スポンサーリンク
書評

【書評】雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんが版)

経済学の本でも、「雇用・利子および貨幣の一般理論」という本が有名ですが、聞いたことがない方もぜひ読んでみましょう。マンガ版がありましたのでこちらで勉強しました。とても分かりやすいです。
2021.05.02
書評

【書評】いますぐ書け、の文章法【堀井憲一郎著】

文章を書くときに手が止まってしまったことはないでしょうか?テクニックも大事です。しかし、状況によって、通ずる部分と、通じない部分があり、それを判断しなくてはなりません。この記事では文章の書き方の心構えを記している「いますぐ書け、の文章法」という本の紹介をいたします。
2021.05.02
書評

【書評】天然 板東英二のゆでたまご伝説

板東英二氏といえば中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手ですが、引退後も第一線で活躍した珍しい方です。2009年に自伝のようなネタ本を出版しています。「天然 板東英二のゆでたまご伝説」この本にはビジネスマンとしてのヒントがいっぱいあります。この記事ではその本の徹底レビューを紹介します。
2021.05.02
スポンサーリンク
書評

【書評】20歳の自分に受けさせたい文章講義【古賀史健】

社会では文章で上司や顧客に伝える必要性に迫られます。しかし、意図を読み取ってはくれず苦労します。今では社会に出る前に文章の書き方を学ぶことが必須です。この記事では「20歳の自分に受けさせたい文章講義」という本を推薦しています。就活前に読んで先取りしておきましょう。
2021.05.02
書評

【書評】不倫【中野信子著】

不倫というテーマほどその人の人間性というか個性、価値観が現れるものはないかと思います。不思議な行動です。この記事では不倫のことを多方面から掘り下げた本を紹介します。タイトルはズバリ「不倫」です。
2021.05.02
書評

【書評】上級国民/下級国民【橘玲】

息苦しい社会、世界の混沌。そんな様子を感じることはないでしょうか?人種や格差に対する不満によって暴動が起こっています。コロナ禍によってさらに人間社会の闇を浮き彫りにしました。まずは人類の闇を深く知っていくことが大切になります。この記事ではその闇の一端が分かる上級国民/下級国民という本を紹介します。
2021.05.02
書評

【書評】ヒトは「いじめ」をやめられない【中野信子】

中間管理職・サブリーダー的な立場、人事部所属の被雇用者、公務員(警察、刑務所職員、役所など)特に学校の教員の方へ→マネジメントの資料として、また被雇用者の問題行動を処理する立場の方は人間がこういう特性を持っていることを知るための資料として良書だと思います。「ヒトは「いじめ」をやめられない」の紹介記事です。
2021.05.02
書評

【書評】続・資本論 (まんがで読破)

私たちは資本主義というゲームの中で生きています。ゲームでプレーをしていくためにはルールを覚えたり、プレーの技術を磨いく必要があります。ルールを解説し、学べる本がいくつかありますが、ここではその中の一冊を紹介します。それが続・資本論 (まんがで読破)です。この記事ではこの本の紹介をします。
2021.05.02
書評

生きる意味は個々に自由に決めていいよね、と感じた本【紀州のドン・ファン】

紀州のドンファンと呼ばれていた野崎幸助氏。彼が死の直後に、連日マスコミをにぎわせていました。それで知った方も多いかと思います。この記事では、彼の自伝本である「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男」という本から学べるところをご紹介いたします。
2021.05.02
書評

【書評】国富論 (まんがで読破)

国富論は近代経済学の父であるアダムスミスの著書です。いちど目を通したいけど…と思っている方へ。こちらはマンガ版ですので数時間で読み終えられます。ビジネスの勉強にどうぞ
2021.05.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました