数値化には限界がある【ただの目安にすぎない】

未分類

先日、このようなツイートをしました。

このツイートをさらに深掘りしていきます。

スポンサーリンク

100記事更新の真意とは?

よくブログをやり始めた方に

「100記事書いてみましょう」

ということをおっしゃる
プロのブロガーの方は多いです。

100記事書けば稼げるのか⁉︎

毎日、記事を書けば稼げるの⁉︎

と表面だけで解釈してしまい
それに盲信してしまう方が後を立ちません。

まず

100という数字に
根拠はないです。

何かを習得する上で
「量」をこなす必要があり
それを多くの方々が
「とりあえず100」と
言っているに過ぎません。

毎日更新、100本投稿は
稼ぐためではなく
その前段階の
・自分が発信できる分野
・ニーズがある分野
の交差点を探るため

数をこなしていると
何かしら発見があります。

その発見から何か
「次はこうしたらどうだろう?」
という材料にして
また新しい記事を書く。

こういう記事を書いて
反応を見て、次の記事を考え
また記事を書く。
こうして自分が発信できる分野で
さらにニーズのある分野を
特定していきます。

ちなみに私が100記事書いた時は
こんなことをツイートしていました。

稼げるようになるというよりは
新しい発見や再検証のための
材料として100記事の執筆を
提案されてします。

スポンサーリンク

ブログ以外でもさまざまな数値がある

基準は状況によって違う

例えばYouTubeならまずは100本投稿
ということもよく言われます。

あとは

  • 再生回数
  • 高評価数
  • クリック率

なども重要な数値指標ですが、
どれぐらいの値を
取ればいいのか気になるようで
そのままストレートに質問される方もいます。

しかし、その数値に
基準というものはありません。

発信内容、ジャンル、などで
水準は大きく変わるので
一律に「これ!」とは決まりません。

スポンサーリンク

数値だけで判断することは無理がある

数値化すること、
数値で判断すること、
これには限界があります。

だからこそ
いいね数やフォロワー数に
振り回されないように
注意してください。

あくまでただの目安に過ぎません。
それが絶対的な「価値」を示すことは
不可能なのですから。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ

ウェブ職TV / なかじ

【ブログ初心者向け】100記事書いて稼げない人が次にやるべきこと

ヒトデせいやチャンネル

【悲報】ブログの毎日更新は〇〇を意識しないと「絶対に」稼げません

「毎日更新しましょう」も
100記事更新と同じぐらいよく聞きます。
言いたいことの本質は同じです。

大愚和尚の一問一答

「お金教」に洗脳される人、されない人、何が違うのか?

何でもかんでも値段をつける風潮に
一石を投じています。
値段も数値化の一つです。
でも値段でしか価値を測れないことに
危惧を感じます。

タイトルとURLをコピーしました