【小学生でもわかる歴史動画】ぴよぴーよ速報が面白い【哲学】

動画レビュー

難しい本とか苦手だから
簡単に歴史を学べる動画を見たい

そんな方へ小学生でもわかる歴史動画を
投稿しているおすすめのYouTubeチャンネルがあります。

それがぴよぴーよ速報です。

この動画が本当に分かりやすくて、
大人の私も勉強させてもらっています。

こちらでは小学生でもわかる歴史のまとめ動画のほかにも
2chなどの掲示板スレッドのコメント動画などを発信しています。

この記事ではYoutubeチャンネルを紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • 世界史(西洋史、中国史)を学びなおしたい方
  • 歴史を超簡単に勉強したい方
  • ひまつぶし系動画を見たい方
スポンサーリンク

動画の紹介

作品の傾向

コンテンツの小学生でもわかるシリーズと
掲示板実況系に分かれています。

小学生でもわかるシリーズは
主に歴史系の動画が多く

  • 中国史
  • 西洋史
  • 哲学

というコンテンツです。

一見、お堅い感じがしますが
「小学生でもわかる」と名付けているとおり
覚えにくい固有名詞等は使わずに
超シンプルにそぎ落として説明しているのが
特徴です。

また掲示板実況系は

  • 掲示板実況

という内容が主に投稿されています。

小学生でもわかる中国史シリーズ

中国の歴史がわずか1分半で理解できる!

中国2000年の歴史を1分半で説明する

中国の歴史はとても長く、説明するのは簡単ではないですが
なんとこの動画は、わずか1分半で説明しています。

結局はくっついては分裂して、
またくっつくを繰り返しているだけです。
歴史ってそういうものですが。
これほどシンプルに語っている動画もないです。

現在の中華人民共和国の成り立ちから超大国へ

小学生でもわかる中華人民共和国の歴史【中国史第11弾】

混乱が続く中国大陸で中華人民共和国が建国。
想像もつかないほどの混乱を経たのち、
現在の市場経済を取り入れて
劇的な経済成長を遂げました。
そして米国との超大国の覇権争いの時代になります。

現在の中国の流れが簡単に理解できます。

再生リストはこちら

小学生でもわかる項羽と劉邦の戦い(キングダムのあとの時代)【中国史第2弾】

小学生でもわかる西洋史シリーズ

第一次世界大戦

小学生でもわかる第一次世界大戦【西洋史第6弾】

ゴリゴリにやり合っていて時代のヨーロッパで
ついに全土を巻き込んだ戦争が起こってしまう様子を
説明しています。

アメリカ合衆国の領土拡大や
日露戦争などの時代背景を
頭に入れないといけないのですが
流れだけをかなり分かりやすくできます。

ついにサラエボ事件をきっかけに
どことどこが手を組んで、
あっという間に2つのグループに分かれて
第一次世界大戦が始まります。
最後はアメリカの登場で戦争終結。
ドイツがボッコボコにやられてしまいます。

高校の世界史の授業では
膨大な時間を費やすのでしょうが
この動画なら最低限の知識が
11分で学習できます。

再生リストはこちら

小学生でもわかる古代ローマの歴史【西洋史第2弾】

小学生でもわかる哲学の歴史

小学生でもわかる哲学の歴史・前編

哲学という、かなり渋いテーマを
ぴよぴーよ速報のあのテイストで解説しています。
ぴよぴーよ速報を見ていなかったら
哲学の歴史を勉強することはなかったでしょう。

核開発の歴史が小学生にもわかるように説明!

小学生でもわかる核開発の歴史

やべぇ物質の中心部に小さい玉っころをぶるけると
バカデカいエネルギーを得られるところから
核爆弾の開発へとつながった歴史を説明しています。

小学生でもわかるというコンセプトのとおり、
わかりやすく説明してます。
説明はざっくりになってしまいますが、
池上解説よりも分かりやすいともいえます。

概要をつかむにはこの動画が一番いいです。

掲示板実況シリーズ

JSの恋愛事情をずっと見てしまう

”JS”の恋愛掲示板がヤバかった2

テンポの良さと突っ込みの言葉が極上クラスです。
掲示板でここまで面白い仕上がりにできるということがよくわかります。

小学生の掲示板の投稿もこうやって見ると
笑ってしまいます。

ぴよぴーよ速報の運営者が謎

このチャンネルの運営者のセンスやスキルが存分に発揮されています。
また世界史や哲学など硬派な学問に通じている方なのがよくわかります。
しかし、何者なのかはよくわからないです。

Twitter公式アカウント

何者かはよくわからないですがTwitterのアカウントがありました。

積極的に発信されているわけでなないようですので
その正体は謎です。

Youtube公式チャンネル

ネットの反応

感想

世界史に興味を持つきっかけになった

高校では地理を選択していたので
歴史は完全に疎く
池上彰の番組を見るまでは
詳しいことは知らなかったです。
ただ池上解説も西洋史をテレビでやることは少なく
中国やアメリカが中心でした。

自分で勉強しようとしても
無茶苦茶、細かいことまでも説明されていて
池上解説のように初心者でもわかる資料が
見つけられない状況でした。

ですが、ぴよぴーよ速報を
実にわかりやすい。
こんなに単純化してもいいのか
というぐらい簡潔な説明で
固有名詞まで言い換えてしまうという大胆さです。

おかけでだいぶ歴史の知識もたまり
世界情勢や各国と日本のつばぜり合いなど
テレビではわからない状況が理解できるようになってきました。

哲学はこれから面白いかも

日本やアメリカでは自己啓発の本が人気です。
自己啓発を華子の時代にさかのぼったものが哲学と
個人的に解釈しています。

日本は宗教活動が盛んではないためか
どのように生きるか、生きる指針がなく
さまよっている方が多いのではないかと
感じています。
それゆえに自己啓発の本が売れるのではないかと。

そう考えると哲学が
現代の生き方と親和性のある部分が見つかれば
一気に浸透したり、ブームが起きたりするかもしれませんね。

この方もおすすめ

歴史系のYoutubeチャンネルもアツいです。
たくさんの方が発信しています。

非株式会社いつかやる

こちらも歴史系チャンネルです。
コンテンツ量がめちゃくちゃ膨大で
卓越した調査力や雑学にも強いです。
隠れた偉人をたくさん発見できます。

大人の教養TV

歴史背景などを綿密に調べ講義している
歴史系のチャンネルです。

社會部部長

こちらも歴史系ですが地政学系のコンテンツが多いです。
運営母体がどこなのかが謎です。

タイトルとURLをコピーしました