【大愚和尚の一問一答】どうして不倫はいけないの?【恋愛、離婚】

大愚和尚の一問一答

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

必要とされる方への橋渡し

YouTubeは解決したい、知りたい目的の動画を探すのに不便
過去にあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。

過去にあの事を話していたのを
もう一度聞きたいと思っても
会話の内容までは検索機能が及ばず
膨大なコンテンツから探せないことがあります。

YouTubeは特に目的もなく
「何か面白い動画ないかな」
という心境で見るのには
とてもいいプラットフォームです。

しかし、順番通り系統立てて視聴したり、
特定の分野だけを視聴したいときには
あまり得意ではないプラットフォームです。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
誠に勝手ながらテキストと当方の主観や感想を
混ぜた記事で検索されやすい記事になればと考えています。
それによって動画への認知につながり
救われる方へ繋がればと願って書いています。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくために
まとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。
もし感想や当方の考えに共感が持てなければ
退出されることをおすすめします。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容でもし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方も
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
「優しく」つぶやいていただけると
助かります。

スポンサーリンク

不倫相談

「どうして不倫はいけないの?」というご相談

不倫はそんなに悪いことですか?

ご相談内容

相談の要点

  • 相談者は40代女性
  • 妻子ある男性と不倫をしている
  • 不倫がなぜいけないのか?と疑問に感じる
  • 未来がないとわかっていても彼と別れられない
  • アドバイスをお願いします。

不倫についての相談です。
不倫が良いことではない
とわかっているのですが、
「悪い」と思いながらも
ほんの少しだけ
「(不倫は)どうして悪いの?」
と思う部分もあります。

妻子ある男性と不倫している。
男性の妻と数年間、別居状態だが、
離婚できないまま。

彼はほぼ毎日、自分のもとに帰ってくる。

「どうして不倫はいけないの?」
道徳的にも悪いことはわかっている。
なぜか彼との未来がないとわかっていても別れられない。

理由を考えてもわからない。
そんな自分にアドバイスが欲しい

「ほんの少しだけ」と言っているけど
悪いと思っていない。
本音は不倫している自分を
正当化して欲しいんだよね

奥さんと別れて自分と結婚したら
幸せになれるのに
という本心が見える

仏教には「戒」という言葉ある。

仏教には「戒」という言葉がある。

戒とは「自分が守るべきルール」。

守っていけばよりよく生きられる。
そういう戒がいくつか示されている。

  • 不殺生戒…生き物を殺してはいけない
  • 不偸盗戒…自分のものでないものを勝手に盗らない
  • 不邪淫戒…いたずらに欲望のために性を貪ってはいけない
  • 不妄誤戒…ウソ・偽りを言ってはいけない

こういうことはしない方がいいというのを
先人たちの過去の膨大な経験から
守るべきルールが定められた。

戒の特徴は
もし仮に戒を破ってしまっても

他人によって
罰を受けたりすることがない

誰かに強制的にこのルールを破ったら
牢屋に入れられるというものではなく
自分がよりよく生きていくために
自分で保つ、それが「戒」。

法律というルールに
さらに「戒」というルールを足していく

 

法律を破っていないからやっていい
バレなければ構わない

 

というのでは
世の中はわたっていけないのよね

自分の中の「我」と
社会のルールとか地球上の法則とかと
常に戦っている。

自分自身である「我」と
(社会としての)「他」の間に
調和が保たれなくなったときに
「我」と「他」の間の関係が
ガタガタになっていく。

様々な宇宙の法則が働いている。
例えば「引力」。
鳥のように飛行機のように
空を飛べたらいいな
と思って、空中に飛び上がっても
地面に引き寄せられてしまう。
そこには「引力」という法則が働いているから。

その例えと同じように
人間関係にも法則がある

生きていればムカつくことがある。
だからといって
気に食わない人を
殺して回ったらどうなるか?

「腹が立ったんだから
アイツを殴ったり殺したり
したっていいじゃないか
自由じゃないか」

それは許されない。

自分を守るためにウソをつく。
自分が叱られたり、
不利益を被りたくないがために
ウソをつく。

それを繰り返したらどうなるか?

周りの人たちは
そんな人を好いてくれない。

自分を守って、好いてもらいたい
そう思ってウソをついているのに
そのウソがばれたときに
誰からも好いてもらえなくなる。
自分と周りの人たちとの「思い」が
違うから好いてもらえない。

腹立つことは多いし
仲良くやっていきたいけど
言いなりになると
自分ばかりが損をしてしまう

 

でも自分の要求を
押し通そうとすると
反発される

 

バランスを保つのが難しいな~

人間だれしも性欲がある。
だからと言って
手あたり次第、声をかけて、性交して
愛する人から信頼されるでしょうか?

私は「こう思う」といって
自分でアクションを起こしても、
周囲の人からしたら
「そんな奴は信頼できない。」
といって離れてしまう。

「私はこう思う」という私の感情「我」と
他人の感情「他」との間に
隔たりがある、食い違いがある。

私という「我」が大きくなってしまうことによって
(周囲の人)「他」と衝突を起こすパターンがある。

人生の先輩たちが人間関係で
「我」を優先させたゆえに
「他」との関係がガタガタになってしまった。

こういう法則を集めて作られているのが「戒」です。

男と女がいろんなところで接していれば
不倫関係は実際にすごい数があると思われる。
他の人がやっているから
開き直って自分もやってよいというわけではない。

不倫関係もできればしない方がいい
という「戒」ができる。

良くないとわかっていても
自分だけは特別扱いしてしまう人
多いよね~

相談者の問題点

相談者の問題点は
「開き直り」を起こしている

大人の男女が
結婚している男女が不倫をする。
当人同士はいいかもしれない。

しかし、そこに子供が絡んでくる。
子供からしたら
そんな言い訳は通用しない。

相談者は大きく開き直っているけれども
不倫している人にとっては当然(の論理)。

他の人もやってるじゃん
なんで自分だけ

ずるい
不公平

 

こういう理屈は
人を狂わせるな~

最初は妻子ある男性と
付き合ったらいけないと
罪悪感の方が大きかったと思う。

けれども
人間は自分がとっている行動を正当化しようとする。
どこかで自分を正当化しようとしている。

自分に罪悪感を抱えたまま
不倫を続けることは苦しくなってくる。
どこかで自分を正当化しようとする。

逆に言えば
開き直るようになっていかなければ
不倫は続かない。

「何が悪いんだ」と思うようになる。

「関係」を人間は生きている。

相談者の感情、お付き合いしている男性の感情
これを優先していると
男性の家庭が壊れていく。
奥さんや子供たちとの関係も壊していく。

男性がそこらへんのところを
ちゃんと折り合いをつけて
相手の方がケジメをつけて
相談者と一緒になるなら
希望ある未来を持てるかもしれない。

奥さんと離婚を認めてくれないと
言っていますけれども、
じゃあ、子供はどうなるのか?

一番心配しているのは子供たち。

大人同士の恋愛は
勝手にやっていればいい。
自分たちで折り合いをつけて
やっていくしかないと思う。

しかし、家庭をもって子供がいるなら
子供のことは考えてあげるべき。
子供が犠牲者になる。
相談者も加担していることになる。

でも相談者は開き直っている。
開き直っているしかないと思う。

けじめをつけないまま
ズルズルとこの関係を続けていくことは
一緒にいるその瞬間は充足感を
感じたりすることもあるかもしれない。

しかし、どこかで
相談者や男性の身口意(しんくい)が食い違う。
心としゃべっていることと行っていることに
食い違いが出てくる。
このつじつまがどうしても合わなくなっていく。

どちらか、もしくは双方が
口では「愛している」
と言いながらも
心に引っかかりをもち続ける。

近い将来、必ず破綻してく。
良いとか悪いとかではなく
そういう人間関係の法則である。

そこに嫉妬も妬みも絡むし
奥さんの恨みも絡むし
どこかで相談者も男性も罪悪感を絡む。

子供と堂々と会えますか?
子供を目の前にして
「お父さんの新しい恋人だ」
と堂々と言えますか?

別居状態にしても
奥さんやお子さんは
相談者の存在に気付いているかもしれない。
ずっと恨んでいる。

心の引っ掛かりを罣礙(けいげ)と呼んでいる。

心の中に罣礙があると
身口意の三業がバラバラになってくる
できるだけ罣礙を起こさない。
身口意の三業が一致してくる
そのためのルールが「戒」である。

私から質問させてください。
そのことが悪いと思って続けている人と
そのことが悪いと思っていなくて続けている人
どちらが本当に悪い人でしょうか?

深い質問だな~。
そりゃ、悪いとわかっているのに
やる方が悪意が強いでしょう?

実は悪いと知らなくて悪いことしている方が悪い。

なぜか?
悪いって知らないから。

不倫を長く続けていると
最初は悪いと思いながら
この関係はよくないと思いながら
付き合っている状態から

この関係は良くなくない
と思うようになる。

男性と付き合い始めたときは
奥さんや子供がいることは
知らなかったかもしれない。
知ったときは「えっ」って思ったかもしれない
だけど「好き」という感情は抑えられない。
しがみついて離れられないうちに
この関係はよくない、
と思いながら付き合っている状態から
この関係は良くなくない…悪くないじゃないか
と思う。

悪いと知っていて悪いことをやっている状態から
悪いと知らなくてそこにフタをして
知らないことにして付き合っていく
ということになっていく。

悪いと知らなくて悪いことをやってしまったなら
仕方がないと考える人が多い。

これはおバカがおバカを量産しているので
非情によくない。

コロナの感染に例えるなら
自分がコロナに感染しているのも知らずに
マスクを付けずにいろんな人と接触したら
どうですか。

自分が悪いとわかってなくて
自分が病気を持っているとわかってなくて
外に行って撒き散らしていく。

これは悪でしょう!
良くないでしょう。
おバカでしょう。

そりゃ迷惑だわ~

でも自分がコロナウィルスに
感染していると分かっていたら
自分の行動を控えたり、
マスクを付けたりする。
マスクを付けないという
開き直る態度はとれない。

確かに

他人からしたら不倫は関係ない。
不倫をしている当人の関係する家族を
ガタガタにしながら、幸せになろうとする。

心の中に引っ掛かりがあるのならば
それをしっかりと見つめるべきだと思う。
その引っ掛かりは何なんだろう?
相手の家庭を壊している自分にも原因があるんだ
ということかもしれない。
でもそれは正しい罪悪感。

それがなくなったら
倫理観のない女になる。
そういう女性は最終的に捨てられる。

愛する人と子供をもうけて
その人と幸せな家庭を築きたいと
真っ当な人間だったら本心では
そう思うのです。

恋というのは感情の異常事態。
感情が冷静なときには恋愛はできない。
以上に興奮して感覚マヒと起こしている。
お酒を飲んでいる状態と同じ。
その状態で二人が正しい判断はできない。

この関係を続けていくのであれば
幸せな関係に発展していくのであれば
男性はきちんと離婚をしなくてはいけない。
奥さんや子供を説得できなければならない。

別居して不倫している状態を
ズルズルと続けていくと
二人とも
悪いと知っていてその関係を続けている状態から
悪いと知らなくて
いや本当は知っているんだけれども
知らないふりをして関係を続けていく

見て見ぬふりを
するひと
いっぱいいる

必ず心に引っ掛かりを持ちながら
口や体で愛し合っていても
身口意の三業が一致していないので
車で言ったら
4つのタイヤが同じ方向に向いて
走っていない。
一つだけ違う方向に向いている。
それでも走れるけれども
どこかに負担がきて
ひとつタイヤは壊れ
シャーシが壊れ、
事故を起こして言ったり
それ以上走れなくなってしまう。

心と体がゆがんでしまうと
どこかで壊れてしまうのね

相談者への処方箋

自分の中にルールを決めなさい。
「戒」を持ちなさい。

あなたはどんな関係を
人と築いていきたいのか。

感情が暴走している時は
ルールを無視したくなる。

急いでどこかへ行かなければいけないのに
そういう時に限って
赤信号ばかり遭遇する。

誰も見ていないから無視してやろうかなと思う

(気持ちは)

わかるなぁ~

だからと言って
赤信号を無視することは
良いことではない。

発展途上国に行くと
車やバイクが入り乱れて
交通ルールがあってないような世界がある。

あのフリーな世界を
ものすごく自由に感じて
本当に天国だなと思った。
もう誰からも注意されない、ノールール。

けれども交通事故が起きたり
1台の原付バイクに4人も乗っている。

事故があったら全滅する。

だんだんと規則ができて、秩序ができてくる。

無秩序の状態が
とても自由で幸せだと
若いときは思っていた。

ルールでがんじがらめは良くない。
大勢の人が関係を良好に保って生きていこうとするならば
「我」だけ押し通して生きている世界は
混乱するし発展もしない。

だんだん社会が発展するにしたがって
交通ルールが出来上がって、
ルールを守ることで事故を免れる。
「戒」、ルールが窮屈だとわかっていながらも
ルールをできるだけ守っていこうとする。

自由に思える個人や家庭、男女関係にも
まったく同じことがいえる。

「戒」・理性を持っていない人間は
感情というどこまでも膨れ上がっていくわがまま
「我」に
自分の人生がやられていく。

他の人に滅ぼされるのではない。
自分で自分を暴走させて自爆していく

自分の中に「戒」を持ってください。

恋愛関係はシンプルな方がいい
堂々としていられない関係は
嫌じゃないですか。

確かに

どこかで自分はスッキリした関係がいいんだ、
堂々と生きていきたいんだ。
もしそう思うのであれば、
堂々とした関係を大事にしてください。

堂々とした関係しか付き合わないと
「戒」を自分の中に定めていく。

「戒」を破ったときには
気持ち悪い感じがする。

例えば
生き物を殺してしまったら
気持ち悪い感じがする。
ウソをついてしまったら
気持ち悪い感じがする。

気持ち悪い感じがする。
それが自分を救ってくれる。

自らの癌によって
自分の「戒」を破ろうとしている、
捨てようとしている。

これが自爆していく人に共通するパターン

自分の道徳観を蔑ろにして生きていく。
自分の感情を最優先にして生きていく。
そんな人間は人生の後半に大きく、
健康を崩したり、人間の関係を崩したり、
自分の命を崩したりする。

人間関係の法則をたくさん見てきた。

上から目線で、
不倫はいけないと
説教するつもりはない。
お釈迦様もそうおっしゃったわけではない。

心に罣礙を持ちながら
自分に「戒」を持たずに
感情に流されて
その時その時を生きていく。

このような人間は
自分が自分を破滅させていく確率が高いがゆえに
「愚か」なんです。

私に質問をされたということは
相談者は心のどこかで「戒」を捨てずに
ちゃんと持っている。
妻子ある男性と付き合うことが
どこかでよくないと
思っているから
その関係は長く続かない、
幸せなものにはなりえない。

どんだけコソコソしていなきゃいけないか。
どれだけ罪悪感を持っていなきゃいけない。
そんなのは楽しくない。

相手の男性がどうこうではなく、
私はそういう堂々と生きられない関係はイヤだ

私も堂々と生きられない関係はイヤだ~

そのような「戒」を自分の中に取り戻すこと。

完全に捨てきれないから私に相談をしてくれた。

心にもう一度「戒」をきちんと持ちなさい。

まだまだ様々な人間関係が作れる時代。
今はチャンスもいっぱいある。
そういう年齢です。

自分にきちんと「戒」を持っている女性と
その場の感情にズルズル生きていく女性となら
前者を尊敬する。

そんな女性と付き合いたいと思う。

今回の不倫は相談者にとって
異性との付き合いにおいて
大きなレッスンだったと思って
今後は「戒」をきちんと明らかにして
生きていただきたい。

人生は試される機会が多いな~

相手の男性も
自分の家庭を顧みず
子供たちや奥さんに恨まれ、
幸せな死に方はしないでしょう。

どこかでケジメをつける。

この不倫を勉強材料として
お互いが「戒」をきちんと持って生きる
ということを学ぶきっかけになればと願っている。

シンプルで簡単で堂々と生きていける
そんな人間関係を築いていきたい。
そうはいっても簡単ではない。

お釈迦様の教えは真実。
末広がりの幸せを得られる人生。
そんな人生を生きられると思います。

応援しています。

大事なポイントまとめると

  • 先人たちが残した人間関係のルールがある。それが「戒」。
  • 人間は自分の取った行動を正当化しようとする
  • 心の中の引っ掛かりを持つと、
    言動と行動が一致しなくなりつじつまが合わなくなっていく
    自滅していき、周囲の人間関係を破壊する
  • 悪いと知らなくて悪いことをするのは大迷惑
    なぜなら悪いと知らないから
  • 自分の心にルール「戒」を持つ

 

最初は悪いと思っていても
だんだんその感覚がなくなっていくのは
ほんとに怖いです。

 

自分に甘え過ぎないように
気を付けないといけないですね。

 

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

大愚 元勝(大愚和尚)(@Taigu_gensho)さん | Twitter
大愚 元勝(大愚和尚) (@Taigu_gensho)さんの最新ツイート。弟子とこっそりはじめたYouTubeチャンネルですが、多くの方からの反響をいただき、YouTuber和尚と呼ばれる今日この頃です。皆さまが健やかに穏やかな日々を送れますように。合掌
タイトルとURLをコピーしました