中田敦彦

【中田敦彦のYouTube大学】チャンネル紹介【現代社会・歴史・文学】

中田敦彦

勉強できるYouTubeコンテンツも増えてきました。
これからどんどんと活用されていく時代になっていくでしょう。

そこで、紹介したい、
YouTubeで勉強するならこのチャンネル
というのが

中田敦彦のYouTube大学

です。

このチャンネルで大抵のことは勉強できます。
芸人としての話術を活かして
ニュースやトレンドになっている
知識やジャンルを惜しみなく提供しています。

芸能人との交友関係から
様々な人気チャンネルのYoutuber、芸能人ともコラボしています。

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル

中田敦彦のYouTube大学

中田敦彦が「教育系YouTuber」として、学べる動画を毎週4本更新(水・木・土・日)
もっと学びたい人はウェブコミュニティ「PROGRESS」へ!
入会はコチラ https://www.nakataatsuhiko.com/fanclub-salon

※当チャンネルAmazonアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。

YouTubeチャンネル概要より引用

YouTube大学では
ホワイトボードを使って
プロの芸人のトーク力を生かして
巧みで分かりやすい講義をする
「エクストリーム授業」の動画が大半を占める。

取り上げるジャンルや分野は
恐ろしいほど幅広い。
宗教、テクノロジー、政治、歴史、文学…
全ての事象を取り上げようとしているかと思うくらいに感じる。
そしてどれも再生回数は桁違いに多い。

エクストリーム授業

現代社会

アニメ

コミックス

世界史

日本史

中田敦彦の偉人伝

サイエンス

文学

カードゲームXENO

コラボ動画

テレビで売れっ子の芸人さんなので
交友関係はかなり広く
有名人とのコラボも多数こなしています。

カジサック

宮迫×中田

Daigo

中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS

中田敦彦が本音で語るトーク動画を毎週3本更新(月・水・金)

完全版動画はメンバーシップで公開!

メンバーシップ(Gold Member)の登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC6kSLiIgAcbXNSxf0JHjy5g/join

もっと知りたい・学びたい人はウェブコミュニティ「PROGRESS」へ!
入会はコチラ https://www.nakataatsuhiko.com/fanclub-salon

※当チャンネルAmazonアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。

YouTubeチャンネル概要より引用

コラボ動画

リベラルアーツ大学両学長

あのリベ大両学長とも対談をしている。

ヨビノリたくみさん

スポンサーリンク

中田敦彦氏の経歴

経歴

自己紹介

1日ルーティン

ご家族

奥様 福田萌さん

奥様ご出演の動画です。
中田さんは奥様との間にお二人のお子さんがいます。

SNSアカウント等

Youtubeチャンネル

オンラインサロン

著書

混沌を泳ぐ -PROGRESS STORY-(1)

勉強が死ぬほど面白くなる独学の教科書

 

幸福論 「しくじり」の哲学

 

労働2.0 やりたいことして、食べていく

 

中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41

 

天才の証明

 

僕たちはどう伝えるか (単行本)

 

スポンサーリンク

SNSの反応

 

スポンサーリンク

感想

もともと勉強が得意だったのか
このような教養チャンネルが発信できるのは
他の芸能人YouTuberと一線を画しています。

動画、特にエクストリーム授業を聞いていて
その特徴の一つに

共感、信頼関係を得るバートに8割使っている

という点です。

何らかの主義や主張を紹介するときに
その言いたいことを言うまでに
視聴者がこう思っているであろう状況や
たとえ話にかなりの時間を割いています。

これは視聴者の共感を得る
ということに尽きるのかな、と。

芸人として舞台やテレビに出演して
一番感じ取っているのが
そこの部分かもしれない。

例えば食について
お酒やたばこの有害性をいくらいっても
話しているその人を信頼していなければ

「俺の何を分かっているんだ?」
「あんた何様のつもり?」
「私にはこれこれこういう事情があるの!」

という部分で反発されてしまいます。

「ふむふむ、なるほど」

と受け入れてもらうには
視聴者の「気持ち」をしっかりと理解する。
そのための寸劇に多くの時間を割いていることが分かります。

本の紹介も、
こういうことが書いてあるからおすすめするのではなく
ちゃんと、視聴者側の状況や
そのまますぐに受け入れられない気持ちに理解を示しています。
かなり大げさに、オーバーアクション気味にやっています。
そうしないと伝わらない、
という部分があるんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク
シェアする
ビーバーをフォローする
時給労働でたくましく生きる
タイトルとURLをコピーしました