書評

スポンサーリンク
両学長

【両学長著】お金の大学【5つの力を伸ばして経済的自由を得るマネーリテラシー本】

「働くのはイヤではないけれど、もっと家族の時間を増やしたい」「仕事にやりがいを感じるけれど、もっと金銭的な余裕も欲しい」 高度経済成長期は国やメディアが豊かに生きられるライフプランを提案してくれましたが、これからの時代は自分で何らか...
2022.03.06
書評

【書評】プルーフ・オブ・ヘヴン―脳神経外科医が見た死後の世界【エベン・アレグザンダー著】

たいへん稀有で衝撃的な体験をされた経験が 書かれた本があります。 それが プルーフ・オブ・ヘヴン です。 この本は、現役の脳神経外科医が 難病を患い死後の世界という 非科学的な経験をしました。 医学、科学の最先端にいる医者が 死後...
2022.03.01
加藤諦三

【加藤諦三著】劣等感がなくなる方法【自己蔑視・利己主義】

劣等感の強い人とはどんな人でしょうか? 劣等感が強いとどんな弊害があるのでしょうか? 自分自身が劣等感が強くて悩んでいるという方におすすめしたいのが加藤泰三さんの 劣等感がなくなる方法 という本です。 劣等感...
2022.02.27
スポンサーリンク
書評

リーダーになる人に知っておいて欲しいこと【松下幸之助】

管理職、リーダーにとって 部下やメンバーのマネージメントは 悩みのタネです。 時にはミッションが果たせそうもなかったり 自分のメンタルや私生活にまで 悪影響を及ぼしてしまうこともあります。 パナソニックグループの創業者であり...
2022.01.20
書評

「がん」にならない方法を教えてください!【水上治・大橋弘祐著】

自分がもし「がん」になったら 家族がもし「がん」になったら 想像したくありませんが、 なってから色々慌てたくはないですよね。 また、予防するためにはどうすればいいのか知りたい。 お医者さんや病院に言われるがままにしたけ...
2022.01.18
加藤諦三

【加藤諦三著】なぜこの人は、自分のことしか考えないのか―神経症のことがわかる本

多くの人が自分の悩みに囚われています。 その悩みに囚われているがあまり 他人に目がいかず、 自分のことばかり考えるような 心理状態に陥ります。 このような人に救いとなる本が なぜこの人は、自分のことしか考えないのか―神経...
2022.01.12
英語

英語が話せる方法を教えてください! 【ソレイシィ、大橋弘祐】

英語を話したいのに 英語を勉強しているのに 英語を話せない という日本人は本当に多いです。 どうしてこんなことが起こるのか? それがわかるのが 難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください! ...
2022.01.02
橘玲

【インデックスファンド・投資】臆病者のための株入門【橘玲著】

株式投資を始めようとしている方へ こちらの本は読みましたでしょうか? 橘玲さんの著書 臆病者のための株入門 株を始める前に読んでおいた方がいい本です。 難しいことは書いてありません。 ...
2021.12.23
書評

【書評】漫画バビロン大富豪の教え「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

1926年にアメリカで出版された The Richest Man In Babylon(バビロンいちの大金持ち) という本ですが、 これを日本語に翻訳し、マンガ版にした書籍があります。 それが 漫画 バビロン大富豪の教え...
2021.12.23
書評

【書評】バカな外交論外交の基本「どう考えても当たり前」のこと【高橋洋一著】

外交の本から外交だけでなく 人間関係の基本や 説得力のある思考力も学ぶことができる本があります。 それが バカな外交論 外交の基本 「どう考えても当たり前」のこと という本です。 新聞、テレビではなかなか大っぴ...
2021.12.23
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました