両学長

【リベラルアーツ大学】両学長から学ぶ「社会保険」【YouTube】

両学長

 

スポンサーリンク

両学長さんがどんな方か知りたい方はこちらへ

  • お金がなかなか貯められない
  • お金の不安から解放されたい
  • 老後の生活が不安でたまらない

このような方におすすめの動画がたくさんそろっています。

自由に生きる人を増やしたい IT経営・投資家(兼リベ大学長)🦁「学校では教えてくれない【充分な経済力・自由な時間・自立した精神】を得るために必要な基礎教養」を配信中!

公式Twitterプロフィールより引用

「両学長@リベラルアーツ大学」関連の記事を書く目的

次の三点です。

  • お金の知識を必要とされる方への橋渡し
  • 両学長が発信されている膨大な情報を見やすく整理
  • 自分自身の体験の検証

お金の知識を必要とされる方への橋渡し

間違ったお金の常識に洗脳されてしまい
困っている方もたくさんいます。
私もその一人です。

無駄な保険に加入してしまったり
十分な知識もなく投資信託を始めてしまったりしました。
大損こそはしませんでしたが
ちゃんとした知識、
例えば保険の勉強や、投資信託の常識を
事前に知っていれば十分に防ぐことが出来ました。

なぜ防げなかったかと言えば
お金に対する無知と
無知から出てくる不安
でした。

はじめて両学長の動画を見たとき
なぜこの知識をあの時勉強しておかなかったのだろうと
後悔しました。

もし両学長の動画の存在が伝えられれば
そして同じ後悔をしてしまうかもしれない方々にとって
大きな意義があるのではないかと思い執筆し始めました。

両学長が発信されている膨大な情報を見やすく整理

両学長のYouTubeチャンネルを見ると
膨大な数の動画を投稿しています。
その中で必要な動画、見たい動画、
過去に見たもう一度見たいあの動画
を探すうえで情報量が多いがゆえに
とても探しにくい状況があります。

また特定のテーマの動画をまとめてみたいときも
再生リストだけでは探しにくいという状況もあり
私自身が両学長の情報を整理したい
というところからこのような記事を書き始めた点にあります。

また、両学長ご自身が執筆された
「本当の自由を手に入れるお金の大学」という本もあります。

そちらは発信者である両学長が
体系的にまとめられているので
かなりわかりやすく作られています。
そちらから情報を探すという方法もあります。

個々の事情に合わせて
やりやすい方法からお選びいただければと存じます。

自分自身の体験の検証

実践をする機会もありますが
もちろんそれぞれの方々で事情は異なります。
実行できる場合もあれば
できない事情もあると思います。

それぞれのご事情でカスタマイズする必要があります。

例えば家賃交渉に関する記事
自分が実際にやった場合と
両学長の事例とでは違いはありましたが
自分の状況を踏まえて
その中で自分が考えられる最善の選択肢を取りました。
それによってもちろん差異は出てきます。

両学長のケースだけでなく、
微力ながら私のケースも紹介することで
読者ご自身の状況判断に役立てられればいいな
という思いで執筆しています。

ご関係者のみなさまへ
表現や内容で、もし気になる点や問題点が
ございましたらお伺いさせていただきます。
お手数でございますが
フォームにてご連絡いただけば幸いです。

読者の方で
もし、どうしても気になることが
ある場合はフォームから
優しくご連絡いただけると助かります。

スポンサーリンク

両学長から学ぶ「社会保険」

社会保険の仕組み

こんな方におすすめ

  • 社会保険のしくみがよくわからない方
  • こういう分野には興味ないのでわかりやすく簡単に知りたい方
  • 事業主と会社員でどう違うのか知りたい方

社会保険には

  • 医療保険
    • 健康保険
    • 国民健康保険
  • 年金保険
    • 国民年金
    • 厚生年金
  • 労働保険
    • 雇用保険(失業保険)
    • 労災保険

がある

どの部分を指して言っているのか
を意識しないと誤解を生みやすい。

二人で会話していても
この枠組みを勘違いしていると
話が噛み合わない

マインドマップで書くだけで
こんなにわかりやすくなるのね

事業主と会社員で
負担額の仕組みが変わってくることもポイントになります。
一番は保険料を決める根拠ですが

事業主 → 課税所得に応じて決まる
会社員 → 4〜6月の給与に応じて決まる

  • 社会保険の扶養 → 年収130万の壁
  • 所得税の扶養 → 年収103万の壁

扶養と一言でいっても
最初はこの違いがわからない

この違いをわからずに
ごっちゃになっていたことがあった

社会保険料だけで事業主と会社員を決めるのは
やめたほうがいい。
自分がどんな人生を歩みたいか
それによって国(保険)のシステムがどうか変わってくるか
どの部分で恩恵を受けて、
その部分で負担を多くするのか
という部分をしっかり認識することが大事かなと思います。

社会保険を安くする方法

仕組みが複雑 → わかりにくくしている?

社会保険料が増えている
年金の受取額は減り続けている

社会保険料こそが手取りが増えない原因

会社が半分負担することで
税金の実感をわかりにくくしている

このことを知っていても
ついつい

「まっ、いっか」

となりがち。(経験談)

  • 会社員は強制加入
  • 会社員は節税ができない

ということであとは「副業」で稼いだ額は
社会保険料に影響を与えないので
会社員と副業(個人事業主)の両方で
稼ぐことを推奨。

副業禁止なんだけど?

 

公務員だからまずいんだけど?

それなら社会保険料を安くすることは
考えないほうがいいかもね

幸せの形は
人の数だけあるわ

事業主以外の方は
社会保険料を安くすることよりも
給料が上げる方法を考えたほうがいいかも。
(接待、ゴルフを身につけないとね)

スポンサーリンク

YouTubeチャンネル「両学長 リベラルアーツ大学」をもっと知りたい

これらの動画はYouTubeチャンネル「両学長 リベラルアーツ大学」でご覧いただけます。

  • お金がなかなか貯められない
  • お金の不安から解放されたい
  • 老後の生活が不安でたまらない

このような方におすすめの動画がたくさんそろっています

著書

本当の自由を手に入れる お金の大学

両学長@リベ大 関連記事

両学長がおすすめする資格「簿記」と「FP」

両学長から学ぶ賃貸物件でぼったくられないための理論武装

【両学長から学ぶ】NISA&つみたてNISA

【両学長から学ぶ】せどりの種類と稼ぐ手順を解説

両学長から教わる「保険」の基礎知識

両学長がおすすめする本

SNSアカウントなど

リベラルアーツ大学

ブログ

公式グッズショップ

YouTube

Twitter

Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

両学長@リベ大(@freelife_blog)がシェアした投稿

スポンサーリンク
シェアする
NBをフォローする
時給労働で穏やかに暮らす
タイトルとURLをコピーしました