【YouTubeチャンネル】ひねるゲームスとは

ゲーム

 

スポンサーリンク

ひねるゲームスとは

■ ひねるゲームスの足跡:
2017/09/27 YouTube登録!
2017/11/25 初投稿!
2018/12/01 本格始動!
2019/04/01 チャンネル登録者300人突破 🎉
2019/06/01 チャンネル登録者500人突破 🎉
2019/07/16 チャンネル登録者800人突破 🎉
2019/07/26 チャンネル登録者1000人突破 🎉
2019/09/13 チャンネル登録者2000人突破 🎉
2019/09/22 チャンネル登録者3000人突破 🎉
2019/10/01 チャンネル登録者4000人突破 🎉
2019/11/01 チャンネル登録者5000人突破 🎉
2020/02/01 チャンネル登録者7000人突破 🎉
2020/02/28 チャンネル登録者10,000人突破 🎉

YouTube「ひねるゲームス」より引用

動画

任天堂の歴史

全ゲーマーの必修科目「任天堂」の歴史 / 花札屋から世界の娯楽メーカーへ
【岩田聡】任天堂元社長・岩田さんに学ぶ、成果を生み出す3つの哲学 #名言

すととととと。すこここここ。という音を奏でるキーボード

全人類にHHKBをおすすめしたい理由 & 購入前に知りたいデメリット / HHKB Professional HYBRID Type-S レビュー

ひねるさんってどんな人?

ひねる:
様々なジャンルのゲームを遊びます。少なくとも年間80タイトル以上は遊んでいるはず。可処分時間の9割をゲームに捧げています。ゲーム大好き。本職はフリーランスのWebエンジニア。

YouTube「ひねるゲームス」より引用

フォローしてるだけで良い感じにゲームの話題をキャッチできるアカウント!
(を、目指してます)

フリーランス(ITエンジニア) ← スタートアップ(CTO) ← 会社員(SE)

Twitterプロフィールより引用

ひねるさんの経歴・半生

Twitterのプロフィールにある通り
SEとしてキャリアをスタートし
現在はIT、Webエンジニアに従事されているようです。

癒される声

声質の綺麗さに驚きます。
過去に演劇の経験でもあるのでしょうか?
素人感がない話ぶりです。

画面を見ずに音声だけを聞いていても欲しくなる

商品の良さを表現するのが
とてもわかりやすく面白い。

SNSアカウントなど

YouTube

Twitter

ネット、SNS、視聴者の反応

感想

4STのシイナさんと並んで

  • 動画のクオリティの高さ
  • ナレーションの質の高さ

が圧倒的に凄い。

紹介される商品が欲しくなってしまう。
ちゃんと視聴者の知りたいことを
しっかり答えてくれる動画を
たくさんあげてくれています。
手間を惜しまないというよりは
苦にならない、もしくは
楽しんでやっているんだろうな
と羨ましく思いながら見ています。

こちらのチャンネルもおすすめ

4ST

Ko Penguin

ひねるゲームス

Nin-Ninのゲーム広場

ヒラ

神ゲー『ピクミン』の続編が面白くない訳がない。【ピクミン2】実況 #1
GCの名作の続編「ピクミン2」の実況動画です。 前作ピクミン1実況→ ルーイから漂うただ者ではない大物感。 【チャンネル登録&高評価お願いします!】

KEI STUDIO

今更FCクソゲー攻略解説

今更FCクソゲー攻略解説 ♯1 たけしの挑戦状
ファミコンのクソゲーを今更ですが攻略解説していきます。 今からクソゲーを始める人への参考になれれば幸いです。 ※当時の記憶とゲームカタログwikiのクソゲー判定を参考にしています。 ひたすらやりこんでから紹介しているので、決して馬鹿にしているわけでは 御座いません。もし紹介したゲームのファンの方が居ましたら申し訳...

Rainのゲームチャンネル

【FF4】カインの物語 ~ オリジナル版、そしてエンディング後から自分を取り戻すまでを振り返る
FF4のカインに焦点をあててストーリーをまとめてみました。 【注意】主にリメイク版「竜騎士の試練」と続編「カイン編」のプレー動画(字幕なし)が中心なのでどちらもよく覚えている方は退屈かもしれません。 <おすすめ動画> 【FF4】ゼロムスと相打ちできるか試してみた→

コメント

  1. […] 【YouTubeチャンネル】ひねるゲームスとは ひねるゲームスとは ■ ひねるゲ… 全ゲーマーの必修科目「任天堂」の歴史 / 花札屋から世界の娯楽メーカーへ […]

  2. […] 【YouTubeチャンネル】ひねるゲームスとは ひねるゲームスとは ■ ひねるゲ… 全ゲーマーの必修科目「任天堂」の歴史 / 花札屋から世界の娯楽メーカーへ […]

タイトルとURLをコピーしました