線形代数入門

スポンサーリンク
線形代数

n元1次連立方程式の解き方【基本変形を使った解法】【線形代数学】

線形代数学まとめ。行列と基本変形によって連立方程式を解くことが容易になります。中学数学で教わった加減法はまさに基本変形を使って解を求める方法です。 中学ではxとyの2元1次連立方程式でしたので簡単な手順で解けましたが、これが...
2022.08.05
線形代数

行列の基本変形とrank(階数)【多元連立一次方程式の解】【線形代数学】

線形代数をやる上で、必ずやる作業が基本変形。はじめて行列を定義する利便性が分かる。行列式の値や逆行列を求められ、多次元の連立方程式の解を求めることも機械的な作業で出来る。つまりプログラムで多元連立一次方程式が解けるようになる。そし...
2022.08.11
線形代数

n行m列行列と演算の定義【多次元の世界をイメージする】【線形代数学】

高校数学では2行2列、多くても3行3列の行列までの取り扱いに限定されてきました。しかし、大学では4次元、5次元どころかn次元、n行m列の行列という一般化した次元と取り扱っていきます。 まずは行列とその演算の定義を見ていきまし...
2022.08.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました