スポンサーリンク

【驚愕】Photoshopでジブリを再現/クリエイティブYoutuberのパパのおすすめ動画【YouTuber】

Photoshop

おもしろい動画ないかな…

おすすめに出てきた動画をなりげなくクリック

Photoshopってこんなこともできるんか!

という驚愕の動画をたくさん投稿しているYouTubeチャンネルがあります。
それがおとうさんスイッチです。

こちらのチャンネルだけで一日モニタの前で楽しめます。

スポンサーリンク

Photoshopで合成動画

どんな世界観もPhotoshopで表現できてしまいます。

ラピュタの巨神兵やアナと雪の女王のエルサ

どれも驚愕なのですが一つ紹介するとすれば、下記の動画です。

Photoshopped picture of Studio Ghibli【千と千尋の神隠し】描いてみた出来ないから合成で作ってみた【ジブリシリーズ1/3】

お家にあるシャワーホースで竜のカラダを表現できるなんて…
女の子、犬、草などの誰でも手に入る写真素材だけで作っています。
それにしてもYouTubeのコメントにある文字から、ヘアゴムをつくるのは
この動画を見なければ絶対に思いつかない。

Photoshopは使いこなせば、
こんなにも可能性があるものなのですね。

こちらの合成画像の再生リストもあります↓

【空想実写】Photoshopで壺男の実写映画化ポスターを作ってみた【Getting Over It】Photoshopped picture of Getting Over It

Photoshop講座もあります

合成写真を作るためのPhotoshop講座もあります。
再生リストもあります↓

【Photoshop講座】2枚の写真で合成写真を作ろう!【解説】Photoshop tutorial

画像の合成の仕方などを丁寧に教えていただけます。

特に髪の切り抜きはとても難しいので、
こちらの動画は参考になります。

 

マネしてみよっ

 

見終わった後はすぐに実践したくなります。

この講座で合成写真を作る上で
特に重要なのは

  • レイヤー
  • マスク
  • 切り抜き

です。この3つをマスターするのが大事だと説いています。
逆に言えばどんなに複雑な合成写真も、
大半はこの3つを組み合わせて作られています。
ですので、基本操作であるレイヤー、マスク、切り抜きをとにかく
練習していくことが大事なのですね。

運営者であるクリエイティブYoutuberのパパとは何者?

おとうさんスイッチの運営をされているのはパパさんです。

Vtuberの運営もされているのですね。

まとめ 僭越ながら私も作りました

私も合成画像を作ってみました。
数時間かかったと思います。
あの超有名アニメのオープニングシーンの撮影風景です。

猫を立たせる体勢にするのが大変でした。
自然な感じにするまで何度も試行錯誤しました。

みかんのなじませ方がもう少しきれいになったらよかったかな。
特に縁の部分が合成感が出てしまったので、
そこが改善できれば、なおよかったと思います。

練習を重ねれば、レベルアップできそうです。

他の合成写真もポートフォリオのページに公開しています。

タイトルとURLをコピーしました