側
できない人に対してね
舌打ちしたり、グチグチ言ってきたりとか
非難する側にも問題はありましょう。

けれども、同時にね
やっぱり言われる側も
いつまでもそんなことを言わせたくない
わけですよね。

結構、私も企業の研修の依頼があるので
企業さんに行ってね、
なかなか失敗ばかりしている人
というのを対象にトレーニングをしたり
ということはあるんですけれども
やはりね
よく失敗する方とか、
よく間違えてしまったりする方とかは
よく間違えてしまう理由があったり
それから職場でいじめられたりする人は
いじめられている原因があったりする。

いじめることがいいとは言いませんけれども
いじめられやすい人とか
非難の対象になりやすい人
っていうのはやっぱりいるんですよ。

非難をしている側とか
いじめている側というのも
もちろんよろしくないことですけれども
いじめられている側も
ちょっと何か気をつけていくことによってね
いじめられにくくなる
ということがあります。

特に子供達の場合のいじめは
いじめっ子を対象として
考える場合もあります。
いじめられっ子側を強くしてしまう
ということもとても有効です。

なのでそういう研修とかを
請け負うことがあるんですけれども
そこでいつもアドバイスをするのは
やっていただくことがあって
処方箋なんですが、2つあります。

1つは冒頭に読んだブッダの心、
怒り、人から非難がある
これに対して自分がこう
「なんであんな態度なの」
「なんでチッって言われなければいけないの」
ってなんか嫌じゃないですか。

今、相談者は
頭の上を素通りするようにしていますと
いいますけれども
やっぱり素通りするように見えて
自分の心に引っ掛かりがでますね。
そうすると失敗して、また言われるんじゃないか。
ということが次の失敗をまた産んでいってしまって
楽しく仕事ができない。

どうせやっぱり仕事にいって
働くんであればね
お金をもらっているから
仕方がないんだ
っていう感覚よりは
少しでも自分がその仕事ができるように
なっていた自分が何か持てる力を発揮した
ということによって
人様に喜んでいただく。
それを喜びに変えたいですよ。

そのためにまずは
このブッダの怒りの一説ですね
先程の非難というものを
みんなされるんだ
ということをですね。
仕事に入る前に唱えてから
仕事に入るんですよ。

本当にすごいなと
最近実感するんですが、
お経の中に書いてあること
経典の中に書いていること
っていうのはね
ほんといい言葉は書いてあるとは
思うんですが、
何度も何度も自分が声に出して
読んで自分の中に
落とし込んでいくと、
免疫力として自分の体に根付く
っていう感覚が出てくるんですよ。

要するに何かが起きた
人から非難された

このブッダの一説が
自分の中にあると
ちゃんと外から入ってくる
非難というものを跳ねのけてくれる。

一生懸命、努力して
頭の上を素通りさせたり
右から左へ受け流したり
自分でもやっているつもりだけど
どこかで心に残って
チクチクと痛い。
ということはですね
それよりもブッダの言葉が大きくなって
自分を守ってくれるんですよね。

なので非難が来ます。
来るんですけれども
もっと大きなバリアに守られて
弾き返されていくような感じです。

もちろん心ある人から
こうした方がいいよ
とか心ある人から
注意をされたり叱られたり
というのは私は本当に
喜んで受け止める方なんですけれど

やっぱりこういつまでも
舌打ちしたりとかね
なんかちょっとそういう嫌な感じを
自分に持つことによって
自分のパフォーマンスが下がっちゃう。

自分が気持ちよく仕事ができない
そこが問題なんですよ。

その人がなんか言ってくることよりも
自分が気持ちよく最高のパフォーマンスを発揮して
そこで仕事ができないということが問題なんです。

なのでそこから自分を守る免疫力をつける方法としてね
体にちゃんと栄養素があると
いろんなウィルスとかにも犯されにくくなる。
免疫力が高くなりますよね。

同じなんですよ。
ブッダの言葉を心の中に入れていって
そして自分がね、仏の教えに従って
生きていると
ちょっとやそっとのことでは
自分の心は揺らされなくなるんですね。
ですからぜひ今の冒頭の言葉ですね。
もう一度巻き戻して
さきほどのブッダの言葉ですね。
非難に対して自分を賞賛されない

すごいですよね。
何人もね
やっぱり過去においても
未来においても現在においても
たくさんものを語る人も語らない人も
みんな非難されるんだ。
ということ。

そうなんだ
というだけじゃなくて
非難されるんだということだけじゃなくて
じゃあ、どうすればいいのか?
ということも後半に出てくるじゃないですか。

ちゃんと自分が徳行を積んでね、
どうしたらいいか?
ということも出てくる。
ここはやっぱり素晴らしいところで
この一説を今私が読んだところまでていいのでね
繰り返して繰り返して
そしてそれをお仕事に入られる前に見る。

それともう一つ。
いつまでも「チッ」って舌打ちを
されたくないですよね。

そう言ってもね。
なのでぜひ仕事をできない自分から
できる自分にしていくために、

2つ目の処方箋、アドバイスは何かというと

日常、家事、育児、まあその他いろいろと
仕事の作業というのがあると思いますけれども、
これをですね。
生活全般にわたってやらなければならないことの
作業のスピードをいま相談者さんが
行っているスピードよりも1.5倍〜2倍
はやくやってみるんです。

失敗しないようにはやくやってみるんです。

自分が意図してやっていたりとか
仕事ができないといって失敗ばかりしている人の
トレーニングとしてよくやっていただくんですけれども

相談者が車を運転なさるとしたら
車の運転に自信がない人
というのは視野も狭いし、
運転している時に
みているところの目線が
すごく近かったり
自分の運転に自信がない
特に車の列に入れてもらったり
追い越すとかいろんなことができない。
すごくおどおどしながら運転している。

おどおどしながら運転していると
多くの車のなかで遅い車があったり
自信がない人の運転てね
他のドライバーからすると腹立つんですよね。
「さっさといけよ」
と思ったりとか。

「さっさといけよ」と
思っている人が悪い
ということもあるんですけれども

遅すぎたりとか
自信がなくてフラフラしている車というのは
周りをイラつかせるんですね。

相談者はどうかわかりませんが
ひょっとしたらそうやって舌打ちする同僚たちを
なんとなくイラつかせることが
あるのかもしれない。

相談者の人格の問題ではない。
ただその作業に慣れていないとか
ということがあったりする。

そこを改善していく一つの方法として
もし仕事がうまくできない
そしてその仕事に自信がない
ということでこの自信がないまま
道路に出ていってオロオロしている
周りをイラつかせるドライバーのようなことが
職場で起きているとしたらですよ。
それが原因かどうかわかりませんけれども
1.2~1.5倍ぐらいで作業をスピーディーにやる。
ということを普段から練習するんです。

先ほど、車の例を出しましたが
高速道路に乗ってアクセルを踏むと
速いスピードで運転すると
車ははやく進んでいくので
自分の見ている目線を
遠く遠くに送っていく必要がある。

そうすると視野が広くなる。
近いところを見ながら運転していると
突然何かがぱっと出てきた時に
その度に挙動が大きくなる。
急にブレーキ踏んだり。

速いスピードで運転していると
遠くを見ないといけないんですよ。
遠くを見ていると視野が広くなるんですね。

その広い視野になっていくと
頭のスピード、回転のスピード
判断のスピードとか
こういうことが起きるな
ということ

あらかじめあっちから車が出てきそうだとか
こっちから人が出てきそうだ
ということを感じるわけです。
なのでそれと同じことで
仕事をしていく時にも
自分がどうせやらなければいけない仕事を
1.2~1.5倍ぐらいのスピードでね。
私はゆったりじゃなくてね
あえて自分が同じ仕事を
ちょっとスピーディーに行ってみるんですよ。
でも乱暴にやるのはだめです。

歩くスピードをはやくする。
でもドタドタドタって歩かない。
それはただ慌てているだけです。
たかが廊下を走ることでも

静かにはやく移動することができる人というのは
仕事ができる人というのは共通してきます。
同じ作業を少し早めに自分がこなしていこう
という意識で、
でも失敗をしないでいこう、と思うと
そうやってスピーディーに正確に仕事を進めていくっていうことを
家事においても洗濯においても
やろうとするとね
どうしても効率よくやらなくてはいけないでしょ。

スピードってね2倍、3倍、4倍、5倍って
はやくしていけないんですよ。
一つの作業をはやくすることの限界があります。
どうなるかと言ったら
無駄な動きを削っていく
ということが起きていきます。

一つのスピードを
ここからここまでを
ビューンとはやくする。
それはやっぱり限界がありますよ。

だけれどもそれでも
仕事のスピードをはやくしようと思うと
無駄な動きを削っていく。
ということに繋がっていきます。

できる人っているのはね
やっぱり見てると無駄な動きがないんですよ。

だからそんなに急いでいるように
見えないんですけど
同じ作業をしてみると
はやくできる人の方が仕事が終わるんですね。
これ面白いですね。

ということで
処方箋として二つのことを言いました。

一つは仕事に入る前に教えを自分で唱えていく

二つ目が仕事に入る前に
自分の頭の中で仕事の予習、復習をして
作業のスピードを1.2倍から1.5倍ぐらいに引き上げてみる。

そうすると
このスピードをはやくするということを
やっていくとですね
そこからスピードを落とすとですね
仕事が丁寧にできるようになるんですよ。

自動車を高速道路で時速100キロで
運転している。
その時のスピード感と視野の広さ
これをもってスピードを60キロに落とすと
どうなるか。

100キロでずっと走っていた
60キロに落とすと
すごくゆっくりに感じるんですよ。
視野が広いまま余裕を持って仕事ができるようになるんです。

普段から仕事を速く効率的にやる
ということを自分がですね
焦るというのとは違うんですけれども
素早くこなそうと思うと
無駄が削れる
そして視野が広くなる
それを丁寧にちょっとだけ
そのスピードをですね
緩めるだけでミスが少なくなるんです。

ミスをするということは
見えていないということが多いんですね。
でもそれが心にも普段
スピーディーに作業をこなすという
練習をしているので
スピードをちょっと緩めるだけで
物凄く視野が広がって
心に余裕ができて
ミスが少なくなる。
それでいて速く的確に仕事がこなせるんですから
1.5倍から1.3倍ぐらいに落とすだけで
そこに丁寧さが生まれるわけです。

そうやって仕事をしていく時のスピード
これを普段から家事から育児からなにからね
ちょっと早めにスピーディーに作業をする。
そのときに気をつけるのが
決して焦っているということじゃない。
バタバタ、ドタドタやらない。

特に音に気をつけていただくと
わかるんですけれども
自分が作業をしている時の
音が大きい人というのは
早そうに見えて雑なだけです。
その雑さというのは周りにとって
鬱陶しいことになります。

なので周りをイラつかせたり
迷惑になっていくので
できるだけねスピーディーに
できるだけ音をさせないように
作業を進めていく。
ちょっとだけアクセルを緩める。
すると見えていくる世界が
広がって落ち着いて仕事が今度
できるようになります。

なので仕事ができない
ということで失敗ばかりしてしまう。
そんな自分を変えたいと思うのであれば
あえてアクセルを踏んでみるんですよ。

アクセル踏んでおいて、
視野を広げておいて
仕事に対する集中力を高めておいて
ちょっとだけアクセルを緩める
そんな感覚でお仕事に取り組んでいただくと
これまでいろんなことを指導してきましたけれども
ちょっと仕事のスピードを追い込んであげる。
そのあとちょっと緩めた時に
ずいぶんと視野が広がって
おちついて対処ができたりとか
ミスが少なくなるということがあったりしますので
ぜひね試してみてください。

応援しています。
頑張ってください。

悪口や嫌味を言われたらどうすればいいのか?
スポンサーリンク

こんなツイートもありました。

非難されることに対する
免疫力を上げていきますね。

今日もありがとうございました。

スポンサーリンク

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

「悪口」「陰口」に関する相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

フリーランス向けの相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

著書

苦しみの手放し方

人生が確実に変わる大愚和尚の答え

最後にあなたを救う禅語

タイトルとURLをコピーしました