【大愚和尚の一問一答】悪口や嫌がらせを受けている方の相談【慈悲の瞑想】

大愚和尚の一問一答

面と向かって
聞こえるように
悪口や嫌がらせを受けているのは
とてもつらいことです。

もし自分自身に本当に非がない
自分は誠心誠意、使命を全うしているのであれば
逃げる必要はありません。

大愚和尚からのメッセージは
「あわれんであげてください」
と「慈悲の瞑想」をもって接することです。

大愚和尚の一問一答について知りたい方はこちらへ

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha
【苦しみを 希望に変える 心の処方箋】 「大愚和尚の一問一答」では、人生経験豊富な大愚和尚が、仏教の視点をもって、国内外の方々から寄せられた相談にお応えします。 相談の内容は「人間関係」「仕事」「恋愛」「健康」など多岐にわたります。 たとえば、 □ 職場の上司とソリが合わない。 □ 学校でのイジメに悩んでいる。 □...

「大愚和尚の一問一答」の記事を書く目的

次の二点です。

  • 必要とされる方への橋渡し
  • 自分自身の心の整理

必要とされる方への橋渡し

YouTubeで過去のあの動画をもう一度見たいと思っても
どの動画だったか分からなくなる時があります。
会話の内容までは検索機能が及ばず
探せないことがあります。

もちろん、再生リストという機能がありますが
事足りているとは個人的に感じてはいない部分があります。

以上の観点から、
整理された状況で目的の動画を探しやすく、
救われる方へ繋がればと願い書いています。

執筆当時は存じ上げなかったのですが
大愚和尚の公式サイト内で
「一問一答アーカイブス」というページがあり、
こちらからも整理された状況で
お探しいただけます。

趣旨は同じですが
橋渡しができるように
引き続き当方も自分の経験を元に
ご紹介していく所存です。

自分自身の心の整理

自分ごとの目的で申し訳ありません。
生きていていろいろと浮いたり沈んだいるすることもあり
過去の自分を大愚和尚の動画で
振り返り、検証をさせていただいていることが多いです。
思考の整理をさせていただくためにまとめています。

多少の主観や感想も語らしていただいております。
私なりに何かの役に立てばと思って記述しております。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容で、もし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方で
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
優しくご連絡いただけると助かります。

スポンサーリンク

嫌いな人々、嫌ってくる人々の幸せを願う

悪口や嫌がらせに対する正しい心構え

悪口や嫌がらせに対する正しい心構え

39歳の女性からいただいたお悩みです。

ご相談内容

  • 40代の女性に嫌がらせを受けている
  • 聞こえるように悪口、冷やかし、悪態が毎日あります
  • 最近はバイキン扱いされた
  • 現場異動をお願いしても相手にされない
  • 他の人たちも40代の女性側について
    私の動きをクスクス笑っています
  • 相手にしないように作業に集中して
    黙々と仕事をしている
  • 母子家庭なので転職か我慢するか迷っている
  • アドバイスをいただけたら嬉しい

この動画のポイント

  • 「心の清らかな人に危害を加えると
    必ず加害者に返っていく」
    という教えがある
  • 相談者の問題は
    自分の中に正しい教えがないために
    ブレていること
  • 処方箋として「慈悲の瞑想」をしてください
  • 嫌いな人々、嫌ってくる人々の幸せを願ってください
  • お釈迦さまは悪口や嫌がらせを我慢しろとは言っていない
  • 誰かの関心を引きたいという欲求は誰にでも強くある
  • それを最も簡単にできるのが悪口や嫌がらせ
  • こういう人には「慈悲の瞑想」で「あわれんで」あげてください
  • 良く知りもしない人に何かを言われても動じない
  • 戦いの土俵には絶対に上がってはいけない

相談者の問題点

ダンマパダにこんなくだりがあります。

汚れのない人、罪のない人
清らかな人を害なえば(そこなえば)
その愚者にこそ悪は戻る
逆風に投げた微塵の如く

心の清らかな人に対して
悪口や意地悪や危害を加えると、
その加害者に悪が戻ってくる

という内容です。

塵を投げると投げた人に必ず帰っていく

相談者の問題は

  • 自分の中で哲学がない
  • 正しい教えを知らないがためにブレている

人として当たり前のことをやっている
仕事に誠心誠意向き合っているという自負があれば
なにも逃げる必要はない

相談者への処方箋

「慈悲の瞑想」を行ってください

私の嫌いな人々、
私を嫌っている人々も、
幸せでありますように

私の嫌いな人々、
私を嫌っている人々の、
悩み苦しみがなくなりますように

私の嫌いな人々、
私を嫌っている人々の、
願いごとが叶えられますように

私の嫌いな人々、
私を嫌っている人々に、
悟りの光が現れますように

私が好きな人々、好いてくれる人々が
幸せになることを願うのは自然にできることです。

しかし、私が嫌いな人々、私のことを嫌いな人々
危害を与えようとする人々は
普通は許せない、という心境になる。

恨みに対して恨みをもって対処するというのは
あなた自身を傷つける

危害を加えてくる人に対して
お釈迦さまは我慢しろと言っているわけではない。

悪口を言っている人はすでに可哀そうな状況にある。

もし相談者自身に問題がなければ
他の人たちも40代の女性の味方をしているのは
間違いではないか。

40代の女性のことを
愚か者、可哀そうな人だと
思っている人は必ずいる。

悪口を言い続けている人には
必ず原因がある。
それが相談者自身の落ち度でないならば
その原因は悪口を言っている人の中にある。

家庭が上手くいっていない
仕事がうまくいっていない
など。

自分が人の注目を集めるために
悪口を言ったり弱いものをいじめたりする
習慣を持っている人は一定数どこの職場にもいる。

人間にとって
誰かから注目されたい認められたい
という欲はものすごく強く根深く
誰にでも横たわっている。

誰かの注目を引こうと、
誰かの関心を引くために
最も簡単に人の関心を引く方法は何か?

それは
物を壊したり
暴力をふるったり
爆音を立てたり
誰かの悪口を言ったり
人の嫌がることをしたり
することが
最も知恵を使わずに
誰かの関心を引くことができる行為である。

自分がターゲットにされたくないから
当たり障りのないようにしておこう
という状態なのではないか。

それに対して
同じようにやり返すほど
愚かなことはない。

相談者は40代の女性に対して
恨み心を持ってはいけない。

「可哀そうだな。
ああやって誰かをおとしめることでしか
関心を引くことが出来ないなんだな」

と憐れんであげる。

戦いの土俵に乗らないこと。

自分の果たすべき使命を精一杯する。

必ず感銘を受ける人、
応援してくれる人が出てくる。

それまでのほほんと構えていてください。

大愚和尚の体験

大愚和尚自身も経験をしています。

この「大愚和尚の一問一答」も
非難のコメントが届いたりする。

中にはお坊さんからも非難される。

でも大愚和尚は一切気にしないとのこと。

お釈迦様の教えを自分の中に
しっかり落とし込んでいなかったら
すごく悲しい思いをしたかもしれない。

「慈悲の瞑想」を何百回も
自分の中に落とし込み
落ち込んだときにお釈迦様の教えを読んで
自分を保っている。

福厳寺の住職になってから
色んな事があった。

「このクソ坊主、くたばれ」

色んな事を面と向かって言われることもある。

そういう人がある一定数いることが分かっているので
お釈迦様の教えに基づいて
気に留めないようにしている。

大愚和尚が唯一、反省することがあるとすれば
それは大愚和尚のことをよく知っていて理解していて、
大愚和尚が気が付かないことをきちんと提言して下さる。

そのような方に悪口やクレームや苦情を言われたら
それはきちんと反省して受けとめて
一晩、二晩落ち込みます。

大愚和尚のことをよく知りもしない人から
何かを言われたところで
動じる必要もないし、動じない。

これを自分の中でちゃんと決めておく。

塵は必ず投げた相手に返っていく

頑張ってください。
応援しています。

スポンサーリンク

大愚和尚の一問一答に戻る

これらの動画はYouTubeチャンネル「大愚和尚の一問一答」でご覧いただけます。

大愚和尚の一問一答 相談内容別リンク集

「怒り」を扱う相談

「悪口」「陰口」に関する相談

恋愛相談

不倫相談

人間関係の相談

友達関係の相談

フリーランス向けの相談

公式ページなど

大愚和尚の一問一答/Osho Taigu’s Heart of Buddha

ニコニコ動画 大愚和尚『大愚道場』

オフィシャルサイト

著書

苦しみの手放し方

人生が確実に変わる大愚和尚の答え

最後にあなたを救う禅語

タイトルとURLをコピーしました